アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

サイドバー、入れておくか?消しておくか?

広告

サイドバーとは

これです。

ブログによっては有ったり無かったり、左右のどちらかにあるバーですね。

f:id:kec_sad0resu:20181001133135p:plain

普通は入れてると思うんですよ。

そして普通は入れておいた方がいいと思います。

しかしその存在意義をしっかり分かっておかないと、ブログカスタマイズに際に迷いが出るんですね。

無い方がいいんじゃないか?

ほとんどのブログは入れていますが、あるブログに、

 

「サイドバーを入れるとスマホの場合、それが最後に置かれるから、アドセンス広告も見づらくなるし、消した方がいいかも」

 

みたいなことが書かれていて、これに私は、

 

「たしかに」

 

と反応したんですね。

 

もともと私はブログをできるだけスッキリした感じにしたかったんです。

その方が読者からしても見やすいだろうしと思って。

 

私が参考にしているブログは大概がすっきりしているのでそっちの方がいいかな?って思いました。

ブログは考えずにまず行動!という理念のもと、すぐに消しました。

 

で、しばらくしてみたらアクセス数が少ないという事に気づきます。

でも、これ、サイドバー関係ないと思ってたんですよ。

 

「あんれー?金曜日だからかなー?」

 

と思ってのんきにこんなTwitterしてました。

気にはしてるんですよ。でもここ最近はアクセス数に波があったんで、いちいち気にしていても心を消耗するだけだと思って「気にしない」という方針にしたんです。

ブログ運営は不安定なものなので「気にしない」という戦法は有効です。

ブログなんかに一喜一憂しないほうがいいです。

 

↓関連記事 

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

 

アクセス数の低下

しかし気になってグーグルアナリティクスの数字を見ても1や0が続き、結果的にその日のアクセス数は200PV台に。

f:id:kec_sad0resu:20181001131700p:plain

 

ここ最近は平均300PV台から抜け出して300後半~600くらいまで波がある状態でした。

 

f:id:kec_sad0resu:20181001131859p:plain

 

だからこういう波もあるもんだとも思ってたんですけど、ここでやっとピンとくるんです。

 

「あれ?サイドバーの件かな?」

 

と思って戻した結果、アナリティクスも、一時間ほどで何時もの見慣れた数字をキープしてくれました。

アクセス数が戻った

 

f:id:kec_sad0resu:20181001154135p:plain

結局サイドバーはある方がいいか、ないほうがいいかはブログによるもんだと思います。

はじめの内は固定した読者さんもいませんし、とにかく見るチャンスを設けるためには絶対必要だと思います。

しかし更新していくうちにどんどんブログの形というのは変わってくるもんです。

 

それこそ千差万別です。

私自身も参考にしているブログが少なすぎたと思いました。

 

とはいえ、このように試行錯誤したからこそほかのブログの工夫が見られたので一時的でもPV数が減ってしまったのは、いい勉強になったと思います。

こういうことは皆さん経験することだと思います。

 

本当にブログは色々あります。自分のブログに合うカスタマイズの仕方があるんですね。

それは書かないとわからないですし、カスタマイズしないとわかりません。

普段、読書系の記事で「自分に合う本、合わない本がある」っていうことを何度も書いてるくせに、その辺が分かってませんでした。

 ↓関連記事

www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com

 

結果的にはこういう試行錯誤してよかったと思ってます。なぜかといえばずっとサイドバーの存在意義に疑問があったんですね。

 

だからこそ今回の件はそれはそれでよかったと思います。

でも、かといってこの状態がいつまでも続くわけじゃないと思います。

記事は書けば書くほどブログの全体の感じは変わっていくでしょうし、それと併せて仕様は変えていくべきです。

ですから何度も自分のブログを読者目線で見ることを繰り返した方がいいんですね。

 

アクセス数が下がった時の対策 - ノーミソ刺激ノート

 

人気のない記事でも書く意味 - ノーミソ刺激ノート

 

利益につながるブログについて考えてみた。 - ノーミソ刺激ノート

 

アクセス数がガクンと落ちた要因 - ノーミソ刺激ノート

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク