ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

so-soは取り扱い注意

そうなんです。
前回の記事で
"so-so"の意味
について解説しましたが、
今回は使用法について。

日本語で「まぁまぁ」
どちらかと言うと
「プラスイメージ」
の表現として使われます。
それは
自分の感覚を直に伝えたくない
日本人の伝統的な性格によるものです。

"so-so"も「まぁまぁ」も
それ自体は中間を示す表現なのですが、
英語話者は余り使わず、
良いなら良い。
悪いなら悪い。
と言いたい、聞きたいという傾向があります。
が、
「あのレストランどうだった?」
と訊かれた場合、
「悪くはなかったけど何度も行くところではない。
かといって批判は出来ない、したくない」
といった微妙なニュアンスを伝える時に
"so-so"を使ったりします。
なのでこの時
両手で天秤のようなアクション┐( ̄ヘ ̄)┌
を取ることが良くあります。
なので英語での中間表現"so-so"は
どちらかと言うと
「マイナスイメージ」
なんです。

そもそも、英語自体あいまいな表現が少ない中
"so-so"は日本人にとってはなぜか中学生でも知っている
あまりに有名な表現です。
ですが受験等ではまず出ない表現ですし、
勿論実生活でも使用頻度はかなり少ないです。
日本人は伝統的にあいまい表現が好きで、
よく使ってしまいがちですが、
とりわけネイティブには上のような状況でない限り
あまり使わないほうがいいでしょう。
使い方を間違えると誤解を招きます。

スポンサードリンク