アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

卒論、論文やレポートの必需品

広告

 

文章を書くのは大変!

私は文章を書くのが好きですけど、義務感のあるものはどんなものであれ好きにはなれません。ですからできるだけ楽をしましょう

 

レポートや論文などは「引用」が求められます。

引用がカギといってもいいくらいです。

何でそんなに重要かと言ったら文章がちゃんと読めてるかってことが重要なんです。

論文は自分の論を示すものではありますが、その論拠は過去の学説でないといけません。

なぜなら学問は積み重ねだからです。ですからちゃんと積み重ねがなされているかを示すために先行研究を読み込まなければいけないんです。それを証明するために引用文を載せるんです。

 

引用がらくらく進めれば全部がツツがなく進むと言っていいでしょう。

 

最速で読書感想文を書く方法(良質な) - ノーミソ刺激ノート

 

書くことは読むことが基本です。それをおろそかにしている行為、それがコピペで、それは許されざる行為です。

が、ちゃんとコピペをするなら問題はありません。

 

つまりちゃんと二段下ろして書くなどして形式を整えるんです。そして文章の後ろにちゃんと参考文献として載せればいいだけです。

 

じゃあその文章はどうするかって言ったら昔は一々手書きで書いてたわけですが、今はコピペができるんですよ。でもネットやデータ上の文章ならいですけど、本でしか書かれていないものは大概手書きで書かないといけませんでした。

 

が、スキャナがあれば問題ないんです。

 

スキャナは便利

昔のスキャナって遅かったんです「ウィンウィン、スキャンスキャン・・・」って音がして長く待ったもんでした。

一枚スキャンするのに物凄く時間がかかった記憶がありますが、いまは機械をサーっと通るだけでスキャンしてくれるものがあります。

 

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

 

学生にとってみれば少々高いかもしれませんけど、文系の場合、参考文献が大量に出てきます。引用したい場所だってたくさん出てくるじゃないですか。

寧ろ文系の論文というのは引用だらけです。

引用がないと評価されませんからね。

 

その引用資料をいちいち打ち込んだりするのは物凄く徒労です。それをしなくて済むんですよ。

 

大学院時代に研究室にはこの手のスキャナがあったんですけどとても捗りました。

↓画像です。

f:id:kec_sad0resu:20180719185533p:plain

こういう風に開いて、50枚ほど一気にスキャンしてくれます。

 

  • 読取方式: 自動給紙方式(ADF)、両面同時読み取り
  • 原稿搭載枚数: 最大50枚(A4:80g/㎡)

両面印刷でも設定で両面スキャンしてくれるので自炊にもってこいですし、PDF化してスキャンしたものを文字情報としてコピペできます。もちろん参考文献として書き入れないと駄目ですよ。

 

かと言って古い本や、外国語書籍の場合は文字認識がちゃんとしない場合もありますけど、そこは私は一々直しました。

もしかしたらもうじきその辺もちゃんとしてくれるソフトが出るか、もう出ているかもしれませんが。

 

地の文は手書きメモをしたほうがいい。

「地の文」っていうのは自分の文章ってことです。その部分は説明的、事務的な部分はのぞいて自分の意見を書くなどのところは基本的にいきなりキーボードで書かないほうがいいです。

 

なぜならキーボードで書くよりもペンで書いたほうが感覚的に書けるのでメモとしては圧倒的に手書きのほうがいいからです。

 

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.5 青 10本 B-JJ15-BL
 

 

 

コクヨ コピー用紙 A4 白色度80% 紙厚0.09mm 500枚 FSC認証 KB-39N

コクヨ コピー用紙 A4 白色度80% 紙厚0.09mm 500枚 FSC認証 KB-39N

 

 

そういうものも無くしてしまったらその時の感覚は二度と出てこないので、無くさないためにも一日書いたものはいったんスキャンしてしまえば画像ファイルとして残すこともできます。

 

そういうこともスキャナは本当に便利です。

 

書いている手が止まらない方法 - ノーミソ刺激ノート

 

スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード