アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

哲学

【大学の学問】「文学」と「哲学」って似てる?

大学の学部学科で変わる 両者の違い 「哲学博士」について 大学の学部学科で変わる 大学で文系を選ぶ場合、何を選ぶかって結構重要なんです。 なんせ考え方が結構変わりますからね。 高校までは大体が同じような科目を学ぶわけですけど、大学となると違いま…

週2~3勤務が当たり前になる社会になる

当然そうなる 会社側が許さないのでは? 経営者側はロボットを求めている 自分で考えよう ダブルワークの人も増える 当然そうなる これは確定だと思います。 なぜならそういう働き方をしたい人が増えてるから。 でもすぐは無理でしょう。 恐らく十年後くらい…

「空気を読む」の日本人の性質について考えてみた。

日本語の「空気も読む」って「読む」っていうよりも、「同化する」って感じがします。本当に読むなら、その場で適切な動きが出来るはず。「自分はこの空気をどう思うか」で動きは変わるはず。— KEC@難解読書@ブログ@リライト中心モクモク (@kec_twitt) 20…

語彙力の必要性(語彙力が無いとイライラする?)

語彙力が無いと死ぬ 聖書の話 強制収容所の話 解釈(語彙力)によって人は生きる 言葉ではどうしようもないときもある 語彙力が無いと死ぬ 語彙力が無いとイライラするんです。 今、流行っている「アンガーマネジメント」も、大概は「言葉で論理的に処理をす…

院生出身のためのブログ入門(ブログ歴10年)

ブログと大学院生の相性はいい 書く時間について 書くネタが思い浮かばない 院生以上の学歴の人がブログを書いたほうがいい理由。 院生経験者は希少価値 まずは書こう 気をつけるべきは「書き方」 初めは書き方を気にしなくてもいい 取り敢えず「100記事書け…

アイデアを出し続けるための読書法

アイデアとは 「なんとなく」の読書 答えが一つだったらアイデアは生まれない 実学と虚学 アイデアとは アイデアの語源ってプラトン哲学で有名な「イデア」ですけど、その意味は「理想」「見ること」で、直接意味は通じ合ってはいません。 でも「理想」って…

哲学が難しいのは言葉のせい

哲学って面白いんですけど、言葉が難しくて忌避されがちなんですよね。 哲学自体は人間の欲望そのものだと思うんです。 Twitterとかを見ても、あらゆる方面の哲学的な考察をしている人はたくさんいます。 「哲学」っていうのは、よく「哲学入門」的な本で必…

「幸福度」を上げるには

幼少時に聴いた「ウサギと亀」「アリとキリギリス」の教えがいまだに残ってるんでしょうね。日本人に限らずそういう思想はあります。— KEC@難解読書@ブログ@リライト中心期間 (@kec_twitt) 2018年10月21日 キリスト教も仏教も、救われない人に光を当てる…

個人がプロ野球チームを持つ可能性もあるぞ。

中居君が持つかも? スポーツには「+α」を AI時代の危険性を考える 中居君が持つかも? ホリエモンが勝手にSMAP中居君が野球チームのスポンサーになったらいいっていう話面白いと思った。16リーグ構想もあることだし、絶対にやったほうがいい。本人は「いや…

AIに勝つには

教養の時代 調べ方 最終的には本 教養の時代 資格だの就職率だのの気を取られることがありますけど、これらかは教養だと思いますよ。 昔のように何の役に立つのかわからない研究をしていても、非難されることは少なくなりました。 むしろ推奨すべきでしょう…

動画とブログはどっちが効率がいいのか【情報収集】

まずは結論 それぞれの特徴について 文字情報で得たほうがいい理由 動画で得たほうがいい情報 知的な人になりたい まずは結論 速く得るなら文字情報のブログ。 じっくり浸透させるなら動画。 といった感じでしょうか。 結論から言えばどちらも使えます。 要…

脳死と脳始

「脳死」とは 終わりとは 「脳始」とは 「脳死」とは 「脳死」は「人の死」という定義が日本では決められて久しいですね。 この問題って恐らくずっと終わらないと思うんですよ。 もちろん法律的には「一応の」結論は出ましたし、これからも変化する可能性は…

駅伝のどこが面白いのか調べてみたよ

「駅伝」とは 日本と長距離走 日本はリレー好き 見どころは「山」 歴代の「山の神」 長時間的面白さ 地方選的面白さ 「駅伝」とは 駅伝というのは英語では「road lace」と訳される場合もありますが、この形式は日本でしかないので”Ekiden”と書かれる場合も多…

「神は細部に宿る」とはどういう意味か

「神は細部に宿る」とは何か 思考と言葉は点と線の関係 例:「母親」の「神」とは何か 「コンテンツ」における「神」 「神」の定義 「神は細部に宿る」とは何か 英文では【God is in the details.】である。 発祥については不明確で、一説にはフランスの作家…

読書をすると頭の回転が速くなるのか。

「速い」のではなく「すでに知っている」 読書はあくまで「情報」 ブログの場合 計算の場合 将棋の場合 「速い」のではなく「すでに知っている」 読書してる人って頭がいいイメージがありますよね。 「頭がいい」と似た言葉で「頭の回転が速い」っていう言葉…

「頭がいいだけのやつ」がつまらない理由

「面白い」とは「隙」(スキ)があること 「混沌」は分割できない 「歴史」は絶対的なものではない 「頭のいい人」が考えた世界「共産主義社会」 「理解できない」を受け入れよう 「面白い」とは「隙」(スキ)があること 頭はいいけど面白くないっていう人…

コンテンツを選ぶ力こそ「教養」だ

テレビはつまらないっていうけど、面白いものもある。読書は難しい、つまらないって言うのと同じで、選ぶ力が問題。これからコンテンツは増え続けるから本もテレビもザッピングしまくろう。— KEC@読書@仮想通貨@ブログ (@kec_twitt) 2018年8月30日 「速読…

語彙力が無いことによるデメリット

会社に就職すると学校のように成績表がありませんから自分の能力を見せつけることができなくなりますよね。 それは何でかといえば、 語彙力が無いだけで馬鹿扱いされるから。 人間は総合力勝負ですから、それだけで卑下されるのは本来おかしいんです。 数学…

国語教師にとっての「古典科」

「古典」をどのように考えたらいいかというと、日本語の根本が古典だという事です。 根本は知らなくてもいいことですが知っているほうが人間らしいんですよ。 いわば実際に見せるところではないけど重要な働きをしているバックヤードのようなものです。 「古…

頭のいい人ほど断言しない理由

頭のいい人は断言しません。 「これは〇〇だ」 という感じで断言してしまうとリスクが生じるからですね。 たくさん知識や経験がある人は物の味方を多面的にとらえることができますから、あらゆる問題を断言することはできないんですね。 色んな本を読んでい…

AIに殺される日

はじめに AIとは何か 「善悪」の問題 人間とカオス はじめに AIが人間を滅ぼすっていう話あるじゃないですか。 初めて聞いた時は怖いって思いますけど、よくよく考えてみてください。 あれって違和感ありません? あとは仕事が全部取られるとか。 何で違和感…

外国文学に興味が持てない人のために

外国文学って読めるとカッコいいじゃないですか。 大学生が読むべき本の中に絶対『カラマーゾフの兄弟』が入ってるけど実際読んでいる人は0.1%も居ないと思います。 カラマーゾフの兄弟を読みとおしたい!その方法 - ノーミソ刺激ノート 読んだとしてもすぐ…

大学での哲学の内容

大学での勉強 最終的には論文を書く 大学での勉強 大学で哲学を勉強したいと何となく考えているけど、いったいどういう所だろいう時になるでしょう。 勉強する内容や姿勢は高校までとまるっきり違います。 私は哲学で院まで行きました。 ですから人並み以上…

読書の挫折を防ぐ方法

はじめに 読書が難しくなる理由として挫折するという事がありますね。多少わからないことがあっても少しは我慢できても、それが長く続くときついじゃないですか。 それは誰でも起こることなんですね。 読書の力って案外「しつこさ」だったりする。読書を長続…

宗教団体と頭の良し悪し

子供でも宗教が何となくわかるのはなぜか 知的な仏教本『正法眼蔵』 宗教における知能差 子供でも宗教が何となくわかるのはなぜか 子供心にも何となく宗教性が分かるじゃないですか。素朴な「死んだらどうなるんだろう?」っていうやつです。 私は中学の頃、…

小説は教訓がないと駄目なのか

「教訓」なんかない 小説に答えを求めるのは「おこちゃま」 大人は答えられないとまずい 「教訓」なんかない 学校の授業で小説を薦められるとなんだかそこに読むべき教訓があると思いがちじゃないですか。 しかしそんなことはありません。 学校の授業では問…

進路に迷ったらどうすればいいか

はじめに 副業ブームは「同時併行型」 多数派は「一点集中型」 デカルトとは はじめに 学生時代は自分の得意分野が多岐にわたっていたり、興味あることが多すぎて何に進むべきか悩むことがあるじゃないですか。 あとは特にやりたいことがないとか。これが一…

語彙力が上がると何がいいのか

言葉は他人のもの ことばで「転ぶ」 言葉は認識そのものという考え方 大人になって転んだら大けがする可能性も 言葉は他人のもの 語彙力が増えるということは、人の言葉を受け継ぐことなんですね。 ですから、語彙力が増えると人の言葉がつかえるようになり…

楽して哲学を学ぶ方法

昔は大変だった 簡単な本が増えた 大衆が求めるものが変わったから出版されるものも変わった 漫画版を馬鹿にすべきではない 昔は大変だった 昔の東大出版などの「哲学入門」とかの本であっても「入門」とは名ばかりのかなり敷居の高い門でした。字は小さいし…

気持ちを言語化する方法

はじめに まずはリラックス 基本のまとめ 誰でも初めは人前で話すことは苦手。 正しいことを言おうとしてドモる理由 「おいしかった」だけの感想で駄目な理由 全部を言おうとしない 作業工程を言語化する 全体のまとめ はじめに 言語化以前に気持ちがありま…

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク