アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

日本語に一人称が多いのはなぜか。

広告

言語による違い

 

英語であれば ”I” しかありませんし、現代中国語は基本的に「我」(Wo)だけです。

しかし中国語は方言によって「俺」(an:男女問わず)「本人」(benren:書き言葉)など案外いっぱいあります。

古代中国語(漢文)ではもっといっぱいありました。

よくあるのは、予、余、吾、朕(貴族が使っていたが後に始皇帝が独占)妾(女性語)、臣(君主に対して)あたりでしょうか。結構いっぱいあります。

 

日本に文字が発生しなかった理由を考察 - ノーミソ刺激ノート

 

漢字文化の基礎知識 - ノーミソ刺激ノート

 

もっと他の外国語を見ればあると思います。

 

これってなんでかといえば関係性が関係してるからです。

現代日本でも会社の関係性だったり、男女間だったり、家族関係だったりで一人称が平気で変わります。もっといえばそれに付随する言葉全体の雰囲気も変わりますよね。

日本はもともと個人主義ではありませんでした。人と人との一対一の関係性、全体と自分との関係性で個人の立場が変わります。

ですから明治~大正にかけてになって欧米から「個人主義」の考え方が導入されて日本人はずいぶん当惑しました。

代表的なのが夏目漱石ですね。

『私の個人主義』なんかを学習院で講演していましたが内容がよくわかりません。

 

漱石人生論集 (講談社学術文庫)

漱石人生論集 (講談社学術文庫)

 

 

養老孟司もそのことを言ってました。

 

「他人」の壁 (SB新書)

「他人」の壁 (SB新書)

 
「自分」の壁(新潮新書)

「自分」の壁(新潮新書)

 

 

「自分の意見」を持つ方法 - ノーミソ刺激ノート

 

現代日本人も私を含めて何となくわかるようでわかっていません。

それはもう一人称がたくさんあることを今現在も使っている通り個人単位で物事を考えていないからです。

それは日本人が馬鹿なのではなくて文化の違いですね。

ですから一人称の使い方が独特なせいで文学も独特です。

『源氏物語』は日本語独特の主語が少ない文学です。なぜなら関係性で話し方が変わるから書く必要がないんですね。

 

源氏物語を最後まで読みとおしたい!その方法 - ノーミソ刺激ノート

 

源氏物語 ─まんがで読破─

源氏物語 ─まんがで読破─

 

 

『吾輩は猫である』の英訳は何とも味気ないですが、こういう風に書くほかありません。

I Am A Cat (Tuttle Classics)

「吾輩」を英語文化の人に説明しようにも、たとえば、

 

「日本語には一人称が複数あって、それは関係性によって変化する。

その中でも「吾輩」は尊大な表現であり、それを飼い猫が使っているところに可笑しみがある」

 

と、仮に説明されても、なかなかピンと来ないと思います。もしかしたら良い注釈が本文中にあるかもしれませんが、それでもタイトルに「Wagahai」は使えないでしょう。

宗教的な基盤の違い

ヨーロッパではキリスト教が文化の基盤にありますから根本的に世界は「神と私」の関係でOKで、他の人間は全部平等ですよっていう関係です。ですから「私は私」で成立します。

しかし日本の場合は簡単に言えば「八百万の神々」なので、全部が神様でありえます。もっと言えば神社で人が祭られているように人(他人、親戚、先祖)も神でありうるんです。

これは中国の伝統的な考え方も一致します。

日本語と中国語の漢字の考え方は微妙に違う所がありますが、古典を共有してるだけあって共通個所も多いです。

漢字の「神」(しん)は「魂」の意味もあって、この考え方は日中で共通しています。

 

中国人の漢字の考え方って日本人と違うって知ってた? - ノーミソ刺激ノート

 

日本人が引用すべき古典はない。 - ノーミソ刺激ノート

 

AIに殺される日 - ノーミソ刺激ノート

 

外国人にとって難しいか

だから外国人はそれで難しいかと言ったらそんなことないんですよ。

私は日本語教師もしていましたが、日本語学校では一人称は「私」の一点張りです。

他のことを教えると混乱しますからね。個別で質問があれば答える程度です。

なぜなら「私」さえわかれば学校でも社会でも問題ないですからね。

日本語学校では初級クラスで「僕」を使う男子学生がいましたが、その時は「僕は先生や会社の人には使わないようにしましょう」と言っておきました。彼は中国人だったので上下関係についてピンときた様子でした。

厳密に言えば使っても可能ですけど、それは何度も言うように個人同士の関係性ありきです。日本語学校に限らず教育現場ではとにかく学生、生徒が間違えないことが重要なので複雑さを教えるよりも安全な道を指導します。

 

日本語が世界で難しいと言われる理由 - ノーミソ刺激ノート

 

大学からの第二外国語習得のすすめ - ノーミソ刺激ノート

 

辞書を読むと本当に語彙力が上がるか - ノーミソ刺激ノート

 

日本人が外国語が苦手な理由 - ノーミソ刺激ノート

スポンサーリンク 関連コンテンツ インフィード