アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

結局多数派が勝ちという論理を知った

広告

ブログめぐりしてました。
アメブロに限らず。

いや~すごい考えの人がいましてね。
どうしようかな~書こうかな~。

いや、今回は控えます。
でもね、とてもそんな考えを
自分に当てはめようとは思わないんですけど、
納得する部分もあるんです。
考える題材は同じで、
考え方も似てるんですけど、
結論は違うんです。
それで思いました。
こういう人がいるから
自分は幸せなんだって。
わかるかな~
わっかんないだろうな~。

でもこういう考えを待ってたんです。
自分が腹立つような考えを。
でも納得してしまう考えを。

本やテレビやネットなどで
自分の考えと違う考えに遭遇した場合、
頭の中でそれを論破するように
言葉の構想を練ることがよくあるのですが、
(塾の授業で生徒に
 非論理的な考えをぶつけられることが
 多々あるのでそれを論破する訓練になります)
大抵は論破できるようになってきたんです。
自慢ですが
実際にある人々(同世代や年上)を目の前に
論破したこと何度かもあります。

でも今回は完全な論破はできなかったんです。
(もちろん相手はブログでなので自分の頭の中で)

自分と似てる意見を無意識に探してしまう
ことがが多い中、
自分と正反対の考えを持つ人の考えは
読んでて腹が立ちます。
だって自分の考えは
自分そのもので、
流行りの言葉で言うなら
アイデンティティ
なんですよ。
まったく違う意見を聞かされた日にゃ
腹は立ちます。
でも
そういうことを知らないと
攻撃ばかりに走ってしまって
冷静さを保つことは困難になります。
しかも
世界は正しく見えないと思います。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク