アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

「シーザー」?「カエサル」?同じ文字で発音が違う

広告

”Caesar”は「帝王」。
「ユリウス・カエサル」「ジュリアス・シーザー」の
”Caesar”です。
綴りは”Julius Caesar”

ユリウスもジュリアスも同じですが、読みかたが違うだけ。
「ユリウス・カエサル」は当時のローマ人の発音つまりラテン語に近い発音で「ジュリアス・シーザー」は現代英語に近い発音です。

大学からの第二外国語習得のすすめ - ノーミソ刺激ノート

英語を長くやっているのに全然しゃべれないのはなぜか。 - ノーミソ刺激ノート

日本人が外国語が苦手な理由 - ノーミソ刺激ノート


綴りが同じでも言語が違うと発音の仕方が違うんですね。
これは日本語と中国語でも同じことです。
たとえば中国語で
「鈴木」は「リンムー」língmù
「佐藤」は「ジョートン」zuǒténg

日本語が世界で難しいと言われる理由 - ノーミソ刺激ノート

中国人の漢字の考え方って日本人と違うって知ってた? - ノーミソ刺激ノート



『中国嫁日記』の「ジンサン」は「井上」ですよね。
普通話のピンイン(発音記号)だと「jǐngshǎng」だから
カタカナにすると「ジンシャン」なんだけど、
奥さんの月(ゆえ)さんは内モンゴルの人だから
訛ってるってことなのかな?まぁ日本人からしたら
そんなに変わらない気もするけど。

中国嫁日記(一)

中国嫁日記(一)

 



関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク