アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

テレビの選び方1「大きさ」

広告

現役AV機器販売員の私が
テレビに関する知識を披露します。
長くなるので細かく。
まずは基礎から。

テレビは、
置く場所があるのであれば
大きいものを買ったほうがいいです。
これは多くの販売員が薦めるので、
高いものを買わせようとしているのかと
勘違いするかもしれませんが、
実際はそうでもないんです。

1値段があまり変わらないから。
大きさを変えただけでは
一回りの大きさの違いであれば
値段差は数千円程度しか変わりません。
場合によっては大きい方が安い場合もあります。

2寿命が長いから。
昔のテレビは7年といわれていましたが、
今のテレビは
なんと15年持ちます。
10000円程度の差であれば
年に666円。
月に55円。
日割りで1.8円の差です。

3目に優しいから。
小さいテレビで見るよりも
大きい画面の方が目が疲れないのは当然です。
今の新しいテレビを見る距離としては
テレビの「縦の長さ×3の距離」が目安です。

4後々後悔がしづらいから。
大きいものと小さいもので迷っているのであれば
大きいものの方がいいです。
格段に迫力が違うので
15年の後悔を考えたら
大きいものの方がよいのは当然。


1の値段の違いに関してですが、
大きさだけでいってしまえば、
場合によっては大きい方が安い場合さえあります。
大きい方を店舗が売りたい場合が多いというのと、
値段の違いは
大きさよりも性能の方が大きい。
ということがあります。
基準としては32型が一番売れているので
40型くらいからが狙い目でしょう。
今のテレビは薄型であり、
縦横の比もブラウン管よりも違うので
一回り大きくしても部屋にぴったり
という場合が本当に多いんです。
やはり大きいテレビの方が色々機能がついているので
こうあってほしいという希望は
大きければ大きいほど叶いやすいです。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク