アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

上場前の仮想通貨を高騰前に無料でゲットしよう。

広告

f:id:kec_sad0resu:20180509222340p:plain

順調に仮想通貨SanDeGOを採掘しています。

SanDeGOはビットコインと違って気軽に採掘できていいですね。

f:id:kec_sad0resu:20180504205102p:plain

無料仮想通貨に少しずつ価値の兆し。急いで乗ろう。 - ノーミソ刺激ノート

4月からの日本産の無料仮想通貨が配布中! - ノーミソ刺激ノート

高利率POS通貨の特性から所有しているだけでお金が増えることが簡単に楽しめる仮想通貨

http://www.sandego.net/pdf/20180504_SanDeGo_WHITE_PAPER.pdf

と言われる通り数字が増えていく感覚は楽しいですね。

これってどういう仕組みかというと、ビットコインの計算方法(POW)とSanDeGOの計算方法(POS)が違ってPOSのほうが電気消費が少なく気楽に採掘ができるんですね。

簡単に言うとビットコインの採掘をするには電気代もかかるし設備を整えないといけないんですけど、SanDeGOの場合は「入門コイン」というだけあって特別なパソコンがなくても普通のパソコンで採掘ができるんですね。

上記リンクのホワイトペーパーにも書いてありますけど、「仮想通貨の入門コイン」と謳っている通りそれに相応しいシステムだと思います。

「入門コイン」という立ち位置は裾野が広くてなかなかいい所だと思いますね。今は理解度と知名度が低いのでしっかり勉強しないとわからないところもありますけど、もっと普通の人にもやり易いように整備されていくんじゃないかと予想してます。

SanDeGoコインのPOS(Proof of Stake)は取引の承認に大量のHash計算が必要となるPOW(Proof of Work)とは異なり大量の電気を消費しないため環境に対してエコロジカルです。

まだ上場してないですけど、上場したら1satoshi(1憶分の1ビットコイン)で売るとのことなので現状1ビットコイン大体100万円ですからそれで言えば0.01円なわけです。

1BTC=100,000,000Satoshi

1BTC=1,000,000YENの場合

1SDG=0.01YEN

 ですから前回紹介したマレーチャンはその価格で料理を提供してくれると言ったんですね。

無料仮想通貨に少しずつ価値の兆し。急いで乗ろう。 - ノーミソ刺激ノート

どの仮想通貨も初めはそれくらいの価値ですし、上場したとなると知名度が上がりますから普通は2~3倍(0.02~0.03円)以上にはなるでしょう。その後は将来性を見込んで持ち続ける人もいるでしょうし、1satoshiで数万円分を買って3倍くらいになったら売るという人も出るでしょう。そこはその時の状況と運営次第です。

いずれにしろ今は微々たるものですけど無料で撒き銭(rain)してくれる人がいたりイベントもあるでしょうから今のうちにゼロコストで始めたほうがいいと思います。

f:id:kec_sad0resu:20180509232207p:plain

 それでも難しいという場合は簡単に低価格でも始められる上場した仮想通貨から始めればいいと思います。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク