アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

オシャレじゃない男のためのTシャツ入門

広告

Tシャツはコスパがいい

オシャレにはある程度の努力やお金が必要です。

 

好きな人は常日頃アンテナが貼ってますからそれに気を遣えるでしょうけど、多くの人はオシャレ以外のことが気になって、そちらに労力を使いがちです。

それはいいことです。

かと言って全くオシャレを無視して生きてしまうとそれ以外の人生で不利益を後部る場合があります。

それを避けるために、最低限のことを気遣えば、着ている服に時間をかけずに済みます。

 

Tシャツの場合、低コストで皆に納得してもらえるようなものをそろえることができるんですね。

 

Tシャツはそれほど高いものでなくとも、柄自体で相手に記号的なメッセージを与えることができます

 

変におしゃれだと思う服装を工夫しても、そのスキルを得るには時間がかかります。が、Tシャツであれば効率よくファッションをこなすことができるんですね。

 

私の場合は友達と一緒にジムによく行くので、そのトレーニングウェアとして着ることが多いんですが、その時は楽しく、円滑にトレーニングをするためにできるだけ変なシャツは着ないようにしています。

 

服装の効果 

オシャレというのは、「自分がいいと思うから、美しいと思うからやってるんだ」と思いがちです。

が、それは自分はこうありたいという内面に対する効果です。一方、それだけではなくて「自分はこういう人間だ」ということの外面に対するアピールの効果もあります。

 

例えば女子高生のミニスカートは他人に対して見せびらかしたいからそうするのではなくて、「自分がそうしたいから」という話が有りますね。

自分は女子高生になった、「こうでありたい自分」という理想像へのあこがれからミニスカートを履いているだけで男性に対するアピールではないという話です。

 

同じように、明らかにカツラなのに頑なにそれを被るおじさんも、ハゲおやじではない、「こうでありたい自分」のために被っている場合が殆どで、人にバレようがばれまいが構わないという気持ちの表れの可能性が高いんですね。

 

自分はオシャレな人間でありたいなら常にオシャレに心がければいいでしょう。しかし全員がそういうわけではありませんよね。

 

人は無意識に他人の服装を見た時、「どういう人間か」ということを測っています。

人間は考えることを省エネするのでいちいち個性を考えて人を見ることはありません。

実際、人はそれぞれ違うとわかってはいますが、そんなことを人生の全部で考えていたらキリがありませんからね。

 

普通、年齢を無視すれば、スーツを着ていれば「しっかりした人だな」と思うし、学生服を着ていれば「学生だな」と思います。

それは服装が記号として機能しているからですね。

人間は物事を「同じ」として概念化することができます。

 

ですから、いちいちオシャレになろうとせずに、自分のアピールとして、最低限の服装をしていれば可笑しいことにはなりません。

 

人のパワー配分には限界があります。他にやりたことがあってもファッションに自信がないばかりに他のことへの集中が妨げられるのであれば、Tシャツコーディネートで無駄な力を使わずに適当に誤魔化して乗り切るという考え方も一つの手です。

 

芸能人の力を借りる

例えば自分がある芸能人のファンであると公言していたらそのライブTシャツや公式グッズの物をつけていたらわかりやすいでしょう。

 

 

スポーツウェアに徹する

 スポーツウェアは機能性も高いうえにそれだけでスポーツマンの記号を手に入れることができます。

特にスポーツをやっていなくてもそれを着ているだけでオシャレじゃない人にはなりません。

 

動物の力を借りる

上記した通り、動物は人類共通の「象徴」としての力があります。

  

 

特別動物好きでなくても、動物はキャラクター的要素がありますし、その人を象徴させる力があります。

自分をこう見せたいと思わせたり、逆にキャラとは真逆の動物を着ることによってギャップを見せることもできます。

オタクで振り切る

思いっきりオタク度を見せたいならそれに振り切ってしまうのもいいかもしれませんが、それは狭いサークル(友達同士)内で抑えたほうがいいでしょう。

 

自分をどう見せたいかにもよりますが、普通に生活したいのであれば、大学などの広い所で一人で活動するときには下手に目立つものは着ないほうが無難です。

 

しかし振り切る際には変に抑えすぎるのも面白くないので振り切ってもいいかもしれません。

 

Pizoff(ピゾフ) メンズ タンクトップ おもしろ 吸汗速乾 コンプレッションウェアY1783-01-S

ズボンはどうするか

それに合わせるズボンはできるだけそのシャツが目立つように、ノーマルなもの、ダサくないものがいいでしょう。

つまり柄物や、安っぽい中学生も履いているようなGパンなんかもやめたほうがいいです。

一番無難なのは黒いチノパンですね。

(アーケード) ARCADE チノパン メンズ ボトムス スキニー ストレッチ 細身 タイト スタイリッシュ パンツ カツラギ 88 ブラック

この手のものは着回しができるので、数種類持っていてもいいでしょう。

同じチノパンばかりだと顔を合わせる頻度の高い友達に直接言われないまでも「こいついっつも同じの履いてるな」と思われてしまいます。

実用度で言えばカーゴパンツがいいでしょう。ポケットもたくさんあって荷物をたくさん持たずに済みます。

(リミテッドセレクト) LIMITED SELECT M3 RAFFRULE ミリタリー 2WAYカーゴパンツ メンズ RH-0134 M サイズ A ブラック 02

夏はハーフパンツや七分丈もあるのでそれを使うのもいいでしょう。

(NAIL39) ハーフパンツ メンズ 七分丈 スタイリッシュ カジュアル 大きいサイズ シンプル快適 通勤 ハーレムパンツ カーゴパンツ スリム 春 夏 秋 (ブラック 黒、L)

 

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

 

教養を身につける

 オシャレに使うパワーはこれくらいにして、それ以外のことに力を使うのであれば、一番コスパがいいのは本を読むことでしょう。

外見がある程度マズくても、教養が人よりあれば人からの評価は有利になります

 

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

 

筋肉をつける

ある程度筋肉が付けばTシャツでもかっこよく着こなせるようになります。

全体的なラインが筋肉質的になって来るのは本格的にやって3~6か月と言われています。

少しラインが見えるだけでオシャレに気を付けなくてもいい体形になれば、安くい済みますし健康的にもなれて一石二鳥です。

 

おススメはTシャツでもよく見える前腕(リスト)ですね。

 

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

 

お腹が出ていてもカッコ悪いので腹筋も鍛えたいところです。しかしいきなりへこむことは難しいですが、おなかのインナーマッスルを鍛えることによって胴回りが締まってお腹が出にくくなるので、その点は手っ取り早いですよ。

 

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク