アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

お笑いとリズム感の関係

広告

世の中には無茶ぶりというものが蔓延るじゃないですか。その時に咄差に気のきいたことってなかなか言えないですよね。

 

テレビでお笑い芸人が「大喜利」という形でそのお手本をショーという形で見せてくれますが、なかなか素人にはその様なことができません。

 

私も一人で考えてみましたがサブい答えしか思い浮かばないんですね。

そういう人は多いんじゃないでしょうか。なのに普通の会話の中である程度仲良くなると関係性の中で「おもしろさ」が求められるようになるんですね。

 

じゃあどうすればできるようになるかって言ったら日ごろの訓練とセンスなんでしょうけど、センスは大人になってからじゃどうしようもないところがあります。

となったら訓練です。

どうやって訓練したらいいか、そういう指針がなかなか見つかりませんでした。

が、結構古い動画ですけど勉強になる中京テレビの公式動画がありました。

 

youtu.be

これは大喜利大会での優勝常連のバカリズム氏と放送作家の倉本美津留氏の番組で、それに加えて数人の芸能人で実験的な大喜利をやる番組です。

 

素人がお笑いについて語ってもサブいのであんまり書きたくありませんが、これを見て重要だと思ったことがあるのでそれを纏めるだけに留めます。

 

  • すぐに答える
  • リズム感が重要
  • 考えない
  • 一般的なことを答えない
  • 特殊なこと、個人的なことが良い

 

大正解は狙わなくても少なくともスベらないように「やってはいけないこと」を分類します。

 

やってはいけないこと

  • 時間をかける
  • リズムを乱す
  • 考えて答える
  • 一般的なこと(常識)を答える

 

こういうものって掴めそうで掴めないんですけど、たくさん見聞きしていたらなんとなく共通点が見えてきます。

下手に小賢しいことを考えたら駄目なんですね。

リズム感を大事にしてるのはこの動画を倍速にしても面白いので分かると思います。

つまり音楽的なんですね。

音楽は速さを変えてもいいように、面白い漫才や大喜利も速さを変えてみても面白いんです。ですから頭、内容だけではなく、体でも言葉を感じているんですね。

 

f:id:kec_sad0resu:20180730193029p:plain

こういう大喜利番組を見て自分も考えてみようと思っても上手いこと思い浮かばないじゃないですか。当然生まれつきのセンスのようなものもあるでしょうが、だからと言って諦めてもしょうがないです。

何より一番まずいのは空気を乱すことがサブいので、動画の中の人たちは内心ピリピリしながら笑顔になっているのも興味深いです。

 

ですから日ごろからそういうことを考えていたらイザという時にいい結果が残せるかもしれません。

 

日本の音楽が外国で受けない理由。 - ノーミソ刺激ノート

 

純文学に入る前に読みやすいものを読もう(お笑いにも通ず) - ノーミソ刺激ノート

 

音楽のと文学のリズム感は通じる(漱石は多分音楽が好き) - ノーミソ刺激ノート

 

「頭がいいだけのやつ」がつまらない理由 - ノーミソ刺激ノート

 

むちゃブリされた時のコツを考える - ノーミソ刺激ノート

 

「楽」の本来の意味 - ノーミソ刺激ノート

 

スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード