アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

ブログを長くやってたらわかったこと(アクセス数と伸び方)

広告

このブログは9年あります。

f:id:kec_sad0resu:20180407151756p:plain

このブログは途中からアメーバから引っ越したせいで、グーグル検索に引っかかっていたものもリセットされているんです。けど、5年間ほっといても普通にアクセス数は毎日100前後あったんですね。(アメーバだからカサ増しされてることもあるけど)

 

じゃあなんでそんなにあるのかって言ったら、理由は記事数です。

アクサス解析してると急に一日500アクセスとかあったりするんですね。

なんでかって言ったら一人の人が集中的に記事を読んでくれてたりするんです。

その人は別に知り合いとかではなくて、ブログ全体に興味を持った人だと思うんです。でもそういうことはめったにないですね。一年に一回あるかどうかって感じです。

ちなみにいまだにアメーバのほうがアクセス数を半分と考えても多いです。

つまりそれだけ長くやってるブログだと信頼があって検索に引っかかりやすくなってるんですよね。

 

今更『借りぐらしのアリエッティ』考察 - ノーミソ刺激ノート

 

ジブリネタは普遍的ですね。

 

ジブリの純文学、高畑作品の読み方 - ノーミソ刺激ノート

 

ジブリ鈴木敏夫「才能の話」がおもしろい。 - ノーミソ刺激ノート

 

アクセス数が伸びる記事

ほっといた記事は850記事くらいあったんですけど、結果的に集中する記事は決まっていて、タイトルがわかりやすいものです。

 

毎日投稿する方法 - ノーミソ刺激ノート

 

読書する意味 - ノーミソ刺激ノート

 

たくさん本を読むと起こる良いこと - ノーミソ刺激ノート

 

ですからそれを心掛けてはいるんですけど毎回毎回そんな気の利いたものは書けないので、後でアクセスの反応を見て変えられるものから順に変えていってます。

あとは普遍的に人が興味持つようなネタを思いついたら書くことですね。

 

うまく頭にまとまってなくても書いているうちにまとまるもんですし、それでも書いている途中で疲れたりしたら切りのいいところで公開しちゃって、後でリライトすればいいんです。

この記事もまだまだなのでどんどん書き足しますし。

 

ただあんまり短いとまずいので最低600字以上にしようと心がけています。過去の記事では短いものもあるはずですけど、はてなに移ってからはできるだけどういうことはしないようにしてます。これは勘ですけど、でも記事を客観的に見てて600以下だと「短いな」って思うんですよね。スクロールもあんましないし。

 

よくリライトする

f:id:kec_sad0resu:20180401122301p:plain

この「はてな」に移ってからなんですけど、よく読みやすいようにリライトしてるんですね。その時は過去に書いたテーマとかぶっていたり、詳しく書いていた記事のことはたまに覚えているのでそれをリンクに貼るようにしてます。

 

人気のない記事でも書く意味 - ノーミソ刺激ノート

 

そうするとサイト自体の滞在時間も伸びるので、グーグルもそれを察知して評価してくれます。

 

そもそもそれのほうが読者としても記事の真意を汲みやすいので親切ですからね。

そうやっていくと自分自身もこういうこと書いてたなということで自家薬籠的に刺激されるので他の記事を書くネタにも困らなくなります。

スポンサーリンク