ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

哲学

【図解】本を読むデメリット

デメリットは 「解像度」が低いまま 「図解」では語れない 特に哲学は難しい 「語る必要が無い」という人へ デメリットは 「語れない」 ということ。 基本的に図解版を読むことを勧めています。 が、そればかりでは、あれなので、デメリットを紹介します。 T…

防衛大学校は「いじめ大学校」?

防衛大学校で「いじめ」があった 「覇道」と「王道」 私は感情的、非道徳的 防衛大学校で「いじめ」があった NHKのドキュメンタリーで慢性的にいじめがあるということが特集されていました。 テレビでは自衛隊のお陰で震災や災害で助けられた人がたくさんい…

哲学を実践する方法

哲学で学んだことを基に生きる。 実践だけに集中するのは難しい 哲学で学んだことを基に生きる。 ということです。 しかしそうは言われても、ボワっとしてますよね。 なぜなら実践しないと分からないからですね。 たとえば私はゴルフはやったことないですけ…

"I love you"が「月がきれいですね」と訳せる理由

日本人の考え方 日本人が作る「場所」 日本人の考え方 夏目漱石が「そう訳せ」といった話は結構有名です。 日本人に心情としては「わかるなぁ」とは思うでしょう。 ではなぜ、そう訳しても「わかる」のか。 それは、 「日本人の考え方が『主客未分』だから」…

「読書」の「苦しみ」(メリットとデメリット)

読書は良いことばかりじゃない 「読書」は少数派 読書をすると世界観が変わる 「読書家」同士が話が合わない理由 「個性的」はいいこと?悪いこと? 読書は良いことばかりじゃない 読書の苦しみは「孤独になること」 読書の楽しみは「個性的になること」 読…

ミニ「宗教」がこれから流行る理由

「宗教」を語らない「宗教」が流行る 嘘でも教祖になれる 自分の宗教本を読ませる方法 「宗教」を語らない「宗教」が流行る これからAIが発達して、どんどん人間は働かなくなるでしょう。 そうなると、宗教が流行るのは必然です。 今まで多くの人が働いてい…

自分の哲学を打ち立てる方法

哲学は勝手に訪れる 初めは資料集めに苦戦する 「哲学科」に入るとどうなるか 「難しい本」は時間がかかるものとして受け入れよう 哲学は勝手に訪れる 自分で哲学を打ち立てるには、たくさん本を読まないといけません。 中高生の頃は何となく、 「世界はこう…

「中国思想」が分からない人のための読書案内【深く読む】

中国思想が分からない 西洋人の「東洋思想の本」を読む 「思想」は順番に読もう 中国思想が分からない 中国思想が何だかよくわからないという人は多い。 そういう場合は、今の西洋人の解釈を読めばわかるかもしれません。 というのも、日本人が中国人の思想…

「難読本」を読む方法【大人のための読書案内】

「難読書好き」は「読書好き」とは限らない 「マンガ版」 を馬鹿にする人は多い 読書が面倒な理由 「難読書好き」は「読書好き」とは限らない 難しい本を読んでいる人は、子供のころから本を読んでたんだと思ってませんか。 そんなことないんですよ。 なぜな…

【面接】愛読書におススメのジャンルと理由

おススメのジャンル 漫画でもいいのか 純文学の場合 歴史書の場合 哲学書の場合 ビジネス書の場合 おススメのジャンル 「愛読書」が訊かれる場面とは、学校や会社の面接 が多いでしょう。 そういう所で話すべき本のジャンルは、 純文学 歴史 哲学 ビジネス …

「愛読書」の作り方

「愛読書」とは 「愛読書」を作るには 文学の場合 何度読んでも楽しい本を探す 「愛読書」とは これについてはすでに書いた記事があるので、よろしければ参考にしてください。 「愛読書」とは何か - ノーミソ刺激ノート 「愛読書」を作るには 「愛読書は?」…

ビジネス書の正しい読み方

簡単なほうが良い おススメビジネス書 本選びで注意すべきこと ビジネスやるなら教養も 簡単なほうが良い なぜなら行動ありきだからです。 ビジネス書以外の、ただの小説であれば、読むことが目的であり、その世界に浸ることが目的だったりするので、その後…

IQを上げるベストな方法3

生まれつきを気にしない 集中する アレルギーを克服する 生まれつきを気にしない IQって生まれたころから原則変わらないっていうじゃないですか。 でも、そうはいっても変えられないものを今さら悩んでも意味がありません。 今でも上昇するのであればやるべ…

ブログのネタが思い浮かばない時にすべき方法4つ。

過去のネタでもOK 「ブログのネタがない!」 「読書」のデメリット キンドルのすすめ 過去のネタでもOK 「そんなわけないだろ。毎日読んでくれてる人のためにも毎日違ったネタじゃないと!」 と思うサービス精神は誰にだってあります。 でも過去のネタでもい…

読書を一年するとどうなるかレポート

無限の人間性が得られる 読書の種類 注意点(ルール) 言葉を覚える 作文が上手くなる しゃべりが上手くなる 聞き上手になる 無限の人間性が得られる 読書をするといいっていうのは、ほとんどの人が漠然と思ってることですけど、何でいいかっていうとよくわ…

【大学の学問】「文学」と「哲学」って似てる?

大学の学部学科で変わる 両者の違い 「哲学博士」について 大学の学部学科で変わる 大学で文系を選ぶ場合、何を選ぶかって結構重要なんです。 なんせ考え方が結構変わりますからね。 高校までは大体が同じような科目を学ぶわけですけど、大学となると違いま…

週2~3勤務が当たり前になる社会になる

当然そうなる 会社側が許さないのでは? 経営者側はロボットを求めている 自分で考えよう ダブルワークの人も増える 当然そうなる これは確定だと思います。 なぜならそういう働き方をしたい人が増えてるから。 増えていると言っても、まだ多数派ではありま…

「空気を読む」の日本人の性質について考えてみた。

日本語の「空気も読む」って「読む」っていうよりも、「同化する」って感じがします。本当に読むなら、その場で適切な動きが出来るはず。「自分はこの空気をどう思うか」で動きは変わるはず。— KEC@難解読書@ブログ@リライト中心モクモク (@kec_twitt) 20…

語彙力の必要性(語彙力が無いとイライラする?)

語彙力が無いと死ぬ 聖書の話 強制収容所の話 解釈(語彙力)によって人は生きる 言葉ではどうしようもないときもある 語彙力が無いと死ぬ 語彙力が無いとイライラするんです。 今、流行っている「アンガーマネジメント」も、大概は「言葉で論理的に処理をす…

院生出身のためのブログ入門(ブログ歴10年)

ブログと大学院生の相性はいい 注意点 迷うより書いたほうがいい ブログの勉強はしたほうが良い 書く時間について 書くネタが思い浮かばない 院生以上の学歴の人がブログを書いたほうがいい理由。 院生経験者は希少価値 まずは書こう 気をつけるべきは「書き…

アイデアを出し続けるための読書法

一生懸命読まない アイデアとは 「なんとなく」の読書 答えが一つだったらアイデアは生まれない 実学と虚学 一生懸命読まない アイデアのためにたくさん本を読むことは大切です。 でも、それって忘れるじゃないですか。 人は「無くす」「忘れる」ことに敏感…

「哲学」が難しいのは、言葉のせい【面白く読む方法】

哲学とは「欲望」 「哲学」はみんながするもの 本を読む方法 「智を愛する」のが哲学 哲学とは「欲望」 哲学って面白いんですけど、言葉が難しくて挫折してしまうんです。 例えば岩波文庫をいきなり読む人が多いんですけど、いきなり読んでも絶対に「積読」…

「幸福度」を上げるには

「感情」を言語化する 「宗教」の「救済」 自分で考える 「感情」を言語化する 良いことにしても、悪いことにしても、「言葉にする」ことで、客観視できるようになります。 そうすると、 良いこと:思い出せる、他人に伝えられる。 悪いこと:客観視できる、…

個人がプロ野球チームを持つ可能性もあるぞ。

中居君が持つかも? スポーツには「+α」を AI時代の危険性を考える 中居君が持つかも? ホリエモンが勝手にSMAP中居君が野球チームのスポンサーになったらいいっていう話面白いと思った。16リーグ構想もあることだし、絶対にやったほうがいい。本人は「いや…

AIに勝つには

教養の時代 調べ方 最終的には本 教養の時代 資格だの就職率だのの気を取られることがありますけど、これらかは教養だと思いますよ。 昔のように何の役に立つのかわからない研究をしていても、非難されることは少なくなりました。 むしろ推奨すべきでしょう…

動画とブログはどっちが効率がいいのか【情報収集】

結論 それぞれの特徴 文字情報で得たほうがいい理由 動画で得たほうがいい情報 知的な人になりたい 結論 速く得る➔文字情報のブログ じっくり浸透させる➔勝手に流れる動画 といった感じ。 ポイントは、 ブログ:文字情報 動画 :映像・音声情報 っていうこと…

脳死と脳始

「脳死」とは 終わりとは 「脳始」とは 「脳死」とは 「脳死」は「人の死」という定義が日本では決められて久しいですね。 この問題って恐らくずっと終わらないと思うんですよ。 もちろん法律的には「一応の」結論は出ましたし、これからも変化する可能性は…

駅伝のどこが面白いのか調べてみたよ

「駅伝」とは 日本と長距離走 日本はリレー好き 見どころは「山」 歴代の「山の神」 長時間的面白さ 地方選的面白さ 「駅伝」とは 駅伝というのは英語では「road lace」と訳される場合もありますが、この形式は日本でしかないので”Ekiden”と書かれる場合も多…

「神は細部に宿る」とはどういう意味か

「細部」とは「本質」 例:「母親」の「神」とは何か 「コンテンツ」における「神」 「神」の定義 「神は細部に宿る」とは何か 思考と言葉は点と線の関係 「細部」とは「本質」 「大事なものは目には見えない」 っていう『星の王子様』の言葉がありますね。 …

読書をすると頭の回転が速くなるのか。

「速い」のではなく「すでに知っている」 読書はあくまで「情報」 ブログの場合 計算の場合 将棋の場合 「速い」のではなく「すでに知っている」 一般的に「頭の回転が速い」というのは「すぐに答えが出る」ってことですよね。 なぜすぐに出るかといえば、「…

関連コンテンツ スポンサーリンク