アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

速読の落とし穴

広告

はじめに

速読って誰もが憧れるワードですよね。

面倒な読書を早く終わらせてくれるならそれほどいいことはありません。

速読って自動的にやるものじゃなくてあくまで自分でやることなので実際やっている私自身は速いという事をなかなか実感できません。

私が人よりも早く読んでいると実感したのは人が本を読んでいるところを傍から読んで、当の読者本人がものすごく遅く感じたところからでした。

 

速読とは

簡単に言えば速く読む技術なんです。

が、どんな速読も基本的に全部の文字を読むのではなくて単語単語を集めて全体像を頭の中で作ることが主です。

ということは単語の意味が分かっていないといけないのです。

つまり新しい知識たとえばビジネスを全く初めて勉強する場合、ビジネス関連の単語を知らなければ速読は基本的にできません。

やろうとすればビジネスとは無関係の基本教養を以て速読するということぐらいでしょうか。そういう人はいちいち注釈などから単語の意味を拾って読まなければならないので急いで読むことはできてもパラパラと行くことは難しいはずです。

 

「一を聞いて十を知る」という言葉がありますが、そういう事ができる人は何もない所から九を編み出しているのではなくて沢山の読書の中で既に九が頭に入っているんです。それがある日突然一つのことを知ることによって、バラバラだった知識が一個のまとまった知識になる瞬間があります。これがその状態ですね。

このように読書で速く読めるとは事前の準備が整っている場合によってのみ起こります。

 

「一を聞いて十を知る」方法 - ノーミソ刺激ノート

 

例えば料理上手な人は料理をたくさんしているから手際がいいのと一緒です。

読書上手な人はたくさん読書をしているから手際がいいだけなんです。

ものすごい速さで本を読む人

ネットでもパフォーマンス的に披露している人がいます。

が、あくまでパフォーマンスなんです。

「もしもし牛です!」のフリー写真素材

 速読の本を読むと、目を速く動かすとか技術的なことが書かれています。

本当にそれが技術的にできる人はいるのかもしれません。

が、本を速く読むには前提としてその本の知識、語彙力がなければ読めません。

 

「語彙力」は「単語量」じゃない - ノーミソ刺激ノート

 

たとえば速読の技術があっても英語を読めなければ英語は速読ができないのと同じ。

其れと同じように医学書であれ、法律関係であれ、哲学書であれ、専門的であったり難解な文学書は、一番初めから速く読むことは不可能なのです。

 

楽して哲学を学ぶ方法 - ノーミソ刺激ノート

 

速読できますと言っている人は、「飛ばし読み」を速読と言っています。

「飛ばし読み」とは

 わからないところは取りあえず飛ばして、わかる箇所だけ読む、わからない単語や専門用語、述語だけをさらっと読んで二回目三回目に読むときに備える。といった方法です。

これはものすごく効果があります。初めは訳が分からないのでストレスに感じますが、

わからなくて当然です

 

読書の挫折を防ぐ方法 - ノーミソ刺激ノート

 

イメージでいえば初対面の人と会う時はその人の全体像をざっくりとつかみますよね。

でも複数回会っているうちに一回目の印象とはだいぶ違ってくるってことは皆さん経験していることでしょう。

 

複数回読んだときの変化 - ノーミソ刺激ノート

 

でも第一回の対面がない限りはその人を知るということは永遠にできないのです。

それと同じように、本の内容をざっくりとつかんでから少しずつ掴んでいくことをお勧めいたします。

 

読書する意味 - ノーミソ刺激ノート

 

読書という荒野 (NewsPicks Book)

読書という荒野 (NewsPicks Book)

 
本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術 (朝日文庫)

本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術 (朝日文庫)

 

「愛読書」とは何か - ノーミソ刺激ノート

 

本を何回も読むのはなぜか。 - ノーミソ刺激ノート

 

読書に数字を求めてはいけない。 - ノーミソ刺激ノート

スポンサーリンク