ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

読書

自分の哲学を打ち立てる方法

別れは勝手に訪れる 初めは資料集めに苦戦する 「哲学科」に入るとどうなるか 「難しい本」は時間がかかるものとして受け入れよう 別れは勝手に訪れる 自分で哲学を打ち立てるには、たくさん本を読まないといけません。 中高生の頃は何となく、 「世界はこう…

ノーベル文学賞の基準とは

世界的に読まれること 「民族性」は「珍しさ」 優れた作家でも取れないパターン ノーベル賞の基準 世界的に読まれること よく言われていることをまとめます。 世界的な問題であること 時勢に影響する 政治的な問題に影響する 民族的な問題であること ノーベ…

簡単な語彙力のあげ方

具体的な方法 語彙力を上げるのが簡単になった理由 シェイクスピアを簡単に読む 基礎的な受験参考書は役立つ インプットもいいがアウトプットをたくさんしよう! 語彙力が上がるとどうなるか 具体的な方法 本をたくさん読めば語彙力は上がります。 今は、漫…

読書環境を整える方法【家電篇】

自宅読書はすすめられない 部屋の掃除が大切 空気清浄機・加湿器がいい お掃除ロボット 洗濯乾燥機 自宅読書はすすめられない 読書には、基本的に自宅以外でするのをおススメします。 なぜなら家だと 誘惑がたくさんある。 やるべき家事が見つかってしまう。…

「やる気が出ない」時の読書・勉強対策

「やる気がない」のを悩むことは無い 場所を変える 「本」が自分に合っていない 「やる気がない」のを悩むことは無い 読書のやる気が起きないのは普通のことです。 とはいえ、読みたい場合は、とにかく本を開きましょう。 家にいる場合は誘惑がたくさんあり…

大人のための「読書感想文」(レポート)の書き方

選ぶべきジャンル 読むべきでないもの 気を付けるべき言葉 小説を読んだほうが良い理由 選ぶべきジャンル 大人になって読書感想文のレポートを書く場合に気を付けたいポイントをまとめます。 まず「ジャンル」ですが、何を読んでもいいでしょう。 課題図書が…

【多読・速読】大量の本を読む技術

具体的な「方法」 本を撰ぶこととができる 「岩波文庫」は難しい 具体的な「方法」 本をたくさん読むには、 「古典・名作」 を先に読んだほうが効率がいいです。 とはいえ、いきなりは読めませんから、 「まんが版」「図解版」 を読みましょう。 ドン・キホ…

「読書」ばかりする子供に「不安」な親

「読書」が楽しい理由 「似ている」から安心する 情報化して行く人間 「情報化」が仕事になる 「読書」が楽しい理由 「読書はいいことだ」 とよく言いますが、世間では、読書ばかりしている子供が以上じゃないかと思う親もいます。 結構いるんですね。 じゃ…

「中国思想」が分からない人のための読書案内【深く読む】

中国思想が分からない 西洋人の「東洋思想の本」を読む 「思想」は順番に読もう 中国思想が分からない 中国思想が何だかよくわからないという人は多い。 そういう場合は、今の西洋人の解釈を読めばわかるかもしれません。 というのも、日本人が中国人の思想…

「難読本」を読む方法【大人のための読書案内】

「難読書好き」は「読書好き」とは限らない 「マンガ版」 を馬鹿にする人は多い 読書が面倒な理由 「難読書好き」は「読書好き」とは限らない 難しい本を読んでいる人は、子供のころから本を読んでたんだと思ってませんか。 そんなことないんですよ。 なぜな…

【面接】愛読書におススメのジャンルと理由

おススメのジャンル 漫画でもいいのか 純文学の場合 歴史書の場合 哲学書の場合 ビジネス書の場合 おススメのジャンル 「愛読書」が訊かれる場面とは、学校や会社の面接 が多いでしょう。 そういう所で話すべき本のジャンルは、 純文学 歴史 哲学 ビジネス …

【失敗しない】大学生になったらやるべきこと

本を読む ビジネス書・自己啓発本が読みやすい理由 「量をやる」には 仕事を始めてみる 本を読む これは嫌いな人もいるでしょう。 でも受験勉強と違って、興味のある本ですから簡単に読み進めることが出来ます。 よくあるのが 自己啓発本 ビジネス書 これに…

「愛読書」の作り方

「愛読書」とは 「愛読書」を作るには 文学の場合 何度読んでも楽しい本を探す 「愛読書」とは これについてはすでに書いた記事があるので、よろしければ参考にしてください。 「愛読書」とは何か - ノーミソ刺激ノート 「愛読書」を作るには 「愛読書は?」…

【読書法】多読するとIQが上がる

大量の知識の習得 読む本はランダム 同じ分野の本は数冊同時に読む 著者になったつもりで読む 大量の知識の習得 IQは、読書でどうにかなります。 たくさん読むことを心がけましょう。 なぜなら、たくさんの情報を得ると「抽象的な思考」が出来るようになるか…

ビジネス書の正しい読み方

簡単なほうが良い おススメビジネス書 本選びで注意すべきこと ビジネスやるなら教養も 簡単なほうが良い なぜなら行動ありきだからです。 ビジネス書以外の、ただの小説であれば、読むことが目的であり、その世界に浸ることが目的だったりするので、その後…

IQを上げるベストな方法3

生まれつきを気にしない 集中する アレルギーを克服する 生まれつきを気にしない IQって生まれたころから原則変わらないっていうじゃないですか。 でも、そうはいっても変えられないものを今さら悩んでも意味がありません。 今でも上昇するのであればやるべ…

アマゾンのオーディブル(音声本)のメリット・デメリット

オーディオ版ってなんだかなぁ。 メリット デメリット オーディオ版ってなんだかなぁ。 私はですねぇ、完全にナメてたんですよ。 オーディオ版ってやつを。 だってほら、普通は文字で読んだ方が速いんですよ。情報ってのは。 普段文字を読むことに「喜び」を…

ブログのネタが思い浮かばない時にすべき方法4つ。

「ブログのネタがない!」 「読書」のデメリット キンドルのすすめ 「ブログのネタがない!」 っていう人いますけど、それって今まで経験したことの答え、結論を一つにまとめてるからだと思います。 「これはこうだ」 っていう考えじゃなくて、違う視点、違…

【おススメ外国語】日本人は外国語が苦手じゃない!

↑この本みたいに複合的に言語を習得したほうが良いんです。結論から言えばですね。 理由 日本語に似た外国語じゃないから 言語にはいろんなものがあるという感覚がないから 複数をペラペラにならなくても「外国語」の感覚は掴みやすくなるから 外国語を自習…

【中華思想】中国が日本をナメる本当の理由

中華思想 文明的な中国、野蛮な日本という感覚 中華思想 中国は基本的に中国以外の外国を馬鹿にしています。 そういうとショッキングな言いかたですけど、そもそも「中国」というのは「世界の中心の国」という意味です。 「中華」というのは中心の華やかな場…

自分の頭で考える3つの方法

自分の頭で考えるには3つが必要です。 読書をする SNSをする 友達を作る 読書をする 何となく予想のつくことでしょう。 「自分の頭で考える」ようになるには、 「矛盾をかかえる」ことになるんです。 逆に自分で考えない人は、矛盾がなく何でも信じる人。 読…

ネットでだまされない3つの方法

騙されないようにするには 自分で考える方法 最近の詐欺の例 コンテンツを見極める力を得るには 騙されないようにするには 相手の立場になって考える 相手の利益を考える 自分の損害を考える ってことなんですけど、人はそこまでよく分からないんです。 なぜ…

読書を一年するとどうなるかレポート

無限の人間性が得られる 読書の種類 注意点(ルール) 言葉を覚える 作文が上手くなる しゃべりが上手くなる 聞き上手になる 無限の人間性が得られる 読書をするといいっていうのは、ほとんどの人が漠然と思ってることですけど、何でいいかっていうとよくわ…

【アトピー・アレルギー対策】ストレスから逃げるには

ストレスが一番まずい 「見た目」の解消手段 「読書」による解消 仕事・学校でのストレス 経済的ストレス対策 ストレスが一番まずい ストレスを強く感じると腸内の悪玉菌が増え、善玉菌が減ってしまいます。ストレスを感じると便秘がちになったり下痢気味に…

kindleのメリット。5年使ったレポート

時間の節約になる たくさんの本をを持ち運べる 「文字の大きさ」が変えられる 紙の本よりKindle版の方が安い 無料サンプルが読める Kindle Unlimitedが利用できる 時間の節約になる これは意外に思うかもしれません。 読書好きの人は外出をするときに大概は…

週2~3勤務が当たり前になる社会になる

当然そうなる 会社側が許さないのでは? 経営者側はロボットを求めている 自分で考えよう ダブルワークの人も増える 当然そうなる これは確定だと思います。 なぜならそういう働き方をしたい人が増えてるから。 でもすぐは無理でしょう。 恐らく十年後くらい…

「空気を読む」の日本人の性質について考えてみた。

日本語の「空気も読む」って「読む」っていうよりも、「同化する」って感じがします。本当に読むなら、その場で適切な動きが出来るはず。「自分はこの空気をどう思うか」で動きは変わるはず。— KEC@難解読書@ブログ@リライト中心モクモク (@kec_twitt) 20…

語彙力の必要性(語彙力が無いとイライラする?)

語彙力が無いと死ぬ 聖書の話 強制収容所の話 解釈(語彙力)によって人は生きる 言葉ではどうしようもないときもある 語彙力が無いと死ぬ 語彙力が無いとイライラするんです。 今、流行っている「アンガーマネジメント」も、大概は「言葉で論理的に処理をす…

アイデアを出し続けるための読書法

一生懸命読まない アイデアとは 「なんとなく」の読書 答えが一つだったらアイデアは生まれない 実学と虚学 一生懸命読まない アイデアのためにたくさん本を読むことは大切です。 でも、それって忘れるじゃないですか。 人は「無くす」「忘れる」ことに敏感…

本は読破するものじゃない!本への愛。

「読破」とは 読書の楽しみってなんだ エンタメ小説の「読破」 「読破」とは 読破って全部読むことですけど、それを目的としている人が多いですよね。 それは普通のことですけど、何も全部読まないと意味が無いかと言ったらそんなことないんですよ。 だって…

関連コンテンツ スポンサーリンク