アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

悪口のメリット「呪いについて」

広告

悪口の気持ちよさ

人の悪口言うと気持ちいいじゃないですか。

 

それは脳内で快感物質のドーパミンが出るからです。

しかし悪口を言うのはよくないと言いますよね。

それにも理由があって、悪口を言うということは「呪い」と一緒なんです。

言葉はただの言葉ではなくて情報です。その情報をキャッチすると、脳でその意味を感じてしまうんですね。

 

言語には主語と述語があると学びますけど、脳は主語を認識しません。

 

陰陽五行と日本の民俗

陰陽五行と日本の民俗

 
古代天皇と陰陽寮の思想―持統天皇歌の解読より

古代天皇と陰陽寮の思想―持統天皇歌の解読より

 
易、風水、暦、養生、処世 東アジアの宇宙観(コスモロジー) (講談社選書メチエ)

易、風水、暦、養生、処世 東アジアの宇宙観(コスモロジー) (講談社選書メチエ)

 

 ですから悪口は言わないほうがいいんですね。

日本語と主語

ちなみに日本語には主語が無いと主張する言語学者もいるんです。

考えてみれば、現代日本語も主語を言わなくても話が通じます。

『源氏物語』では、主語が殆どなくても誰が話しているかが分かります。

それは何故かといえば、立場の違いで言葉の使い方が違うからですね。

 

源氏物語を最後まで読みとおしたい!その方法 - ノーミソ刺激ノート

 

それは古典だから現代と違うかといえば、ほとんど変わっていません。

 

ですから不思議な話ではありますが、言語における方向性、「人に言うか」「自分に言うか」というものは、文法上あるという事になっているけど、根本的に脳の認識としては無いという事です。

だって誰かの悪口を聞いているとき、自分に対してじゃなくても悪い気分がするじゃないですか。

自分と関係ない人の悪口であっても、それは自分に言われていることと同じような反応が脳内では起こっています。

 

人に言う事は自分に言う事になるし、自分に言う事は人に言うのと同じ。

自他の区別が無いのが言語です。

日本語に主語はいらない (講談社選書メチエ)

日本語に主語はいらない (講談社選書メチエ)

 
主語とは何か?―英語と日本語を比べて (中部大学ブックシリーズActa)

主語とは何か?―英語と日本語を比べて (中部大学ブックシリーズActa)

 
英語にも主語はなかった 日本語文法から言語千年史へ

英語にも主語はなかった 日本語文法から言語千年史へ

 
日本語は論理的である (講談社選書メチエ)

日本語は論理的である (講談社選書メチエ)

 

 

主語が無くても通じるという事は主語は何でもいいという事になります。

ですから日本語は一人称がたくさんあるんですね。

 

日本語に一人称が多いのはなぜか。 - ノーミソ刺激ノート

 

日本に文字が発生しなかった理由を考察 - ノーミソ刺激ノート

 

日本語が世界で難しいと言われる理由 - ノーミソ刺激ノート

 

日本人を活かすための読書 - ノーミソ刺激ノート

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク