ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

語族Family of languagesについて

ヨーロッパの言語は簡単に言ってしまえば親戚同士のようなもので共通点が多いんです。
The language of Europe has much in common in the one like the relative if it says easily.





私はヨーロッパ語二語(英・仏)とアジア語二語(日・中)を勉強しましたが(日本語は母国語)
Though I studied two European language (English and Franch) and two Asian language (Japanese and chinese)(Japanese is a mother tongue)






今回はヨーロッパ語についてです。
About a European language this time.






私はフランス語を勉強する前に英語を勉強したのですが、
I studied English before studying French,






フランス語を勉強する際には、英語の知識が非常に役に立っています。
When French is studied, English knowledge is very useful.





その理由として挙げられるのが英語もフランス語も「インド・ヨーロッパ語族」(印欧語族)と呼ばれる語族に属していることです。
It belongs to the family of languages where it is called, "India European family of languages" English and French to be enumerated as the reason.

*enumerated 挙げられる





フランス語を勉強するときと、初めて英語を勉強しているときとは労力が三分の一にも満たないのではないのでしょうか。(勿論その当時の語学に限らない学習経験自体の差もありますが)
I do not think that the labor comes up to 1/3 at time when English is studied for the first time at time when French is studied. (There is a difference of the study experience not limiting it to a language study of course at that time, too. )





実際フランス語のテキストや辞書にも être(英be) avoir(英have) のように読者に英語の知識があることを前提にして書かれているものがほとんどです。
The one written on the assumption that the reader has English knowledge like être (Britain have) and avoir (Britain have) also as for a French text and the dictionary is most actually.

こんな感じ。わかるかな?

kecの語学道(仮)

スポンサードリンク