アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

「武井咲」の読み方について

広告

最近武井咲(えみ)さんていう女優?アイドル?がテレビによく出てますよね。

名前を普通と違う読み方してることに保守的な人はイラっとくる人がいるかもしれませんけど、中国語を勉強してたり、漢字の知識がある人なら「おっ!?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ」って思う読みなんですよ。

 

中国人の漢字の考え方って日本人と違うって知ってた? - ノーミソ刺激ノート

 

日本語が世界で難しいと言われる理由 - ノーミソ刺激ノート



「咲」
という字は、漢字の意味も、現代中国語でも、
「笑」
と同じ意味なんです。
しかも発音も同じ「xiao4」(4は下がる音)。
形も似てますよね。

中国語で花が咲くことは「开花」(開花kai1 hua1)っていうんですけど、日本人が花が開くことと別のものが開くことを別個にしたかったんでしょうね。で、この字「咲」が当てられたと。

なので「咲」を「えみ」と読む名前はどちらかというと古風な名前で、「さく」という読み方のほうがアバンギャルドな当て字なんです。

漢和辞典にも「咲」には「えみ」と名前で読むように書かれています。

日本の花は「開いてる」だけではなく「わらって」いるんですね。(・∀・)
花が咲く季節です。もっと花を見ましょう。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク