ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

おくりびと Departures #2

良い映画でしたね。
わかりやすく、
文化的で、
情緒があって、
俳優もすばらしかったと思います。
劇中の「NKエージェント」って
「NouKan」(納棺)の事だったんですね。


It was a good movie.
I think that there is plainly,
and culturally
an emotion,
and the actor was also wonderful.
"NK agent" in the play was a meaning of
"NouKan" (put in a coffin).

おくりびと [DVD]

スポンサードリンク