ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

「ベストセラー本」が読めない

ベストセラーが読めない人もいる 芸術に触れてみる ベストセラーが読めない人もいる 「ベストセラー」 の本が途中で挫折しちゃうから「読書が苦手」と思ってしまう人はもったいないと思います。 「純文学」だったら、ストーリーは関係なく、単語や漢字の使い…

哲学を実践する方法

哲学で学んだことを基に生きる。 実践だけに集中するのは難しい 哲学で学んだことを基に生きる。 ということです。 しかしそうは言われても、ボワっとしてますよね。 なぜなら実践しないと分からないからですね。 たとえば私はゴルフはやったことないですけ…

台湾と中国の教育の違い(簡体字と繁体字)

使ってる漢字が違う 簡体字「简体字」とは 繁体字「繁體字」とは 使ってる漢字が違う 簡体字は主に中国大陸で正式に使われている文字 繁体字は主に台湾(中華民国)で正式に使われている文字 といった感じですね。 中国の文字「漢字」は様々な変遷を遂げてい…

時間を長くする方法【24時間以上にする】

「決断」を早くすること。 無駄を減らす方法 時間の有効活用方法 「決断」を早くすること。 そうすることで自分が今感じている時間よりも長く感じることが出来ますから、実質24時間よりも長くすることが出来るんです。 人生は決断の連続。 「ご飯何食べよう…

"I love you"が「月がきれいですね」と訳せる理由

日本人の考え方 日本人が作る「場所」 日本人の考え方 夏目漱石が「そう訳せ」といった話は結構有名です。 日本人に心情としては「わかるなぁ」とは思うでしょう。 ではなぜ、そう訳しても「わかる」のか。 それは、 「日本人の考え方が『主客未分』だから」…

まんが版を先に読むのは馬鹿なのか。

本を読まない人ほど、まんが版を馬鹿にします。 その理由は、頭のいい人、能力の高い人は初めから能力が高いと思ってる人だからですね。 でも、例えばイアン・ソープだって鼻に水が入ってむせたことはありますし、格闘家で怪我をしたことが無い人はいないで…

アミノ酸の効果【勉強・運動】

アミノ酸の効果 「パフォーマンス」とは何か アミノ酸の効果 アミノ酸は スポーツ 勉強・読書 の継続に役立ちます。 人間、体力が無くなったら何もしたくなくなります。 やる気がある時無い時があるじゃないですか。 それって要するに体調によるものです。 …

2000字書き続ける方法

考えない。 書く「材料」を大切に 「勢い」が重要 考えない。 私がブログを本格的に始めた2018年の1年間は毎日3000字くらい書いていました。 今になって書かなくなったのは他のことをしているからです。 ですから、この記事の信憑性は担保されると思います。…

原稿用紙5枚書ける方法

引用する 例える メモをする 引用する 言葉は本来、過去の人の言葉です。 引用すると言ったら、そればかりになってオリジナリティが無くなってしまうと思う人がいると思います。 私もそう思ってました。 でもどこを引用するかっていうのは、人によって千差万…

「読書感想文」で他と差をつける1つの方法

「少数派」になること 読み手のことを考える 得意分野の本を探す 2冊以上について書く例 小説以外でもいい 「少数派」になること 文章は、読むのが面倒です。 それは先生も同じ。 だから、他の人が書かないようなパターンを書きましょう。 一番いい方法は2冊…

本を楽しむにはどうすればいいか

具体的な方法 短いものから読む ゴールが見えないのは不安 「面倒」な理由 続けていくと楽しくなる 具体的な方法 方法としては、 あらすじから知ってしまう 映画版・漫画版を先に見る ということがいいでしょう。 「先に知ってしまって楽しめるのか」 と思う…

教師の経験を生かした転職まとめ

教師が転職するにはどうしたらいいか 塾経営がしたい 障がいを持った後のできる仕事 教育とは無関係の仕事がしたい 教師が転職するにはどうしたらいいか 自分には何があっているのか 自分には何がしたいのか 何ができるのか という事を明確に考えて、箇条書…

効率よく1000冊読む方法

効率よく読書する方法 漫画版のいいところ 漫画版を読んでも馬鹿じゃない理由 読むべき漫画版 効率よく読書する方法 1冊1冊を、嫌がらずに読むことです。 読書は前提として面倒なんです。 読書が好きな人でも、「面倒」だと感じるものです。 何でかといえば…

発音・滑舌の克服体験【サ行・タ行・カ行】

練習すれば案外克服できるかも 人から指摘されるのは恥ずかしい 私の体験 どういう所で練習すればいいか おすすめ専門書 練習すれば案外克服できるかも 僕は大学まで「カ・ガ行」が苦手でした。 今でも若干の違和感はありますけど、だいぶ良くなりましたね。…

アトピーの人は筋トレをしないほうが良いのか

したほうが良い 汗をかくメリットとデメリット プロテインの飲み方 夜、痒くなった場合 したほうが良い 結論を言えばしたほうが良いです。 アトピーの人は体育の授業などで集団でみんなと併せて運動しますから、汗かいて痒くなろうが、自分のペースで運動が…

本の内容が頭に入らない理由と【対策】

本が頭の中に入らないのは「普通のこと」 興味が持てない本を読まなくてはいけない場合 「何となく覚えている」本がたくさんあると有利 本が頭の中に入らないのは「普通のこと」 逆に頭の中にずんずん入っていく感覚のものがあります。 それは「既に知ってい…

「読書」の「苦しみ」(メリットとデメリット)

読書は良いことばかりじゃない 「読書」は少数派 読書をすると世界観が変わる 「読書家」同士が話が合わない理由 「個性的」はいいこと?悪いこと? 読書は良いことばかりじゃない 読書の苦しみは「孤独になること」 読書の楽しみは「個性的になること」 読…

ミニ「宗教」がこれから流行る理由

「宗教」を語らない「宗教」が流行る 嘘でも教祖になれる 自分の宗教本を読ませる方法 「宗教」を語らない「宗教」が流行る これからAIが発達して、どんどん人間は働かなくなるでしょう。 そうなると、宗教が流行るのは必然です。 今まで多くの人が働いてい…

ビジネス書・自己啓発本をたくさん読んでも無意味な理由

「読書」にも種類がある 小説の場合 「小説」と「ビジネス書」が全然違う理由 「解釈」は充実感につながる 「読書」にも種類がある 「読書してます」 というと普通は「小説を読んでる」と思われるのが一般的。 しかし今は、 ビジネス書 自己啓発本 を読んで…

動画作成初心者の苦悩

ブログに慣れて1年 「喋るの得意だし」と思ってた ブログだったらうまく行ったのに ブログに慣れて1年 ブログの描き方も分かってきたので、今は動画作成に集中してます。 私はブログを2018年の3月から始めたので、今はもう1年経過しました。 たくさん、集中…

『平成狸合戦ぽんぽこ』はどういう話か【考察】

どこを見るべきか 作品中の曼荼羅の意味は 「衒」とは何か タヌキは高畑自身 どこを見るべきか この上の絵が答えだと思います。 「衒」とは「ひけらし」ということ。 つまり高畑勲自身は、これを自分の知識のひけらかしだと言っているんです。 高畑作品は宮…

新元号『令和』とはどういう意味か

出典は『万葉集』から 元号を変える理由 字の意味 歌のイメージについて 「音」について 出典は『万葉集』から 時に初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。 五・八一五右序文「于時初春令月 気淑風和」 〔儀…

自分の哲学を打ち立てる方法

哲学は勝手に訪れる 初めは資料集めに苦戦する 「哲学科」に入るとどうなるか 「難しい本」は時間がかかるものとして受け入れよう 哲学は勝手に訪れる 自分で哲学を打ち立てるには、たくさん本を読まないといけません。 中高生の頃は何となく、 「世界はこう…

ノーベル文学賞の基準とは

世界的に読まれること 「民族性」は「珍しさ」 優れた作家でも取れないパターン ノーベル賞の基準 世界的に読まれること よく言われていることをまとめます。 世界的な問題であること 時勢に影響する 政治的な問題に影響する 民族的な問題であること ノーベ…

簡単な語彙力のあげ方

具体的な方法 語彙力を上げるのが簡単になった理由 シェイクスピアを簡単に読む 基礎的な受験参考書は役立つ インプットもいいがアウトプットをたくさんしよう! 語彙力が上がるとどうなるか 具体的な方法 本をたくさん読めば語彙力は上がります。 でも、簡…

「夜、眠れない」ときのための思考法

まずは「気にしないこと」 具体的な対策 目をつぶっているだけで7割睡眠状態? まずは「気にしないこと」 眠れないことは誰でもあることです。 で、一番いいことは「気にしない」ということ。 睡眠に限らず、生き物の最大の敵はストレスです。 ですから、「…

読書環境を整える方法【家電篇】

自宅読書はすすめられない 部屋の掃除が大切 空気清浄機・加湿器がいい お掃除ロボット 洗濯乾燥機 自宅読書はすすめられない 読書には、基本的に自宅以外でするのをおススメします。 なぜなら家だと 誘惑がたくさんある。 やるべき家事が見つかってしまう。…

病気・アレルギー持ちの人に向いている仕事

ブログを書こう 長期的に稼ごう そんなネタを書くといいか 病気ネタ、健康ネタはよく読まれます。 ブログを書こう 私自身はアトピーなんですけど、非常にメリットがあります。 楽ですし、継続的に稼ぐことが出来るんですね。 以下に病気・アレルギー持ちの人…

「やる気が出ない」時の読書対策

「やる気がない」のを悩むことは無い 場所を変える 「本」が自分に合っていない 「やる気がない」のを悩むことは無い 読書のやる気が起きないのは普通のことです。 とはいえ、読みたい場合は、とにかく本を開きましょう。 家にいる場合は誘惑がたくさんあり…

大人のための「読書感想文」(レポート)の書き方

選ぶべきジャンル 読むべきでないもの 気を付けるべき言葉 小説を読んだほうが良い理由 選ぶべきジャンル 大人になって読書感想文のレポートを書く場合に気を付けたいポイントをまとめます。 まず「ジャンル」。 これは何を読んでもいいでしょう。 課題図書…

関連コンテンツ スポンサーリンク