ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

読者数が下がった原因を考えてみた

 

読者数が下がるブログとは

f:id:kec_sad0resu:20180526150104p:plain

読者数が減りました。二人ですけど。

原因は明らかなんです。記事の質が下がってるんですね。


今まではあまり変わらないスタンスでやってたんですけど心に余裕がなくなって来るとついつい新しいことに気持ちが向かなくなって、質の悪いものができてしまうんです。

特に読書に関することが多いですから読者の目も厳しいのかもしれません。

 

読書する意味 - ノーミソ刺激ノート

 

後で読み返したら誤字脱字も多いし、配慮に欠ける文章が多かったです。

今まではがむしゃらに書いていてある日突然読者数が上がったので、文章の質とかはあまり気にせずに書いていました。

 

読者数が伸びた理由を考える。(はてなスターも増えた) - ノーミソ刺激ノート

 

が、最近余裕がなくなって来ると書いていてあまり楽しめないんですよね。

それがもろに出てたみたいで、スターの数も少ないので「おや?」とは思ってたんです。

で、やっぱり下っていくもんですね。

 

長期的に考えたらそんなに悪いことではない

でも読者数が減ったおかげでやっぱり文章をちゃんと読まれていて、質にもちゃんと厳しく来てもらっているということが分かりました。

 

元々イヤイヤでやっているブログならここで辞めるかもしれません。

でもそもそも書くことが好きですからやめるほどの理由でもありません。

むしろ長期的に考えたらずっとうなぎのぼりというのもおかしな話で少し穴が開くところもあってもおかしくないし、そういう経験があったほうが後々ネタに困らないでしょう。

ブログというのはあらゆる経験がネタになるんですから。

長期的にここでどういう反応があったという事を記録して、覚えておけば何かの役に立つでしょう。

 

よく宣伝のために読者登録するって話聞くじゃないですか。

私はそういう事はあんまりしないんですけど、そういう気持ちもわかりますし、これからするかもしれません。

そういう宣伝のためのものばかりかと一瞬思ったりしたんですけど、しっかり記事を読んだうえで読者登録してくれているんだとちゃんと実感できたことは大いなる収穫です。


結局書いていることは自分勝手なことになるので書きながら不安でもあるんですよね。

今まで自由に思ったことを書いていればそれなりに反応が良かったんですけど、余裕がなくなるとそういう自由な発想というものが明らかにできなくなるんですね。

 

ここ最近雑用が多くて質を上げることができませんでした

雑用しながら記事の質を上げるってどういう事なんだろうって考えたんですけど、リラックスすることなんですね。やっぱり。

 

ブログの記事ごときで、と思うかもしれませんがブログと言えど書くことはクリエイティブな作業なので「気分」が大いに関係してきます

となるとその時の気分で質なんて簡単に変わるんですね。

普段は図書館で悠々と本を読んでそこで思ったことをさっと書いてたんですけど、最近は本が読めていません。

 

図書館に「慣れる」ということ。 - ノーミソ刺激ノート

 

書いている手が止まらない方法 - ノーミソ刺激ノート

 

ただしばらくはこの調子かというと、そうかもしれないですけど、余裕を持たせるめどはたっています。

やっぱり人生は余裕がないと駄目ですよ。

 

今日は図書館で本を読めたんですけど、やっぱり本を読んでいる時間が一番クオリティの高い生き方だなって実感してます。

人から依頼されてそれっきりの仕事ではなくて、やっぱり自分で文章を書いて得た報酬のほうが気持ちいいですし。

いい記事が書けるメンタル

f:id:kec_sad0resu:20180619000236p:plain

他の人にも共有できるようにいい記事がかけるときのメンタルの状況をまとめておこうと思います。

 

  • リラックスしている。
  • 書くことを楽しんでいる。
  • 書くことだけに集中している。
  • 書いていないときでもネタを繰ってしまっている。
  • 現状を楽しんでいる。
  • アクセス数を気にしていない。

 

という感じでしょうか。

逆に反応の悪いときの記事を書いているメンタルの状況をまとめました。

 

  • 書くことが嫌になっている。
  • 楽しんでいない。
  • 過去のことをネタにしようとしている。
  • 書くことが億劫になっている。
  • アクセス数を気にしている。

 

という感じですね。

よくこのブログでも本は人だという事を言ってますけど、ブログもまたその人の人間性が出てきているんだなと読者の反応を見て思えました。

スポンサードリンク