ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

2010-01-14から1日間の記事一覧

国語力と映画鑑賞力

『アバター』は家族バラバラの日にちで見に行ったんですが私以外気づかなかったことがあります。 それは棺桶とアバターに入る時の箱の表現の仕方。 小説にしても映画にしてもストーリーとして表現されるものは、そのほとんどが前後関係で違うはずのものが同…

関連コンテンツ スポンサーリンク