アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

気楽なブログの書き方

広告

 

ブログは遊び

ブログって収入得られるんですけど、所謂「仕事」って思わないほうがいいですよ。あくまで遊びとして書くんです。

f:id:kec_sad0resu:20180727192132p:plain

 

だってこう書かなきゃいけないっていう決まりは無いんです。

積み木遊びやお絵かきみたいな感覚ですね。

決まりが無いから書けないんだって言う人もいるでしょうけど、誰だって思うことはあるでしょう。それを箇条書きでもいいんで書けばいいんですよ。

 

学校の作文のように書かなくてもいいんです。学校の作文はこう書けっていう指導はありますけど、それと同時に評価もなんとなく気になるじゃないですか。

その評価は先生一人が学校教育上の作文の評価として付けるものなので、「こうじゃなきゃいけない」というものはなんとなくあるんです。それを生徒も悟るんですよね。

確かに文章上の最低限の決まりとかはあります。それは中学生レベルでは知るべきですけど、だからと言って学校でやらなくても現代は検索すればそんなのはいくらでも手に入るんですよ。

で、添削はプロを探してメールでもなんでもネットで送ればいい。

確かにフェイストゥフェイスでやったほうがいい指導もありますからそれはそれで選べばいいんです。というかそういう風になるでしょう。教育も民営化されるんです。

 

ネット教育改革で学校制度がなくなる? - ノーミソ刺激ノート

 

でもブログは不特定多数の人が読むものなので一定の評価があるわけじゃないんですよ。

 

ブログはちゃんと書かなくていい - ノーミソ刺激ノート

 

失敗OK

そもそも遊びに失敗はありません。あるのは楽しいか楽しくなかったかです。

楽しくなかったらルール変更してつくりかえればいいんです。ごっこ遊びのような感じです。

さらに何でかと言ったら「仕事」って考えたら失敗は許されない感じするじゃないですか。ミスしたら怒られるとか、更新が遅れてら生活に響くとか。

 

でもブログってそんなこと無いんですよ。失敗しても所詮ブログですし、間違ったこと書いても読者は記事数の少ないブログで書いてあることなんか信じないです。

ブログに書いてあることを信じるのは継続的に書いてるブログか、有名人のブログでしょう。要するに信頼が重要です。

キーボードで打つとよく書き損じが起きますよね。変換ミスとか。

そういうものはよくあることなので読者はそんな一々引っかからないんですよ。

まだ文章読みなれてない子供じゃない限り。

ですから多少間違ったことを言っても大丈夫です。

で、後で気づいたらリライト(書きなおし)しちゃえばいいんですよ。

更新が遅れたってなんだって要するに書けばいいんです。仕事での遅刻は評価にかかわりますけど遊びの遅刻は多少大目に見られるでしょう。

 

最低100記事とか言われてますけど、書きまくってればそんなのすぐですよ。

いちいち気にしてるから書きたくなくなるんです。書かない理由を探してるから書かないんですよ。考えずに書き始めればどんどん書けます。

で、疲れたら今日はここまでって感じで辞めればいいんです。よく1記事1000字とか言いますけど、初めての人はそんな易々と書けないですよ。200字くらいでいいです。原稿用紙の半分ですよ。もっと言えば写真一枚でいいです。

 

仕事じゃないからいくらでもできる

私はこれまで1000記事以上書きましたけど、誰かに言われて書いたわけじゃないです。好きで好きなことを書いているだけなので、全然苦じゃないんです。

 

読書と語彙力と「空気」 - ノーミソ刺激ノート

 

人気のない記事でも書く意味 - ノーミソ刺激ノート

 

初心者のためのブログの書き方 - ノーミソ刺激ノート

 

途中で面倒になった時は休みましたけど、3か月でやっと収入が100円くらいになった時にうれしくなりました。

だって拾ったようなもんです。好きで書いてるんですから、ゲームをやっているような感覚です。

 

4か月で200記事到達して思ったこと。 - ノーミソ刺激ノート

 

「やりたくない仕事は禁止」という会社 - ノーミソ刺激ノート

 

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク