アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

教養

悪口のメリット「呪いについて」

悪口の気持ちよさ 日本語と主語 悪口の気持ちよさ 人の悪口言うと気持ちいいじゃないですか。 それは脳内で快感物質のドーパミンが出るからです。 しかし悪口を言うのはよくないと言いますよね。 それにも理由があって、悪口を言うということは「呪い」と一…

AIに勝つには

教養の時代 調べ方 最終的には本 教養の時代 資格だの就職率だのの気を取られることがありますけど、これらかは教養だと思いますよ。 昔のように何の役に立つのかわからない研究をしていても、非難されることは少なくなりました。 むしろ推奨すべきでしょう…

動画とブログはどっちが効率がいいのか【情報収集】

まずは結論 それぞれの特徴について 文字情報で得たほうがいい理由 動画で得たほうがいい情報 知的な人になりたい まずは結論 速く得るなら文字情報のブログ。 じっくり浸透させるなら動画。 といった感じでしょうか。 結論から言えばどちらも使えます。 要…

「海草」を”seaweed”という理由

民族と食 人間は空腹の期間が長かった 食と好奇心 民族と食 海草のことを英語でseaweedといいます。意味は直訳で海雑草つまり食べられるものではないということ。そうです。主に英語圏の人たちは海草を食べません。 ヨーロッパ系の人たちは黒いものをほとん…

イスラム教は科学的って知ってた?

イスラム教といえば一神教でしょう。 他のユダヤ、キリスト教もそうですが、イスラムは特に徹底されているんです。 それに関しては後で書きたいと思いますが、今回は入口編です。 「アッラー」とは イスラムと建築 「一つ」に集約するという考え方 「アッラ…

脳死と脳始

「脳死」とは 終わりとは 「脳始」とは 「脳死」とは 「脳死」は「人の死」という定義が日本では決められて久しいですね。 この問題って恐らくずっと終わらないと思うんですよ。 もちろん法律的には「一応の」結論は出ましたし、これからも変化する可能性は…

大学で「教育学」を勉強して思ったこと

大学で「教育」を勉強すること 子供の教育について 理想と現実は違う 大学の頃にかいた「教育学」学びたての文章 大学で「教育」を勉強すること 大学では哲学を専攻して大学院まで行ったんですが、教職をとろうと思って、教育学を勉強していました。 個人的…

KECのプロフィール

はじめに 好きな本 東洋哲学 西洋哲学 現代文学 はじめに 元国語教師、日本語学校講師。 大学院まで哲学(中国哲学)をやってました。 読書、教養や、教育、格闘技に関するブログを書いています。 読書は古典、純文学が中心です。 目標は二年以内にブログ収…

スタートダッシュできる読書一覧

スタートダッシュとは何か 【道具】キンドルの有用性 思考もの 基礎教養 絵が上手い スタートダッシュとは何か 人よりもスタートを早くすることによって自分自身に自信が付きます。 読む「速度」ではなく、一日でも「早く」読むことです。 読み始めて、速度…

オシャレじゃない男のためのTシャツ入門

Tシャツはコスパがいい 服装の効果 芸能人の力を借りる スポーツウェアに徹する 動物の力を借りる オタクで振り切る ズボンはどうするか 教養を身につける 筋肉をつける Tシャツはコスパがいい オシャレにはある程度の努力やお金が必要です。 好きな人は常日…

本を1000冊読む方法【具体案】

不可能なことではない 慣れれば難しくない 読書しないと損だと考える 読むことを優先する 読む道具について 冊数を気にしてはいけない 一字一句にこだわらない 人のおすすめではなく自分がピンときた本を読む 不可能なことではない 例えば一年のうちに1000冊…

教養のメリット

教養とは何か 自分に自信がつく 善悪の解釈ができる 人の意見に惑わされなくなる 言葉の使い方が上手くなる 人に馬鹿にされなくなる 教養とは何か 大学で教養学という場合、「人文科学」を教養と同義にすることがあります。 では「人文科学」とはなにかとい…

「神は細部に宿る」とはどういう意味か

「神は細部に宿る」とは何か 思考と言葉は点と線の関係 例:「母親」の「神」とは何か 「コンテンツ」における「神」 「神」の定義 「神は細部に宿る」とは何か 英文では【God is in the details.】である。 発祥については不明確で、一説にはフランスの作家…

1度読んだ本を忘れない方法

人は基本的に忘れない 目的を設定する 目次を見て何が書いているのか想像する 文章を読んで人に教えることを想定する 読んだ後にアウトプットする 人は基本的に忘れない 一回記憶したものは忘れないと考えていいでしょう。 たとえ痴呆になったとしても思い出…

【人生の根本】体力をつける方法

身体を柔らかくする 筋トレをする ストレスを持たない 規則正しく生活する(ちゃんと寝る) 栄養を気を付ける イメージする 身体を柔らかくする 意外かもしれませんが、体が硬いと疲れやすいんです。 なぜかといえば体が自由に動かないだけでストレスです。 …

年間200冊以上読む方法

「読んだ」とは何か 空き時間読む 環境を整える しっかり読まない 同時にたくさん読む ネット上には年間数100冊読んだということを自慢げに書かれている文章があったりしますよね。 それって本当なのかなって思うかもしれませんが、可能なんですよ。 まず「…

二冊同時に読むメリット

読書は二冊同時に読むことをお勧めします。 なぜかといえばその方が楽だからです。 一冊を集中的に読むことは知識や情報をその一冊からしか接種できません。 これって、たくさん読むより楽なようですけど逆に大変なんですよ。 しかし二冊以上同時の複数読み…

大学の時にやっておいた方がいいこと

大学の時って時間あるじゃないですか。 自由な時間が多いぶん、何をしたらいいか分からないと思います。 私自身も1.2年の頃はただただ、バイトをしているだけでした。 バイトもいいですけど、仕事であれば社会に出たらできることですから、お金が特別必要が…

コンテンツを選ぶ力こそ「教養」だ

テレビはつまらないっていうけど、面白いものもある。読書は難しい、つまらないって言うのと同じで、選ぶ力が問題。これからコンテンツは増え続けるから本もテレビもザッピングしまくろう。— KEC@読書@仮想通貨@ブログ (@kec_twitt) 2018年8月30日 「速読…

語彙力が無いことによるデメリット

会社に就職すると学校のように成績表がありませんから自分の能力を見せつけることができなくなりますよね。 それは何でかといえば、 語彙力が無いだけで馬鹿扱いされるから。 人間は総合力勝負ですから、それだけで卑下されるのは本来おかしいんです。 数学…

頭のいい人ほど断言しない理由

頭のいい人は断言しません。 「これは〇〇だ」 という感じで断言してしまうとリスクが生じるからですね。 たくさん知識や経験がある人は物の味方を多面的にとらえることができますから、あらゆる問題を断言することはできないんですね。 色んな本を読んでい…

国語の授業で使えるネタ集

はじめに このブログには国語の先生が授業の導入や余談で使えそうなネタがたくさんあるのでそれを自分でまとめてみました。 私は元々中高の国語と外国人向けの日本語教師でしたから仕事の状況がすごくよくわかります。 学校の先生は多忙なのでこういうことを…

質のいい映画の解説

ラジオやテレビの映画の解説ってわかりにくくないですか。 なんでかというと時間の制限があったり、映画会社からの制限があったりするからだと思うんです。しかもなんか偉そうですし。 そもそも私は映画はほとんど見なくて、もっぱら小説派なんですけど、そ…

AIに殺される日

はじめに AIとは何か 「善悪」の問題 人間とカオス はじめに AIが人間を滅ぼすっていう話あるじゃないですか。 初めて聞いた時は怖いって思いますけど、よくよく考えてみてください。 あれって違和感ありません? あとは仕事が全部取られるとか。 何で違和感…

語彙力を鍛える(奇策)

はじめに 「語彙力」ってここ最近のキーワードですよね。 何でこんなに言われるかってここ最近の皆が語彙力ないことが意識されてるからですよね。 私は三年くらい前に乃木坂46のライブに続けていったことがありますけど、そこでのオタクたちの会話がなんとも…

漫画で教養

漫画は小説や新書などの文字だけの本よりも下に見られがちですよね。しかしまんがは役立ちます。 漫画で得られる教養本と言ったら有名なのは横山光輝の『三国志』でしょう。 漫画の何がいいって、コマの中の絵を見れば一応の情報が凝縮されているので一発で…

純文学の面白さとは。

はじめに ストーリーにない面白さ 純文学の「傾向」 倫理無視の文学もある 話題になるのはなぜ? 純文学には慣れが必要 はじめに 純文学って一般的には人気がないんですよね。 私も中学生のころまではよくわかりませんでした。 一般的には文学が本当に好きな…

書いている手が止まらない方法

考えてはいけない ミスを無視しろ 事前のインプットをしていれば大丈夫 喋りにおいても同じ事 考えてはいけない 喋る時も書く時もそうですけど、考えながら書いてはいけないんです。 なぜかというと言葉には文脈(コンテキスト)があるからです。 コンテキス…

「語彙力」は「単語量」じゃない

「語彙力」は「単語量」の違い 疑うことが人間的 「語彙力」は「単語量」の違い 「語彙力」は楽しんでつけるもので、「単語量」は楽しみとは無関係につけるものだと思います。 語彙力本が流行ってますけど、そのほとんどが難しい単語や用例を並べた受験生が…

宗教団体と頭の良し悪し

子供でも宗教が何となくわかるのはなぜか 知的な仏教本『正法眼蔵』 宗教における知能差 子供でも宗教が何となくわかるのはなぜか 子供心にも何となく宗教性が分かるじゃないですか。素朴な「死んだらどうなるんだろう?」っていうやつです。 私は中学の頃、…

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク