アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

宗教

「愛読書」の作り方

「愛読書」とは 「愛読書」を作るには 何度読んでも楽しい本を探す 「愛読書」とは これについてはすでに書いた記事があるので、こちらを参考にしてください。 「愛読書」とは何か - ノーミソ刺激ノート 「愛読書」を作るには 愛読書がない人が大半でしょう…

自分の頭で考える3つの方法

自分の頭で考えるには3つが必要です。 読書をする SNSをする 友達を作る 読書をする 何となく予想のつくことでしょう。 「自分の頭で考える」ようになるには、 「矛盾をかかえる」ことになるんです。 逆に自分で考えない人は、矛盾がなく何でも信じる人。 読…

【大学の学問】「文学」と「哲学」って似てる?

大学の学部学科で変わる 両者の違い 「哲学博士」について 大学の学部学科で変わる 大学で文系を選ぶ場合、何を選ぶかって結構重要なんです。 なんせ考え方が結構変わりますからね。 高校までは大体が同じような科目を学ぶわけですけど、大学となると違いま…

語彙力の必要性(語彙力が無いとイライラする?)

語彙力が無いと死ぬ 聖書の話 強制収容所の話 解釈(語彙力)によって人は生きる 言葉ではどうしようもないときもある 語彙力が無いと死ぬ 語彙力が無いとイライラするんです。 今、流行っている「アンガーマネジメント」も、大概は「言葉で論理的に処理をす…

院生出身のためのブログ入門(ブログ歴10年)

ブログと大学院生の相性はいい 注意点 ブログの勉強はしたほうが良い 書く時間について 書くネタが思い浮かばない 院生以上の学歴の人がブログを書いたほうがいい理由。 院生経験者は希少価値 まずは書こう 気をつけるべきは「書き方」 初めは書き方を気にし…

アイデアを出し続けるための読書法

アイデアとは 「なんとなく」の読書 答えが一つだったらアイデアは生まれない 実学と虚学 アイデアとは アイデアの語源ってプラトン哲学で有名な「イデア」ですけど、その意味は「理想」「見ること」で、直接意味は通じ合ってはいません。 でも「理想」って…

【人生の裏技】他人を支配する方法。「重力」で支配。

支配について 「重力」ってなにか 「情報量」の具体例 宗教的な重力について 政治上の支配 支配について 人を支配するには情報量を多く持つこと。 情報量を持っていると、重力のように、比較的情報を持っていない人は持っている人に引き寄せられちゃうんです…

「想像力」を上げる方法

「想像力」とは 「小説」の役立ち 「想像力」とは 想像力って、イメージする力です。つまり、 何もないものから想像だけで、 何か「像」(かたち)をイメージすること こう言って間違いはないでしょう。 「想像力」を上げるのに一番いいのは「小説を読むこと…

「幸福度」を上げるには

幼少時に聴いた「ウサギと亀」「アリとキリギリス」の教えがいまだに残ってるんでしょうね。日本人に限らずそういう思想はあります。— KEC@難解読書@ブログ@リライト中心期間 (@kec_twitt) 2018年10月21日 キリスト教も仏教も、救われない人に光を当てる…

「子供嫌い」について

「子供嫌い」ってショッキングな言葉ではありますけど、実際にそういう人はいます。 でもそういう人を批判するのは頭が悪いと思います。 仕方が無い事情でそうなった場合がほとんどです。アレルギーのように仕方のないものだと思ってしまったほうが、変に怒…

個人がプロ野球チームを持つ可能性もあるぞ。

中居君が持つかも? スポーツには「+α」を AI時代の危険性を考える 中居君が持つかも? ホリエモンが勝手にSMAP中居君が野球チームのスポンサーになったらいいっていう話面白いと思った。16リーグ構想もあることだし、絶対にやったほうがいい。本人は「いや…

イスラム教は科学的って知ってた?

イスラム教といえば一神教でしょう。 他のユダヤ、キリスト教もそうですが、イスラムは特に徹底されているんです。 それに関しては後で書きたいと思いますが、今回は入口編です。 「アッラー」とは イスラムと建築 「一つ」に集約するという考え方 「アッラ…

脳死と脳始

「脳死」とは 終わりとは 「脳始」とは 「脳死」とは 「脳死」は「人の死」という定義が日本では決められて久しいですね。 この問題って恐らくずっと終わらないと思うんですよ。 もちろん法律的には「一応の」結論は出ましたし、これからも変化する可能性は…

スタートダッシュできる読書一覧

スタートダッシュとは何か 【道具】キンドルの有用性 思考もの 基礎教養 絵が上手い スタートダッシュとは何か 人よりもスタートを早くすることによって自分自身に自信が付きます。 読む「速度」ではなく、一日でも「早く」読むことです。 読み始めて、速度…

「頭がいいだけのやつ」がつまらない理由

「面白い」とは「隙」(スキ)があること 「混沌」は分割できない 「歴史」は絶対的なものではない 「頭のいい人」が考えた世界「共産主義社会」 「理解できない」を受け入れよう 「面白い」とは「隙」(スキ)があること 頭はいいけど面白くないっていう人…

AIに殺される日

はじめに AIとは何か 「善悪」の問題 人間とカオス はじめに AIが人間を滅ぼすっていう話あるじゃないですか。 初めて聞いた時は怖いって思いますけど、よくよく考えてみてください。 あれって違和感ありません? あとは仕事が全部取られるとか。 何で違和感…

継続はモチベーションの問題ではない

「継続は力なり」 どうして我々は続けられないんだろう? 「継続は力なり」 って言いますけど世の中で一番難しいのは続けることだと思います。 なぜかというと時間の流れの中で環境が変わるというのが大きいかもしれません。 が、一番の問題は心の問題だと思…

小説は意味が無い

意味とは 意味のない文学 宗教への拒否反応 意味とは せっかく本を読むんだったら実用書でしょう。 小説なんて嘘を読んだって何の意味もない。 そう思っている人は結構います。 小説を読むことに意味を求める傾向があります。 何をやるにしてもコスパ、効率…

オウムと宗教を嫌う日本人。

オウムの話題が上がってYoutubeでもオウム関連の動画がお薦めとしてあがってくることが多いですね。 これだけのことがあって宗教を嫌うのは仕方のないことです。 が、そこには「宗教って嫌だ」「宗教むり」といったあまりにも幼稚なコメントが目立ち…

読書サポート始めました。

読書サポートのきっかけ サービス内容 読書サポートのきっかけ coconala.com 「ココナラ」というサイトで自分の特技を書品にできるという事で、出品自体は無料ですから手軽に始めてみました。 なぜかというと、ここでブログを書き始めて4か月ほどですけど、…

宗教団体と頭の良し悪し

子供でも宗教が何となくわかるのはなぜか 知的な仏教本『正法眼蔵』 宗教における知能差 子供でも宗教が何となくわかるのはなぜか 子供心にも何となく宗教性が分かるじゃないですか。素朴な「死んだらどうなるんだろう?」っていうやつです。 私は中学の頃、…

読書のカッコよさについて

知性はかっこいい かっこ悪い読書とは 何より大切なのは 読書ってファッションになりますよね。 Twitterを見ていると自分の本棚をきれいにして晒している人が結構います。 主に中高生ですね。 私からしたら 「こんなきれいな状態では読んでないだろ」 って思…

気持ちを言語化する方法

はじめに まずはリラックス 基本のまとめ 誰でも初めは人前で話すことは苦手。 正しいことを言おうとしてドモる理由 「おいしかった」だけの感想で駄目な理由 全部を言おうとしない 作業工程を言語化する 全体のまとめ はじめに 言語化以前に気持ちがありま…

日本語が世界で難しいと言われる理由

// 難しいってなんだ 日本語と似ている言語 日本語(文化)は特殊 言語の経済的価値 難しいってなんだ 一般的に日本語は難しいと言われることが多いです。 日本人がそれを聞くと何となく優越感を覚えますよね。 でもそれはちょっと違うと思うんですよ。 「難…

たくさん本を読むと起こる良いこと

はじめに 言葉が使う人によって異なる理由 言葉は基準である 言葉は変動する 道徳は社会が決定する 絶対的なものは存在しない 陰謀論を信じるのは馬鹿 はじめに 言葉に対して敏感になるんですね。 敏感だからこそ本を読むというのもあるんですが、それがひど…

大学で哲学を勉強するということ

「哲学」は労働ではない 知能労働は院まで行こう 文系の場合 理系の場合 哲学を学ぶとはどういうことか 「哲学」は労働ではない 大学は近頃、職業訓練施設になってるって批判されています。 が、哲学を勉強するってなったら職業訓練とは言われませんよね。 …

仕事ストレスの解消法はいろいろ試そう

ストレスに我慢する時代は30年前に終わってる 余計なことを考えない 哲学などの考え方ではどうしようもない場合もある ストレスに我慢する時代は30年前に終わってる 働き方がどんどん変わってきてますよね。 かつては人口のほとんどが農民だったのが、今では…

サピエンス全史は周辺書籍も面白い。

『サピエンス全史』は世界的ベストセラーですよね。 サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福 作者: ユヴァル・ノア・ハラリ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/09/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (15件) を見る これ分厚…

宗教は怖いって本当?宗教なんかないと思っている人へ。

『サピエンス全史』にも書いてありますが人間が人間たるゆえんは実際にないものをあると信じる心なんです。 サピエンス全史 単行本 (上)(下)セット メディア: セット買い この商品を含むブログを見る まんがでわかる サピエンス全史の読み方 (まんがでわかる…

Religion「宗教」の語源

語源 日本人の宗教観 語源 Religion「宗教」 re-は「再び」。 ligは「縛る」「繋ぐ」。 何を繋ぐのかはそれぞれの想像しだいだと思います。 神と人を再び縛るものだという解説が一般的です。 が、宗教となると「これだ」というものはなくて人それぞれと…

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク