アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

人気のない記事でも書く意味

広告

ブログを書く効果

なぜなら頭の整理になるからです。

 

「これって人気でないだろうな」

 

と思っても、書いてみることで、それが呼び水となって、人気の出そうな記事がかけるきっかけになるんですね。

ですから記事一つ一つが必ずしもしょっちゅう見られるような物にはならないかもしれませんが、ブログは読者のためだけではなく、自分自身、書き手のものでもあるという事も意識したほうがいいと思います。

 

その方が気が楽になりませんか。

 

ブログを収益のためだけに考えていると、

 

「いいネタが思い浮かばないから書かないでいいや」

 

という書かなくていい理由を作りがちです。

しかしどんなにアホなことだと思っても、そんなの関係ないんですよ。

 

たくさんアクセス数を稼ぎたいと思っても結局どういうものがアクセスに繋がるかなんてわかりません。

「数打ちゃ当たる」といえばそうなんですけど、本質はそこじゃないと思うんですよ。

自分の頭の中には、本来たくさんのコンテンツがあります。しかし言語化されていないために

不人気でも書こう

f:id:kec_sad0resu:20180606154500p:plain

 

ある意味、ブログの価値は記事数だからです。

 

そして記事数を書いていくうちに別のことが浮かんできます。

あなたの頭の中にあるアイデアは混沌としており、形になっていません。

 

形にするには「言語化」されなければいけませんから、とにかく言葉にしてみましょう。

そうすることで別の言葉が引っ張り出されてくるようになります

 

クオリティを求めすぎて書きかけの記事をそのままにしておくのはもったいないです。

確かに自分でも吐き気のするような記事は沢山出てきますけど、そんなのはほとんどの人が見ません

どんな記事であってもかけるものであればなんでも書くべきですね。

 

「ホスティングの問題」で掲載されないのは慣れっこ - ノーミソ刺激ノート

 

↑こういうのは実際にこういう問題に出会わないと読む気になりません。

単語はわからないですし。

 

よく言われるのは最低100記事という話ですよね。

これは要するに100もあれば関連しあう記事が出てきますから相互リンクができやすくなります。

 

私自身もそれは体感していますし、100という数字はちょうどいい数です。

ここまで書ければブログの書きかたも板についてきますし、読者数も増えてきます。

ブログを見てても100記事行ってると行ってないとでは信頼感が違いますよね。

ですから継続的に毎日投稿すればいいんです。

 

毎日投稿する方法 - ノーミソ刺激ノート

 

毎日投稿する方法2 - ノーミソ刺激ノート

 

運営の記事は伸びない

f:id:kec_sad0resu:20180606154537p:plain

私の体感ではブログに関する運営の話は伸びにくいです。

伸びるとしたら具体的な数字が出ているものや運営がうまくいかないという不幸系は無関係の人でも気になることですから伸びることはありますけど。基本的に伸びません。

 

10000PV達成したことに関する考察 - ノーミソ刺激ノート

 

アクセス数が下がった原因を考えてみる - ノーミソ刺激ノート

 

でも、かといってそういう記事は書くべきじゃないかと言ったらそんなことないと思うんですよね。

 

確かに短期的に見ればブログの書き方やその収益に関することはブロガーじゃないと見る価値がないわけですからアクセス数は基本的に伸びないでしょう。

 

ブログを読んでくれる人はほとんどがブログを書いていない人ですから。

ブログの読者というのは単純に情報が欲しい人や暇つぶしで読むわけです。

 

そこでブログを書くことに対する体験談や細かな専門用語が少しでも出てきてしまうと、書いていない人からしてみたら身近な話ではないですから読んでいて面白く無いでしょう。

かといってブロガーも読むわけですよ。

私自身、自分のブログの参考に多くのブログを読みますし、ブログの運営に関することも多く読みます。

 

ブログ運営に関することは絶対数としての読者はあまり見込めないかもしれませんが、長期的に見れば継続的にちょくちょく読んでくれる人もいるわけですよ。

記事には短期的にドカッと来るものと長期的に来てくれるものがあるので、目先の利益のためだけに記事を書いていても続かないと思います。

しかも1つの記事を書いたことで一応の実績になります。

 

先に書いた通り記事数が少ないとブログ自体の信頼が得られません

 

3か月でブログの収益が上がった話。 - ノーミソ刺激ノート

 

しかも書いたらその分書く練習にもなるわけです。

となると書かない手はないですよね。

確かになれないと文量は書けないかもしれませんが、書いているうちにうまくなるもんです。

 

初心者のためのブログの書き方 - ノーミソ刺激ノート

 

気持ちを言語化する方法 - ノーミソ刺激ノート

 

私自身過去の記事は沢山リライトしてますけど、それでも追いつけないくらい書きすぎて、大学の頃のアホ記事は放っておいたままのものばかりです。

 

ブログは決して収益のために書くものではありません。

書き手自身の生活の充実のために書くんだと思うんですよ。

もちろんアクセス数は励みになりますけど、何事も長期的に見たほうが結果がついてきてくれるはずです。

ですからどんなものであろうと「書きたい」と思えるものであれば書くべきです。

 

そして書いているうちにヒットする記事がポンッと出てくるもんです。

「数うちゃ当たる」と言いますが本当にそうです。

最初から当たる記事を書こうとしても無謀です。

 

この記事は人気が出ないかもしれませんがここ記事で書いていたことによって別のアイデアが芋づる式に出てくるんです。

ですから書きたいことがなくても何となくの日記のようなものでもいいから書き始めてみましょう。

ただの日記は読まれることは少ないですが、そこから「アイデアのつる」が出てくるかもしれません。

書いていくうちに書きたいことが増えてくるのでそのうちに思いもよらないヒット作が生まれるものです。

 

コンテンツを選ぶ力こそ「教養」だ - ノーミソ刺激ノート

 

利益につながるブログについて考えてみた。 - ノーミソ刺激ノート

 

継続はモチベーションの問題ではない - ノーミソ刺激ノート

 

気楽なブログの書き方 - ノーミソ刺激ノート

スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード