アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

一日アクセス数(PV)が約300になった記録

広告

アクセス数って簡単に上がる(本人の意思とは関係なしに)

つい一か月前は一日2や3PVが普通でした。

毎日最低1記事を書き続けていたら、ずいずいアクセスが増えていきました。

             f:id:kec_sad0resu:20180423084207p:plain

大体はてなブログProに移行するなら一日200PVが続くなら移行したほうがいいとのことです。

         f:id:kec_sad0resu:20180423085256p:plain

なぜならグーグルアドセンスが使えるから。

グーグルアドセンスとは広告配信サービスのことで、今は無料ブログの状態なのでグーグルの広告へのアクセス収入ははてな側に入っています。しかしこれがプロになると広告をなくすことができて、自分自身でグーグルにブログを申請することによってアクセス収入が自分のものになるというものです。

 

アドセンスを使えば大体1PVに0.1~0.5円くらいの報酬の計算だから最低でも1日600円ほどの収入が見込めるからだそうな。

 

ずいぶんと幅がありますけどこれは記事の内容によるそうです。

 

一番実入りがいいのは化粧品や脱毛なんかのビューティ系が高いそうですけど、まあ到底私のはそんな記事は書けません。報酬がいいだけあって競争率も高いらしいですね。

 

私自身は男なのでそれに関するブログは見たことありませんが、噂だけは聞きます。

f:id:kec_sad0resu:20180401122347p:plain

ただいまのところ1日300PVがドンと来ただけなのでまだどうなるかわからないのが現状です。

ただ今までの傾向からして平日は下がるものの、平均値がガクンと下がることは無いので、近いうちにプロに移行する予定です。そのためにも毎日更新と、過去記事のリライトでブログ全体の質の向上を図ります。

 

私は大学の頃から書き溜めていた記事が800ほどあるのでその記事のリライトを余裕がある時にしてるのですが、まあ5~10年以上前のことなので内容が浅いと思いながら書き換えています。

ただ記事の内容にもよるのでその時の雰囲気を生かしながら見た目だけを変えたり、新しい記事へのリンクを誘導できるようにしたり、アイキャッチ画像を入れたりしています。

ブログ文学の技術

これはまあブログの文章の技術によってアクセス数はどんどん変わるでしょう。

が、いろんな要素があるでしょうから「これだ」というものは導き出せるようで、結局自分で感じるしかないんだと思っています。

感じるということは自分でどんどん書きまくるということしか手はないですよね。

 

この新しい記事への誘導というのが結構効いているようで、それをする前と後ではアクセスにちゃんと変化がついています。ただ、勿論みんながみんな誘導されるわけもなく、殆どの人はその記事だけを見に来た人でしょう。

ですから、滞在時間もお察しの通りではありますが、大体全体の1%くらいはリンク記事へとアクセスされているみたいですね。

 

当然リンクするならその記事とその文章の流れに合っていないと連動しにくいですが、するとしないとでは結果が全然違いますし、どうせこのブログは一人で書いているののなので、記事と記事には繋がりがあるわけです。

それをうまく説明できるかどうかがリンク付けの勘どころではないでしょうか。

 

読者数がもうすぐ3桁だからブログについて考える。 - ノーミソ刺激ノート

 

一か月で総アクセス数が1000突破したよ。 - ノーミソ刺激ノート

 

例えば上記のようにブログに関する記事をリンクに載せましたけど、多分これだとあんまりアクセスは伸びないんですね。関係が無いことはありませんが、あんまりリンクがなめらかではありません。

でもそれは仕方ないことで、このブログ自体にブログに関する記事が少ないので、リンクするものも少ないんです。

 

一方このブログ自体は書籍自体や読書、文学に関することが多いので、ブログの文章と文学的関連とを考えながらそのことを文章にするとリンクへの誘導がスムーズに行くかもしれません。例えばブログの文章を読むのには苦にならないのに、本の文章を読むのはどうもガタつくという人が多いと思います。

 

それはブログの文章というのは現在日本で生きている人間が書いているわけで、例えば小説の世界では100年前の話が平気で出てきたりするわけです。そうすると自分の生活とのリアリティに誤差が生じるからその世界に入りにくいわけです。

 

古典となれば1000年単位の誤差があって当然ですよね。外国文学に関しても同じことで、それは時間にしても空間にしても自分と距離があることは素直に納得いくということは慣れない限り難しいんです。

 

古典を読む意味を考える。 - ノーミソ刺激ノート

 

外国文学に興味が持てない人のために - ノーミソ刺激ノート

 

海外と過去が距離感が一緒な理由 - ノーミソ刺激ノート

 

というように書いていくと、ある程度リンクへの誘導が上手くいくはずなんですけど、奈何せんまだ技術がおっついていないので、もう少ししたら上手くなると思います。

 

毎日数記事リライトするとして1年くらいかかるかもしれません。どこからやるかといえばアクセス履歴を見ていると過去記事へのものをちょくちょくあるのでそれを参考に随時書き換えをします。

【追記】

これで喜んでいたら次の日に2000アクセス突破しました。

kec.hatenadiary.jp

ブログはちゃんと書かなくていい - ノーミソ刺激ノート

 

3か月でブログの収益が上がった話。 - ノーミソ刺激ノート

 

書いている手が止まらない方法 - ノーミソ刺激ノート

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク