ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

2019-08-15から1日間の記事一覧

「純文学が分からない」問題について

中学の頃から僕は「大衆文学」っていうのをあんまり読みたくなくて、読むんなら「純文学」だと思ってました。 とはいえ、開いたは良いものの、何のことやらわかんなかったり、性的な描写は気持ち悪かったりしました。 『限りなく透明に近いブルー』なんか初…

関連コンテンツ スポンサーリンク