アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

レーゾンデートルの意味と忘れない方法

広告

  レーゾンデートル」って
心理学とか精神医学とか哲学辺りで言われる
専門用語なんですけど、たまに普通の人でも口走る人が居ますよね。

日本語では、「存在理由」っていう意味です。

f:id:kec_sad0resu:20180401124059p:plain

何でこういう言葉が使われるかというと、もうすでに日本語になりつつあるんですよね。カタカナ語として。
「れー」って打つと予測変換で「レーゾンデートル」が出てくる場合もあるほどです。

でもここで知った所で忘れやすいので(私自身が)

語源で覚えましょう。
これはフランス語で

”raison d'être”

と書きます。
直訳は「存在の理由」。
わかりやすく英語にすると
”reason of being”(リーズン オブ ビーイング


raisonraesonは似てますよね。
同じ意味です。
d'deを省略したもので英語のofです。

êtreは英語のbeで「~である」という意味です。

スポンサーリンク