アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

4月に生まれた仮想通貨が上場するってよ。上場前に乗ろう。

広告

最近のSanDeGOの採掘成果です。

 

f:id:kec_sad0resu:20180531211025p:plain

上場前の仮想通貨を高騰前に無料でゲットしよう。 - ノーミソ刺激ノート

 

無料仮想通貨に少しずつ価値の兆し。急いで乗ろう。 - ノーミソ刺激ノート

 

以前から新興の日本産仮想通貨のSanDeGO(サンデゴ)についての記事は書いていましたが、最近は書いていませんでした。

が、相変わらず続けています。

f:id:kec_sad0resu:20180504205102p:plain

続けているというか、ただパソコンを起動させているだけで採掘ができるので別の作業をしていてもパソコンが勝手に仕事をしてくれます

これで本格的に時流に乗ってくれればベーシックインカムになるんですけどね。でも元手は出していないので損をすることはありません。

敢えて言うなら時間と電気代をかけていますが、こういうのは経験なので、金銭的な損はほぼないし、経験値は時間がかかるのは当然なのでしかたありません

仮にこれがぽしゃっても個人の経験値としての資産は残るし、損はないし良いことづくめです。

以前は処理の効率が悪かったんですけど、上の画像に貼った通り今は万単位で採掘してくれています。

 

非上場の通貨採掘での成果発表 - ノーミソ刺激ノート

 

万単位と言っても単位はSanDeGOで、まだ上場していないので円には替えられませんが、上場は決定しているのでそこは安心してます。

以前の記事で書きましたけど

まだ上場してないですけど、上場したら1satoshi(1憶分の1ビットコイン)で売るとのことなので現状1ビットコイン大体100万円ですからそれで言えば0.01円なわけです。

1BTC=100,000,000Satoshi

1BTC=1,000,000YENの場合

1SDG=0.01YEN

上場前の仮想通貨を高騰前に無料でゲットしよう。 - ノーミソ刺激ノート

 こういうことなので、簡単に言えば1万SanDeGOなら100円くらいの価値になるだろうという事。

でも上場したら人の目にも触れやすくなりますから少しは上がりますよね。

ただどうなるかわからないですけど、たくさんSanDeGOを持っていたらPOS(採掘)の利率が上がるので0.01円の時に買っておいた方がいいと思います。

少なくとも一瞬は上がるでしょうし、損をしないためにも早めに「ここまで上がったら売る」という所で注文を刺しておけば、下がった時に対応が混んで売れないという事も防げます。

これって株や仮想通貨をやっていないとよくわからない感覚だと思いますけど、分かりやすいように過去のビットコインのグラフを載せてみます。

f:id:kec_sad0resu:20180506164509p:plain

青い棒の時に上がっていて、赤い棒のようにガクンと下がると、ユーザーがパニックして売り注文が殺到するわけですよ。そうなると大体、取引所が対応できなくなって一時的に売買ができなくなります。

ですからそういうときのために下がる前から「この値段になったら売る」と注文を指すと、スムーズに注文が通りやすいです。

しかし見極めが悪いとその値段にならないうちに下がったり、その指した値段よりも大きく何倍も高騰して乗り遅れるってこともあるんですけどね。

 

その点SanDeGOは今は上場していなくて日本円を使ってやってるわけではないのでタダタダ増えるだけです。

 

上場前の仮想通貨を高騰前に無料でゲットしよう。 - ノーミソ刺激ノート

 

ビットコインは1BTCが100万円位で安定してますけど、SanDeGOもこういふうにこれが底値だという感じで安定的な価値観が出てきたらうれしいんですけどね。

スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード