ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

「中国思想」が分からない人のための読書案内【深く読む】

広告

ハーバードの人生が変わる東洋哲学: 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

中国思想が分からない

中国思想が何だかよくわからないという人は多い。

そういう場合は、今の西洋人の解釈を読めばわかるかもしれません。

というのも、日本人が中国人の思想があんまり掴めないのは、

 

  • 時代が違うから。
  • 西洋的な思想に慣れてるから。

 

ということが考えられます。

そういう人のために読むべき本は、こういうものです。

 

ハーバードの人生が変わる東洋哲学: 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ハーバードの人生が変わる東洋哲学: 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 作者: マイケルピュエット,クリスティーングロス=ロー,Michael Puett,Christine Gross‐Loh,熊谷淳子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/06/19
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

これは、西洋人が西洋人のために作った、東洋思想の本です。

とはいえ、日本語訳がされていますから、日本人が読んでも読みやすい本になってます。

そして日本人が日本人のために作った本よりも、別の視点で書かれています。

 

「でも内容は、今までの日本人かだいた解説書と似たようなものなんじゃないの?」

 

と思うかもしれません。

しかし「思想」にテストの答えのような「正解」はありません。

あるとすれば「解釈」です。

 

「解釈」とは、視点によって答えが違うことです。

ちょっと読み比べたくらいでは、違いが分からないかもしれません。

しかし、アプローチ(進め方、読み方)が違うので、今までの「東洋思想」の本で掴み切れなかった視点が含まれていますから、理解が深まりやすくなってます。

 

「目の見えない人がゾウを触って、説明すると、触る場所によって説明の内容が変わる」という意味の

 

「群盲、象を評す」(ぐんもう、ぞうをひょうす)

という古代インドの言葉があります。

f:id:kec_sad0resu:20190224191651p:plain

画像:ウィキより

あまりに大きなものは、一部だけを説明すればその部分は正解かもしれません。しかし、全体を説明するには、多くの視点から物を見ないと、全体像は説明できないということ。

 

上記で紹介したような本も、今までの本と表面上は同じかもしれません。
が、書き方が全然違います。

内容は現代西洋人の常識、特に学生のために書かれたものなので、現代日本人でもなんとなく掴みやすい内容になっています。

 

一般的な日本人は、西洋思想を理解するのに時間がかかります。

それはその場所の常識が分かっていないからですね。

受験で「古文」を勉強する時に「古文常識」を知らないと読解が上手くいかないのと似ています。

 

西洋の古代哲学と、中国の古代哲学では、普通は、日本人になじみがあるのは「中国」のほうです。

しかも、書かれていることは「漢字」が多いので、親しんで読むことができます。

とはいえ、2000年以上隔てた現代の日本に住んでいると、西洋思想的な考え方が導入されていて、掴みづらくなっているのは事実です。

 

こういう時は、「西洋人の東洋思想の解釈の本」を読めばいいんです。

西洋人の「東洋思想の本」を読む

明治以降の日本の教育の考え方は、西洋化していっています。

ですから、イマイチ中国思想が頭に入ってこない、納得できない、というのは当たり前です。

 

ではどういうものがあるかといえば、繰り返しにまりますが、

 

ハーバードの人生が変わる東洋哲学: 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ハーバードの人生が変わる東洋哲学: 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 作者: マイケルピュエット,クリスティーングロス=ロー,Michael Puett,Christine Gross‐Loh,熊谷淳子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/06/19
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
図解 「東洋哲学」は図で考えるともっと面白い

図解 「東洋哲学」は図で考えるともっと面白い

 
ハーバードの人生を変える授業2 ~Q次の2つから生きたい人生を選びなさい~ (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業2 ~Q次の2つから生きたい人生を選びなさい~ (だいわ文庫)

 
東洋哲学キーワード事典

東洋哲学キーワード事典

 

 こういうものですね。

一番上のオレンジの本は、西洋人向けに中国思想をかみ砕いたもので、非常にわかりやすいんです。

「思想」は順番に読もう

昔は分からなければ、放って置かれるだけか、「100回読め」と言われたものです。

三国志には

「読書百遍、意、自ずから通ず」

(100回読めば、どんなに難しい本でも茶者の気持ちが分かる)

という言葉もあります。

 

だから「暗唱」というのがあるんですね。

「暗唱」は、哲学が経験としてよくわかっていない子供に向けて、「とりあえず覚えておけ」という感じで覚えさせる教育法です。

「論語の暗唱」とかですね。

 

たとえば小学校ではやたらと「歌」が多かったじゃないですか。

それはその教育の名残りだと思います。

 

文字がまだ上手く読めない小学生には、「読ませる」よりも、「歌わせる」ほうが、効率がいいと考えられたんでしょう。

このように、「学び」には段階(レディネス)があるので、「わかりにくい」からといって、「頭が悪い」と考えずに、「順番が悪い」と考えましょう。

 

その順番は人によって微妙に異なるので、色んな本に当たるしかありません。

ですから、

 

「自分」にとってどういう順番が一番学びやすいか

 

を模索しなくてはなりません。

「学校教育」では、イモ洗い状態ですから、最大多数に合うような教育法が取られます。

しかし、その条件に合わない人も出て気っ当然です。

 

更には「思想」「哲学」の場合であれば、学校で勉強することがほとんどないので、自分で模索しなくてはんけない比重が大きいんですね。

だからこそ、ネットでいろんなものを検索して、主体的に学ぶしかありません。

 【関連記事】

中国人の漢字の考え方って日本人と違うって知ってた?

 

教養をとにかく身につけたい!そんな方へ(文系)

 

海外と過去が距離感が一緒な理由

関連コンテンツ スポンサーリンク