アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

Time waits for no one

広告

Time  時は

waits 待つ 

for   ~のために

no    否定

one   人



「時は誰も待たない」という意味です。



"Time and tide wait for no one."

  「時と潮は誰も待たない」



という英語のことわざがありますがそれをアレンジしたものでしょう。





映画の中に「潮」は関係なく、「時」という言葉自体がキーワードなのであえて




tide「潮」は省いたように思えます。






その映画がこれ

時をかける少女 通常版 [DVD]
¥3,909
Amazon.co.jp
さっきテレビでやってました。

サマーウォーズ (角川文庫)/岩井 恭平
¥580
Amazon.co.jp

今映画館でやっている『サマーウォーズ』。




昨日サマーウォーズをお勧めしたのであえてあまり書きませんが、




時をかける少女』と同様、というかそれ以上にお勧めします。


英語

"Time waits for no one"

↓がフランス語

"Le temps attend personne"

personne(ペルソヌ)には英語の「誰も」"nobody" "no one"の意味がありますが、






もうひとつの意味として皆さんの予想通り「人」"person"の意味もあります。






"nobody" "no one"の方のpersonneは不定代名詞。


"person"の方のpersonneは名詞で、まったく別の単語なんです。




え?じゃあ「時間は人を待つ」っていう意味にするにはどうすんの?



























なんだとおもいます?



























"Le temps attend la personne"
    「時間は人を待つ」




この場合、名詞と不定代名詞の違いは定冠詞(ここでは女性単数"la")で決まります。






英語の"The"に相当します。





この辺は混乱しやすいのでテキストを読むなり、外国語学習自体の慣れが必要です。

ケータイ「万能」フランス語文法/久松 健一
¥1,680
Amazon.co.jp
非常におすすめです。amazonの評価もとてもいいです。(ブログ書き込み時点☆四つ半)







スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード