アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

日本語が世界で難しいと言われる理由

広告

難しいってなんだ

一般的に日本語は難しいと言われることが多いです。

日本人がそれを聞くと何となく優越感を覚えますよね。でもそれはちょっと違うと思うんです。

言語の要素は大きく分けてこのように分類されるでしょう。

  • 文字
  • 語彙
  • 文法
  • 発音

そもそも言語が「難しい」とは何でしょうか。

言語が難しいというのは「覚えにくい、とっつきにくい」という事です。

知識というのは構造的なもので今現在知っている知識との関連性が高いと簡単で、知識がないと難しいのです。

ですから以上の四つの要素が似ている言語同士なら簡単に分類され、違えば違うほど難しいという事になります。

 

「覚えにくい」というのは現状持っている知識との関連性が持てないんです。

たとえば日本人が英語を覚えにくいのは単語も文法も関連が殆どないからです。

逆に日本語になじみのある中国語なんかをちょっと勉強してみると、文法は英語に似てるし、言葉は漢字ばかりなので英語を初めて勉強する時よりも呑み込み早くいけるので楽しくなっていきます。

日本人が覚えやすい言語は

  • トルコ語
  • 朝鮮語
  • インドネシア語
  • モンゴル語
  • 中国語

と言われています。

中国語以外は日本語と単語と文法が似ているので覚えやすいですし、中国語は文法は違いますが漢字の覚え方は圧倒的に有利です。

 

受験が終わって外国語にはまる理由 - ノーミソ刺激ノート

 

大学からの第二外国語習得のすすめ - ノーミソ刺激ノート

 

繰り返しますが、新しい知識というのは既存の知識との関連性で覚えます。ですから日本語を勉強する外国人は母国語との関連性を持って勉強します。

しかし日本語は語源が確定していない言語なので覚えづらいんです。

例えば英語とドイツ語は語族が一緒なので相性がよく業者の母国語話者はお互いの言語を覚えやすいんです。

もっと言えばヨーロッパの言葉全体がそうです。ですからお互い強めの方言を話しているようなものです。

日本人が外国語を覚えにくいというのはその逆の理由で、日本語と共通点のある言語が少ないからなんです。

 

ということはある程度の系統、種類の言語を覚えれば覚えるほど外国語習得が簡単になるという事です。

 

「一を聞いて十を知る」方法 - ノーミソ刺激ノート

 

日本語は特殊

日本語は語族が確定していない言葉なんです。

これは言語だけではなく文化全般、宗教的感覚にも関係します。

神道もそうなんですけど、古すぎる言葉や文化というのは期限が遡れないんです。

 

宗教を嫌う日本人。 - ノーミソ刺激ノート

 

何でお辞儀をするのとか、地鎮祭の時にはなんで簡易な囲いを作るだけなのとか。

古い習慣というのは初めに何かしら作った人がいるかもしれないけど、その記録は残らなくて、習慣だけが形として残るんですね。これが宗教の最終的な形だって本には書いてありましたけど、言語もそのはずです。

f:id:kec_sad0resu:20180510125417p:plain

神道はなぜ教えがないのか (ベスト新書)

神道はなぜ教えがないのか (ベスト新書)

 

 

言語も古いのかってそうなんですよ。

 

ヨーロッパの言語は戦争が盛んでしたから言語の入れ替わりや統合が頻繁に続いたので範囲が広いおかげで記録も残りやすいし証拠が残る。ところが日本は国内だけで完結してたまに来る外国語を輸入して独自にこねくり回してるからわかりにくい。証拠を広い範囲で集められないんですね。

 

そんな日本語なのに英語を話せる人が他と比べて少ないのはそういうふうに外国語との関連性が薄いから覚えにくいというのもあります。

ですから相対的に特殊にならざるを得ません。

 

日本語に一人称が多いのはなぜか。 - ノーミソ刺激ノート

 

中国語は漢字の関連性があって覚えやすいですけど、それほどメリットもないし。

 

英語を長くやっているのに全然しゃべれないのはなぜか。 - ノーミソ刺激ノート

 

言語の経済的価値

先に「日本人が覚えやすい言語」を紹介しました。

  • トルコ語
  • 朝鮮語
  • インドネシア語
  • モンゴル語
  • 中国語

これらを見てどう思うかといえばマイナーな言語ばかりだなと思ってしまうのが正直なところでしょう。

 

逆にメジャーな英語圏の人は、あんまり外国語を知らなかったりします。

外国語を覚えなくていいというのは経済的な優位性だからというのもありますし、歴史的に必要性があまりないんですよね。

特に使用目的もなく外国語を覚えるのはスポーツはしないけど筋トレをするようなものです。

筋肉は本来運動をしやすくするためにつくものですがオシャレのために筋トレをする人がいます。筋肉は本来手段でしたが目的になった例ですね。

同じように言語というのは本来手段ですが「外国語が使えるとオシャレ」ですから勉強している人もいるわけです。

 

【手段】     【目的】

筋トレ   → 運動ができる

外国語学習 → 外国人とコミュニケーションが取れる

 

読書と筋トレは同じ考え方でやるとうまくいく。 - ノーミソ刺激ノート

 

オシャレ以外でも覚えたらいいと思うのは「楽しいから」っていう理由が大きいですね。今まで外国語といえば英語しかやらない人が多いですけど、もう一つ勉強するだけで「外国語とはこういうものなのか!」という興奮があります。

学習はそもそも楽しいものですし、言語は人間にとって人間たる由縁だというくらいの重要なことですから何かと使えることも多いです。

 

日本人が英語を話さなくていい理由 - ノーミソ刺激ノート

 

大学からの第二外国語習得のすすめ - ノーミソ刺激ノート

 

辞書を読むと本当に語彙力が上がるか - ノーミソ刺激ノート

 

日本人が外国語が苦手な理由 - ノーミソ刺激ノート

 

一応、朝鮮語やモンゴル語などのアルタイ語族ということになっていますが、それでもちょっと違う。

日本語とアルタイ諸語―日本語の系統を探る

日本語とアルタイ諸語―日本語の系統を探る

 
日本語とはどういう言語か (講談社学術文庫)

日本語とはどういう言語か (講談社学術文庫)

 
日本語は「空気」が決める 社会言語学入門 (光文社新書)

日本語は「空気」が決める 社会言語学入門 (光文社新書)

 
日本語はどういう言語か (講談社学術文庫)

日本語はどういう言語か (講談社学術文庫)

 
よくわかる言語学入門―解説と演習 (日本語教師トレーニングマニュアル)

よくわかる言語学入門―解説と演習 (日本語教師トレーニングマニュアル)

 

地理的な問題だとも言われています。

f:id:kec_sad0resu:20180401122652p:plain

日本は極東に存在して、あらゆる民族が移動して最後にぶち当たる場所なんですね。

決して大陸、朝鮮半島ばかりではなくて、インドネシア諸島方面からも来ています。

 

一方で日本語は簡単だという人がいます。それは中国人や朝鮮半島の人が学ぶ場合、単語に共通点があったり、文法が朝鮮語とほとんど同じなので簡単に感じるでしょう。

しかし本当に細かいことを言ってしまうと、日本語は外来語が非常に多いんです。

 

日本語は読書に適してるって知ってた? - ノーミソ刺激ノート

 

日本人に必要な教養 - ノーミソ刺激ノート

 

日本語に一人称が多いのはなぜか。 - ノーミソ刺激ノート

 

日本語は外来語の言語だと言ってしまっていい位多い。そこまではわかりますけどじゃあ起源は?となると結局わからずじまいです。

 

日本で漫画が発達した理由 - ノーミソ刺激ノート

スポンサーリンク