アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

テレビの選び方4「購入場所」

広告

家電屋や
ネットショッピングなど
テレビを買うところはたくさんありますけど、
安さや手ごろさで買いたいなら
ネットショッピングがいいでしょう。

大型家電量販店の場合、
ポイントが付きます。
例えばテレビとレコーダーを買いたい場合、
セットで買うと安くなったり、
テレビのポイントをレコーダーに当てて
全体の価格を安く仕上げることが出来ます。

なので多く買い物をする場合や、
長い目で家電生活を送る場合には、
家電店のほうが安くなる可能性があり、
とにかく安くして欲しい場合には
ネットショッピングで買ったほうが
いい場合もあります。

販売員とのやり取りがわずらわしければ
ネットショッピングでいいと思いますけど、
販売員がいる分、
アフターケアをしてくれる販売店もあります。
あと重要なのは
テレビを買い替える場合、
エコポイントの申請
をしないと損します。
そのあたりの説明もネットショッピングでは
してくれないか、書類が届くのか
分かりませんけど、
人が丁寧に教えてくれるので
自信がない人は生の人間に説明してもらった方がいいでしょう。
私(現役販売員)の場合、
販売員が出来るところまで進めてしまいます。
ただし販売員にもピンキリがあるので、
見極めるコツをお教えします。

感じがいい販売員はいい販売員です。

あまりに簡単ですが、
研修中や新人販売員の場合、
おどおどしたり、
余裕がないことがあるので
下手したら変な商品を
勧められる可能性があるんです。
そんな販売員には
近づかないようにするのが良策です。
しかも、いい販売員から買ったら
不安も少ないですし、
後悔も残りづらいんです。
大きな買い物なので
ここは結構重要なポイントなんですね。
品物の価値は
値段や品質だけではなく、

使い続ける時間
も大きなポイントであるということを
肝に銘じてください。
下手な買い物したら
電源入れるたびに後悔が残りますから。

なのであらかじめカタログを読んだり、
読んでいれば
疑問が必ず出てくるはずなので
カタログの裏に書いてあるお客様相談
に電話をかけたりして
テレビの知識を溜めておけば
失敗も少ないです。
でもそんなことしてる人って
ほとんどいないんですよね。
そうすれば販売員の話もよく分かるし、
事の詳細が分かった方が
楽しいはずですよ。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク