アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

書いている手が止まらない方法

広告

考えてはいけない

f:id:kec_sad0resu:20180416171542p:plain

喋る時も書く時もそうですけど、考えながら書いてはいけないんです。

なぜかというと言葉には文脈(コンテキスト)があるからです。

 

コンテキストの本来の意味はコン(集合)テキスト(文章)です。

大概の人は書くときに表現方法で躓きます。

 

こんな表現でいいのか

 

って感じですね。

 

漢字で躓いたり、接続詞で迷ったりです。でもいいんですよ。

 

どんなに最低な表現でもいいので書いてしまうんです。

なぜかというと、書いているときに頭の中では文脈ができているのでその流れに乗って書いていかないと文脈が切れてしまうんですね。

つまらない漢字の表現や、接続詞なんかで切らしてしまうと、その後に何を言うべきだったかをとらえられなくなります

 

はじめの内は思いつくままに書いてしまえばいいんです。そしてその後に漢字を変換するなり、表現方法を凝らせばいいだけの話です。

まずは書くこと、完成させることが重要です。

ですから作文を書くときにいきなり作文用紙に書くのは止めましょう。

まずは何かの裏紙にメモ程度に書くことをお勧めします。

 

ブログの場合は書き直しがいくらでも効くのでどんどん書きまくればいいだけです。

 

毎日投稿する方法 - ノーミソ刺激ノート

 

下手に細かなところで留まってしまうと、文と文の脈絡がつかめないまま、改めて書き直してしまいかねません。

 

そうなると全体のリズムが崩れて読み手からも読みづらい文章になってしまいます。

そういうことを防ぐためにもつとに書く書き始めたら書き続けなくてはなりません。

ミスを無視しろ

f:id:kec_sad0resu:20180416154055p:plain

PCで文章を書いていると変換ミスがよく起こりますよね。手書きの場合でも漢字が出てこないことだってあります。

 

そうなっても私は一々直したりしません。漢字の時もわからなければ仮名でいいんです。

全部一通りの書きたいことが終わったら変換を直します

そっちの方が面倒だと思いがちですが絶対にそんなことはありません。最終的な完成度も、納得のいくものができやすいですし、時間面も効率的です。

 

時々途中で何を言いたかったのかわからないようなミスを見かけることがあります。それって考えながら書いているから、文脈が取れてないんですよね。

 

考えながら書いた文章は熱意が伝わるという人もいますけど、熱意は結構ですが意味が伝わらなければそれこそ意味がありません。

 

熱意が空回りして手が追い付かないのではせっかく書きたいこともかけずに終わってしまいます。

 

はじめの内はそれでいいかもしれませんけど、そうやっていては時間がかかりますし、書くことが嫌になりかねません

 

途中の単語一つの表現よりも文章は全体性が第一です。途中の表現に引っかかっても、読者は「ミスしてるな」と気づいてくれます。私自身も読者としてそうですし。

一つの表現よりも全体として何が言いたいのか、どういうリズムで語っているのか、そっちの方が文章として評価されますし、読んでいて気持ちいいはずです。

 

そして何より書いている途中で挫折することが少なくなります

事前のインプットをしていれば大丈夫

その話を途切れさせないためにも事前の準備、と言っては堅苦しいですけど、アウトプットするのであればインプットもしていなければなりませんよね。

 

ですから本を読んだほうがいいんです。

 

読書の挫折を防ぐ方法 - ノーミソ刺激ノート

 

読書する意味 - ノーミソ刺激ノート

 

たくさん本を読むと起こる良いこと - ノーミソ刺激ノート

 

私はやったことがありませんけど、書くための資料を読みながら文章を書いていては絶対効率が悪いでしょう。書くときは書くことだけに集中しなければなりません。

 

読みながらでは先に書いた通り文脈がつかめませんし、色んなことを思いすぎます。

これは作文全般で言えることでしょう。

 

ですから書いていないときはできるだけ書いてしまって、一通り終わったら確認で資料を読むのがいいでしょう。

 

インプットするならやっぱりちゃんとした人が書いた本ですよ。

 

本を1000冊読むとどうなるか - ノーミソ刺激ノート

 

喋りにおいても同じ事

このアウトプットの話は一番初めに書いた通り、喋りに関してもそうです。

私は教育現場に数年身を置いていたことがありますけど、話をするには緊張してはいけませんよね。何よりリラックスしていなくてはなりません

 

ラジオ番組を聴いていて思うことですけど、どんどん話が出てくるDJはみんなリラックスしています。

若手の芸人なんかは10年そこそこではまだ緊張している感じがしますね。

 

言葉の力をつけるためのラジオ - ノーミソ刺激ノート

 

実際、喋りの力というのは年数も多少あると思いますけどどれだけ頭を空っぽにするかだと思います。

 

インプットがちゃんとできている人は空っぽの状態になっても無限の教養が出てきます。

 

善く緊張して頭が真っ白になるってこと聞くじゃないですか。

 

あれって真っ白っていうのは何もないのではなくて脳みそがいろいろな情報がありすぎて混戦してしまっているんですね。つまり詰まってしまっているってことです。

f:id:kec_sad0resu:20180503130006p:plain

ですから余計なことを考えない状態に持っていくことがまずは大切なことです。

 

そのリラックス法はそのうち書きたいと思いますけど、結局はインプット量で決まります。ですからどんどん本を読みましょう。

 

本を1000冊読むとどうなるか - ノーミソ刺激ノート

 

哲学書1000冊読んだらどうなるか。 - ノーミソ刺激ノート

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク