アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

ネットがテレビを圧倒するって本当?

広告

メディアはかつての
ラジオからテレビへの
移り変わりのように
パソコンが主になって
テレビは廃れるっていう風潮があるけど、
本当にそうかな?
テレビは電源入れれば
後はつけっぱなしで動かなくても
情報が入ってくるけど、
PCの情報収集はテレビと比べると主動的で
少ないながらも意思をもって
情報を選ばなければならない。
となると簡単なのはやはりテレビの方で
どんなに馬鹿でも目と耳があれば
用足りるわけだ。
でもPCはそれに加えて
頭で考えて手を使わなければならない。
この文章だって字を読まなくちゃいけないわけだし。

現代っ子は気づきにくいかもしれないが
テレビは圧倒的に楽である。
寝てても耳から情報が入ってくるし、
うるさくても目から入ってくる。
意識してなくてもその情報は
頭に残るものなのだ。
ラジオとテレビの差も
テレビの方が楽だから
テレビがメディアの王に君臨した。
ラジオは聴覚情報だけなので
いくらか情景を想像しなければならない。
教養がなければ話の面白さが
通じない場合が多くある。
しかしテレビは派手な視覚情報で
その苦労を大きくカバーしている。
そして雪崩のように情報が流れ続ける。
これは両者の性質上の基本なので
この差が埋まることは無いのではないか。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク