アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

じゃあ「マリオカート」の「レインボーロード」は 「スターボーロード」が正しいのでは?

広告

雨降ってますねー東京は。
なんたって台風近づいてるもんね。
晴れないと外に出る気なくなるよね。
そんなら勉強しましょう。


雨って言ったら虹っしょ?

だ☆か☆ら



日本語 虹(にじ)          
中国語 彩虹、虹(ツァイホン、ホン)

「虹」は虫偏に工。

虫→蛇→竜
工→(旁として使われる場合)大きい→貫く
「虫」+「工」=「空を貫く大きな竜」

世界中で「虹」=「竜」と言う概念があるようですが、
中国でもまた然り。
他にも雲などの空に浮かぶ長く大きいものは
竜として考えられていました。


英語   Rainbow(レインンボウ)
仏語   Arc-en-ciel(アルカンスィエル)

Rainbow=Rain(雨)+Bow(弓)
Arc-en-ciel=Arc(弓)+en(in)+Ciel(空)

二つとも二次的な単語なので
非常にわかりやすいですね。
因みに「弓」は武器としての弓の意味ではなく、
「曲がったもの」
「アーチ状のもの」
と言う意味に近いです。凱旋門はArc de Triomph)

日本の音楽バンドのL'Arc~en~Cielは、
男性定冠詞の”Le”(母音の前では”L'”)
がついていますが、
これは英語の”The”に相当。

因みに英語で雨によってできない虹を

”Sunbow”(滝や噴水に太陽光が当たってできた場合)
”Moonbow”(滝や噴水に月光が当たってできた場合)
”Sterbow”(宇宙空間を光速に近い速度で移動した場合に
       見られると予想される虹)
       詳しい説明はこちら

というらしいです。



以上、文系的な「虹」についてでした。

スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード