アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

仕事

小説が読みづらいのはなぜか

「自己啓発本」は読み易い 文学は比喩を使っている 比喩ってなんだ 「自己啓発本」は読み易い 自己啓発本が流行ってるのは即席で、「人の言葉」で社会に流れる呪文のようなものを排除できるからだと思う。でもそれはその場しのぎにすぎません。「自分の言葉…

個人がプロ野球チームを持つ可能性もあるぞ。

中居君が持つかも? スポーツには「+α」を AI時代の危険性を考える 中居君が持つかも? ホリエモンが勝手にSMAP中居君が野球チームのスポンサーになったらいいっていう話面白いと思った。16リーグ構想もあることだし、絶対にやったほうがいい。本人は「いや…

AIに勝つには

教養の時代 調べ方 最終的には本 教養の時代 資格だの就職率だのの気を取られることがありますけど、これらかは教養だと思いますよ。 昔のように何の役に立つのかわからない研究をしていても、非難されることは少なくなりました。 むしろ推奨すべきでしょう…

格闘技をやるやつは馬鹿なのか

格闘技をしている人は馬鹿にされがちです。 実際そういう所もありますけど、日本の場合「武道」というと途端に尊敬の対象になります。 歴史の重みの関係もあると思いますけど、それだけじゃないんです。 日本以外の国では、例えば中国韓国では肉体労働者、ブ…

読書力の底上げを狙う方法

読書力の基礎とは 「文脈」とは 「察する」とは 読書力の基礎とは 読書の力の基礎は文脈を読む力です。 言葉は文脈によって意味が変わります。 そして小説などのいわゆる文芸になると、時には言葉は象徴(シンボル)として隠れた意味になったりするんですね…

スタートダッシュできる読書一覧

スタートダッシュとは何か 【道具】キンドルの有用性 思考もの 基礎教養 絵が上手い スタートダッシュとは何か 人よりもスタートを早くすることによって自分自身に自信が付きます。 読む「速度」ではなく、一日でも「早く」読むことです。 読み始めて、速度…

自分の気持ちがかけない理由と対策

まずはリラックス 出来事を探る PC、スマホではなく紙にペンで書いてみる まずはリラックス 気持ちを書くには必ずリラックスてないといけません。 文章を書くことは時には裸を見られるよりも恥ずかしい時だってあるでしょう。 しかし、それを見たところで読…

教養のメリット

教養とは何か 自分に自信がつく 善悪の解釈ができる 人の意見に惑わされなくなる 言葉の使い方が上手くなる 人に馬鹿にされなくなる 教養とは何か 大学で教養学という場合、「人文科学」を教養と同義にすることがあります。 では「人文科学」とはなにかとい…

アクセス数が下がった時の対策

落ち着く 「成功は一部の人だけ」という時代は終わった 「自分が理由」と「外側が理由」の二つがある 「自分」が理由の場合 「外側」が理由の場合 紙と文字は脳の拡張機能 落ち着く まずは落ち着きましょう。 ブログのアクセス数とは波が激しいものです。 安…

イケハヤの音感に違和感

ブログは今のところ好調 イケハヤの音感に違和感 ブログは今のところ好調 アマゾンアソシエイトの紹介料が6か月目でやっと5000円突破!銀行振り込みにしてるからこれで支払われるんだろうか。アクセス数は今のところ右肩上がり。 pic.twitter.com/dpwzR6n6V…

「神は細部に宿る」とはどういう意味か

「神は細部に宿る」とは何か 思考と言葉は点と線の関係 例:「母親」の「神」とは何か 「コンテンツ」における「神」 「神」の定義 「神は細部に宿る」とは何か 英文では【God is in the details.】である。 発祥については不明確で、一説にはフランスの作家…

頭は良いのに成績がよくない子の理由

「学校システム」に合うか合わないか 教育だけの話ではない 「学校システム」に合うか合わないか 頭はいいはずなのに勉強をしない、成績が良くないという子はたくさんいます。 そういう子はどうしたらいいかといえば放っておけばいいんです。 逆に成績がいい…

読書をすると収入が上がるのは本当か。

インとアウト 収入が得られるのはなぜか インプットが無ければアウトプットはできません。 簡単なアウトプットツール インとアウト 高所得者は読書量が多いといいますよね。 何となくそんな気はしても、なんでそうなるのかという事を考えてみたいと思います…

読書をすると頭の回転が速くなるのか。

「速い」のではなく「すでに知っている」 読書はあくまで「情報」 ブログの場合 計算の場合 将棋の場合 「速い」のではなく「すでに知っている」 読書してる人って頭がいいイメージがありますよね。 「頭がいい」と似た言葉で「頭の回転が速い」っていう言葉…

大学の時にやっておいた方がいいこと

大学の時って時間あるじゃないですか。 自由な時間が多いぶん、何をしたらいいか分からないと思います。 私自身も1.2年の頃はただただ、バイトをしているだけでした。 バイトもいいですけど、仕事であれば社会に出たらできることですから、お金が特別必要が…

ノーリスクの副業から始めよう

普通の従業員として働いているなら仕事は与えられるものですから自分で動く、どうなるかわからない方向へ突き進むという事はしません。 しかし本来、仕事というのはどうなるか分からないことをするものです。 ですから「行動力」が重要になるんですね。 行動…

意味のない読書

読書にも失敗例はあります。 文章が難しくてやめる 漢字が読めなくてやめる 登場人物が多くてやめる 共感できなくてやめる 大体こんな感じでしょうか。 私もそういう経験があります。 というか読書をしたことがある人なら全員あるでしょう。 「イアン・ソー…

語彙力が無いことによるデメリット

会社に就職すると学校のように成績表がありませんから自分の能力を見せつけることができなくなりますよね。 それは何でかといえば、 語彙力が無いだけで馬鹿扱いされるから。 人間は総合力勝負ですから、それだけで卑下されるのは本来おかしいんです。 数学…

利益につながるブログについて考えてみた。

はじめに 長期的な利益について 需要について アフィリエイトについて はじめに 長々とブログを書いてますけど、アクセス数は気になるものです。 しかしそればかりに気を取られていると文章を書くことが苦痛になりかねません。 色んなブログの方法論を読んで…

最強の格闘技とは・・・・

格闘技の事情 「最強」の哲学とは アンチ格闘技 格闘技の事情 最強の格闘技って気になりますよね。 肉体を酷使する格闘技で強さになる重要な要素ってなんでしょうか。 よくいわれることを纏めてみます。 体の大きさ(体重) パワー 素早さ 対応力 哲学 が大…

文章で「断言」した方がいい理由

ブログで何か主張をするときに「~かもしれない」と弱気に書いちゃうときってありますよね。 私もあるんですけど、文章を書くときは基本的にやめましょう。 意見を弱めるのはそこ突つかれることを避けることなので、ツッコミ所のない文章は文章として意味が…

頭のいい人ほど断言しない理由

頭のいい人は断言しません。 「これは〇〇だ」 という感じで断言してしまうとリスクが生じるからですね。 たくさん知識や経験がある人は物の味方を多面的にとらえることができますから、あらゆる問題を断言することはできないんですね。 色んな本を読んでい…

副業をしなければならない理由

副業の理由 ジャンルは何を書けばいいか まずは副業を始めてみる 副業の理由 プレミアムフライデーに続き、月曜日の午前中も休もうという動きが出てますよね。 なんでそういう動きになるかっていうと簡単なことです。自分で仕事を作っていくことが簡単になり…

副業は当たり前

副業をしよう! 副業の可能性は増えている 一番いい副業は・・・ 副業をしよう! 副業解禁だとか、副業禁止の会社があるっていう風に副業に関する記事をよく目にします。 副業がさも人に許されないと出来ないかのように思わせる感じじゃないですか。でも余計…

大学生は夏休み何をすべきか

はじめに 大学生って暇じゃないですか。 夏休み春休みなんかは大抵2か月くらいありますよね。 高校までは期間が一緒ですから、いきなり休みが多くなって嬉しい半面、何に使えばいいかわからないじゃないですか。 はじめの内はだらだら過ごすでしょうけど、そ…

筋トレ、スポーツマンの水について

筋トレに水分は必須じゃないですか。 汗もかくし疲れるし体の栄養を筋肉に変えるので補助的な栄養素は必須です。 うちには浄水器があるんですけど本当に便利ですよ。 そもそも生きるのにも必須ですけど、筋トレとはとにかく代謝を上げる活動なんです。 です…

気楽なブログの書き方

ブログは遊び 失敗OK 仕事じゃないからいくらでもできる ブログは遊び ブログって収入得られるんですけど、所謂「仕事」って思わないほうがいいですよ。あくまで遊びとして書くんです。 だってこう書かなきゃいけないっていう決まりは無いんです。 積み木遊…

もうすぐ学校制度がなくなる?

もうじき現行の教育制度が瓦解していくでしょう。 教育畑はどんどん変革していきます。 youtu.be堀江さんはそこまで明言してませんけど、要するにサポート校ということですね。 以前かあ堀江さんは今の教育は無駄が多いと言ってましたけど、本当にその通りで…

「やりたくない仕事は禁止」という会社

仕事ってストレスが付きものじゃないですか。どんな仕事だってやりたくないことはある。しかも雇われの身となったら尚更ですよ。 しかしそういう仕事の考え方はこれからドンドン変わっていくでしょう。 「やりたくないことでも進んでやる。これが仕事だ」 と…

高水準の教育はネットにある。

大学入試の問題を文科省が民間に投げましたけど、ここからもどんどん国家の仕事が民営化していくでしょう。そしてどんどん役所は縮小されて税金は掛からなくなる。 YouTubeでも質のいい先生の授業が無料で受けられますよね。 youtu.be youtu.beこのレベルっ…

スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード