ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

日本人の読解力を上げたいから本を紹介する!

ブログを始めたきっかけは、

日本の書籍読者人口が減り

読解力、会話力が減っているということを実感したからです。

身近な友人三名はいずれも読書をせず、年間読書冊数はオールゼロ。

しかも彼らは会話が下手です。

決して学力が無いわけではないんです。

其々仕事も勉強もしていますが、仕事に関する勉強ばかりで

文学的基礎教養がない。

彼らの中の一人(理系大手エンジニア)は、

「仕事は楽しいしやりがいはあるし、
趣味(スポーツ関連)はあるけど、
なにしろ教養がないから会話が持たない。
このまま

指導的立場になったり管理職になることはあるだろうけど、
基本的に

一生同じことをして、会話レベルもそこで留まる
のかと考えると不安だ」

とのこと。

こういう人が多いから、

いわゆる語彙力本

大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ 【超「基礎」編】

大人の語彙力が面白いほど身につく本 (青春新書プレイブックス)

が本屋さんに行くと本当に多いですよね。

読んだら面白いし、

すぐ読めて達成感もあるんですけど、

これだけ読めばOKではないです。

もちろん読みたければ読んだほうがいいです。

語彙力アップはどれだけ語彙に出会うか

ですから、読んだ本の量が語彙力に直結する

というのは嘘ではないです。

こういう本に載っている難読語彙は

知らないよりは知っていたほうがいいし

自分が使わなくても

人が難読語彙を使った時に

覚えていたらすぐに理解はできるでしょう。

 

語彙力本は本当に多いですよね。
恐らく出せば売れるっていうレベルなんでしょう。

私も読んでみて面白かったです。

が、

それに加えて

これらの本に書かれているような

参考書籍の類もしっかり読んでほしい。

なぜかといえば

単語だけ覚えても忘れちゃうんですよ。

なぜかといえば

 

実践されているよう例が短いし、

魂にひびきにくいからです。

仮に

聞いたことがあるけど意味が分からなかった語彙

の意味が分かったら

それはもう魂はビンビコ響くでしょうから覚えるでしょう。

しかし

初めましての語彙だったら
一,二回読んだだけではすぐに忘れてしまいます。

たしかにこの本は短時間でいろいろなことを学べるからいいですけど、

すぐに覚えたものはすぐに忘れるのが原則なので

深く心に響くような小説、

特に名作を併せて読むことをお勧めします

かといって

書経験が浅いうちから

いきなり誰もが知っている名作を読んでも

いまいちピンときませんよね。

何せ語彙力が無いうちに読んでるんですから。

その場合は「シリーズ」の漱石

こころ (まんがで読破)

吾輩は猫である ―まんがで読破―

坊っちゃん (まんがで読破)

それから ─まんがで読破─

夢十夜 ─まんがで読破─

明暗 ─まんがで読破─

漱石の語彙力は天下一品です。

まんがで語彙力が上がるのかと疑われそうですが、

漫画でも十分です

しかも一冊にまとめられていて、

繰り返し読むことも容易です。

小説は繰り返し読まなければ意味がありません。

そして

楽しくなければ繰り返し同じことなんてできません

これで一度ストーリーを把握してしまえば、

あとは本文はどこから読んでも楽しめるようになっています。

漱石東京帝国大学の英文科を卒業し、

英語教師になりましたが、

そこへ行く前に

二松学舎で漢文の勉強をしています。

現代日本語は
漢文とヤマト言葉とカタカナ語(主に英語)ですよね。

この土壌は、
この時代の

漱石とその弟子の芥川らが現代日本語を作ったといっても
過言ではありません。

漱石文学に触れさえすれば語彙力はグンと上がること間違いなしです。

ちなみに弟子の芥川は中国語もできるので(学校は帝大英文科)、漱石に飽きたら併せて芥川を読むといいでしょう。

或阿呆の一生 (まんがで読破)

羅生門 (まんがで読破)

 

スポンサードリンク