ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

哲学を実践する方法

広告

      f:id:kec_sad0resu:20190506202401p:plain


読書しても実際にそれを実践することは別ですよね。
頭で理解していても体で表現ができないんです。


例えば本を読んだりして、人から受けた知恵を自分で試そうとしても人の考え方と自分の行動の相性が合わないんじゃないでしょうか。

 

本を1000冊読むとどうなるか - ノーミソ刺激ノート


その考え方がいくら素晴らしくて感銘を受けたとしても自分の普段の行動とあまりにかけ離れていた場合、実践に移しづらくなるんだと思います。

臓器移植で拒絶反応が出ることと似てるのかな?(詳しくないでわかりませんが)

要するに、何かに感銘を受けて

「へぇーなるほど」

で済ませるのではなくて、それに対してアウトプットする必要があるんです。

 

反論又はその感銘をうけたものを更に強化するような具体的な例や、それ以外の方法を自分自身で考えてそれ自体を自分のものにしなければあまり意味がありません。

人間は人から感銘をうけたものは知識にしかなっていませんから意識しなければ実行できませんが、自分で編み出した考え方は経験として蓄積されるので無意識に行動できるのです。


人間の行動はそのような無意識の行動で日常が形成されていくので日常を改善することが成長の途です。

【関連記事】

「サマリー」と「レポート」と「論文」の違い 

 

日本人はアウトプットべた 

 

たくさん本を読まないと文章が書けないというのは嘘。むしろ逆。

関連コンテンツ スポンサーリンク