アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

読書

読破するな

「読破」とは 読書の楽しみってなんだ エンタメ小説の「読破」 「読破」とは 読破って全部読むことですけど、それを目的としている人が多いですよね。 それは普通のことですけど、何も全部読まないと意味が無いかと言ったらそんなことないんですよ。 だって…

難しい本を読む意味

【この記事に向かない人】 芸術、純文学などの分かりにくいものが苦手な人 難しい本を読むメリット 読書の目的 そもそも全部理解しようとしない。 「難しい本」は積読になりやすい 難しい本、理解できない本でも読める? 私はエンタメ系の小説はほとんど読ん…

日本語の歴史について

日本人は知っておくべきなのに、「日本語史」って知る機会無いよなぁ。それを知ると外国語との違いも分かって、勉強にも役立つのに。例えば、・日本語には一人称が異常に多い。・平安時代以前まで日本語には「ん」が存在しなかった。この辺のことをまとめて…

難しい本を読むことをエンタメにする【ブログの考え方】

私はこのブログで「読書」、とりわけ純文学や古典、哲学に関して書くことが多いです。 それで8か月くらい経ちましたけど、いろいろ収入を得てます。 物凄く少ないですけどね。 ただ「とにかくお金持ちになりたい!」という気持ちでやっているわけではないの…

哲学が難しいのは言葉のせい

哲学って面白いんですけど、言葉が難しくて忌避されがちなんですよね。 哲学自体は人間の欲望そのものだと思うんです。 Twitterとかを見ても、あらゆる方面の哲学的な考察をしている人はたくさんいます。 「哲学」っていうのは、よく「哲学入門」的な本で必…

仕事の「質」と「量」はどちらが大切か

仕事をしていく上で 「巧遅より拙速」(高品質で遅いよりも拙くても速い仕事のほうが良い) という言葉を掲げている会社は結構あります。 Facebookのマークザッカーバーグの手紙にも "Done is better than perfect" (完璧な製品を作るよりも早く仕上げろ).…

キンドルを5年使ってみて分かった、本当の使い方

使ったから分かったこと 検索ができる 取り出しやすい でも「紙の本」が好き! 使ったから分かったこと 電子本は紙の本と同じように使ってはいけません。 電子書籍のメリットとして、大体の人が思っているのは たくさんの本が一冊分で済む ということでしょ…

人が人を支配するのは「重力」?支配の仕組みを考えた。

支配について 「重力」ってなにか 「情報量」の具体例 宗教的な重力について 政治上の支配 支配について 支配されるのってどうしてなんだろうって思ってたんです。 で、今も所の結論は、持ってる情報量の違いということ。 情報量を持っていると、重力のよう…

積読は「勿体ない」のか

「勿体ない」という気持ち 積読の解消 「勿体ない」という気持ち 積読だけしてもったいないと思う気持ちは分かります。 しかし積読は決して損なことではありません。 なぜならその本を買って部屋に置いておくだけで、そのテーマに関することが、その本以外で…

本はまじめに読んだら損

「真面目」は悪 数をこなせば「真面目」にならない 「真面目」は悪 本は、たくさん読む人ほど真面目に読んでいません。 たくさん本を読むと起こる良いこと - ノーミソ刺激ノート というか真面目に読んでしまってはいけません。 普段読んでいない人は読書自体…

読書のデメリット

デメリット 心を動かすという事 イメージしよう メリットに関してはこちらをどうぞ。 読書のメリット【格段の差】 - ノーミソ刺激ノート 読書をするとI.Qが上がるのか。 - ノーミソ刺激ノート デメリット 読書のメリットばかり書いてきましたけど、デメリッ…

辞書、辞典を読む

辞書を読むメリットは知らない言葉の刺激を受けるということです。 「知らない言葉」というのは「知らない概念」「知らない世界」です。 全く知らないことは、なかなか頭に入りづらいです。 そもそも目に入らない危険性もあります。 知っているということは…

小説は「イメージする力」がつく。

小説って何の役に立ちか分からないですよね。 例えば出世するとか、お金持ちになるとか、そういう問題ではないんです。 Twitterで、妊婦さん、子連れの移動手段が不便なのはどうしたらいいかという話になりました。 政治的な話となれば税金しかありません。…

「幸福度」を上げるには

幼少時に聴いた「ウサギと亀」「アリとキリギリス」の教えがいまだに残ってるんでしょうね。日本人に限らずそういう思想はあります。— KEC@難解読書@ブログ@リライト中心期間 (@kec_twitt) 2018年10月21日 キリスト教も仏教も、救われない人に光を当てる…

「なのです」と「なんです」の使い分け

「の」が「ん」に変化する「撥音便」というやつで、文語が前者、口語が後者という違いはあります。変化の理由は発音しやすいからです。が、フランクな関係性だったり、柔らかな印象を与えたいなら、文章でも「ん」でもいいのが現状です。— KEC@難解読書@ブ…

読書の冊数について

筋トレもそうだけど、3か月までは、周囲は気づかないけど自分にとっては大きな変化が起きていることに気づけます。読書の冊数ばかり気にしている人が圧倒的に多いですけど、大事なのは「心が動いているか、どうか」です。— KEC@読書@仮想通貨@ブログ (@ke…

「死んだら負け」の解釈

彼のお笑いの姿勢は「戦い」ですよね。それに賛同しない、さんまさんや多くの関東の有力芸人勢は賞レース審査員をしない傾向にあります。じゃあそれでいいのかと言うと、賞レースがあるからこそ盛り上がりがあると言うのも事実。人生観は生き方で決定します…

読書の力を確かめる方法

読書力アップは筋トレと違って、目に見えて分かりません。でも、冊数を気にせずに、毎日1,2ページ読んでいる人は必ず蓄積されているものがあります。その違いを「見える化」させるためにブログやツイッターなどで少し長めの100字以上の文を書いてみましょう…

村上春樹が苦手なら漫画を読めばいいじゃない?

以前、村上春樹が苦手だってことは書きましたけど、漫画版があったので読んでみたら面白く読めました。 村上春樹の文章は苦手だけど、彼の作品の漫画版を読んでみたら読めた。『パン屋再襲撃』『かえるくん、東京を救う』フランス人が描いたやつ。ブログにも…

小説が読みづらいのはなぜか

「自己啓発本」は読み易い 文学は比喩を使っている 比喩ってなんだ 「自己啓発本」は読み易い 自己啓発本が流行ってるのは即席で、「人の言葉」で社会に流れる呪文のようなものを排除できるからだと思う。でもそれはその場しのぎにすぎません。「自分の言葉…

動画とブログはどっちが効率がいいのか【情報収集】

まずは結論 それぞれの特徴について 文字情報で得たほうがいい理由 動画で得たほうがいい情報 知的な人になりたい まずは結論 速く得るなら文字情報のブログ。 じっくり浸透させるなら動画。 といった感じでしょうか。 結論から言えばどちらも使えます。 要…

辞書の丸暗記は意味があるか

目的次第 辞書を読むのは宇宙に行くのと一緒 言葉の実践には・・・ 目的次第 これは目的にもよるんです。 受験勉強のため 雑談力向上のため という目的では効率は悪いでしょう。 ただ単純に読みたいんなら、読めばいいと思います。 しかし辞書の丸暗記を試み…

読書力の底上げを狙う方法

読書力の基礎とは 「文脈」とは 「察する」とは 読書力の基礎とは 読書の力の基礎は文脈を読む力です。 言葉は文脈によって意味が変わります。 そして小説などのいわゆる文芸になると、時には言葉は象徴(シンボル)として隠れた意味になったりするんですね…

読書がストレス解消になる理由

はじめに 考え方が整理される 気持ちが言語化される喜び はじめに 読書はストレス解消になるんですね。 読書嫌いな人からしてみたら、かえってストレスがたまると思うでしょう。 しかしそれは自分に合っていない読書をしているからです。 科学的には ↓ネット…

スタートダッシュできる読書一覧

スタートダッシュとは何か 【道具】キンドルの有用性 思考もの 基礎教養 絵が上手い スタートダッシュとは何か 人よりもスタートを早くすることによって自分自身に自信が付きます。 読む「速度」ではなく、一日でも「早く」読むことです。 読み始めて、速度…

本を1000冊読む方法【具体案】

不可能なことではない 慣れれば難しくない 読書しないと損だと考える 読むことを優先する 読む道具について 冊数を気にしてはいけない 一字一句にこだわらない 人のおすすめではなく自分がピンときた本を読む 不可能なことではない 例えば一年のうちに1000冊…

「神は細部に宿る」とはどういう意味か

「神は細部に宿る」とは何か 思考と言葉は点と線の関係 例:「母親」の「神」とは何か 「コンテンツ」における「神」 「神」の定義 「神は細部に宿る」とは何か 英文では【God is in the details.】である。 発祥については不明確で、一説にはフランスの作家…

1度読んだ本を忘れない方法

人は基本的に忘れない 目的を設定する 目次を見て何が書いているのか想像する 文章を読んで人に教えることを想定する 読んだ後にアウトプットする 人は基本的に忘れない 一回記憶したものは忘れないと考えていいでしょう。 たとえ痴呆になったとしても思い出…

読書をすると収入が上がるのは本当か。

インとアウト アウトプットは「考えないこと」 収入が得られるのはなぜか インプットが無ければアウトプットはできません。 簡単なアウトプットツール インとアウト 高所得者は読書量が多いといいますよね。 何となくそんな気はしても、なんでそうなるのかと…

本の読み方のコツ

学校で習った通りにならない 1000冊読もう いきなり難しいものはケガをする 学校で習った通りにならない 学校で教わる読書は大概が音読で、一字一句をしっかり読むというものですよね。 確かにはじめの内、つまり、言葉や文字がおぼつかない場合はそれでいい…

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク