アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

現代教養人なら知っている本を買う時のタイミングとは。(特にキンドル)

広告

f:id:kec_sad0resu:20180331173444p:plain

キンドル本を買うなら安いうちに買うのが鉄則です。

なぜなら読むべき本はたくさんあるけど金と時間ばかりかかって

結局、積読(積んでいるだけで読んでいない)になってしまうのです。

至急必要なものはすぐに買うべきですが、「欲しいけど、すぐにはいらないな」と思う本ってありますよね。

amzn.to思い出せなくても↑の表で見れば思い出せますし、たくさんあるので良いものが絶対あるはずです。

私は割とぺーパーの本が好きですけど、キンドルも持ってますし、携帯にも入れています。

移動中にすぐ読めますからね。

しかもプレミアム登録すると追加料金なしで読み放題。

これはマジでいいです。

キンドルで買う場合はビジネス系などすぐに必要な情報であればキンドルで買ってすぐに読んでしまいます。

しかも安く入れられるから紙より得です。

ペーパーを買う場合は長期的に必要な古典や教養関連の本ですね。

なぜなら長く読み続けるので紙で開けるほうが素早く、かつ感覚的にページが捲れるのです。

 

ですからここだ!と思う時に

普段本を買っていない人、読んでいない私の友人は適当なタイミングで買っていて「結構買ったけどお金ばかりかかる」とか、「おまえは結構本持ってるけど、どこにそんなに金があるのか」といっていました。

買い物にはタイミングがあります。

特に本の場合は。

amzn.to

ですからこのタイミングにキンドル本を買ってしまいましょう。

しかも家族と共有できるのでもう勝手にどんどん本と情報が増えていってます。

スポンサーリンク