アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

何で好きかは知らないけど読みたい本もある。

広告

そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります (講談社文庫)

本は繰り返し読め、全部読まなくていいと言っていたブログですけど、その最たるものがこの本だと思う。

本当に繰り返し読んだし、トピックによっては全然読んでない個所もあると思う。

なぜなら事の本は短いエッセイ集で、パラパラめくって適当なところで読むという方法をとってるから、手の癖で大体同じところが当たる。でもこのエッセイのリズム感たるやすごいもので、大阪弁のリズム感、と思ったけどよく読んだら標準語ばかりである。

町田康もそうだけどこの人も元は(今もだっけ)ミュージシャンで、リズム感がいい。

漱石は多分、歌が上手いか音楽が好き - ノーミソ刺激ノート

読めてない所は意図的に読んでないのかもしれない。

なんか真実味がどっと押し寄せてきて恐ろしくなる。

石牟礼道子の文学もそうだけど

新装版 苦海浄土 (講談社文庫)

読んでいて怖いものもある。

でも苦しみ苦しみ読むのもまたいいと思う。

哲学書もそうだけど。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク