アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

キンドルを5年使ってみて分かった、本当の使い方

広告

Kindle、電子書籍リーダー、Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

使ったから分かったこと

電子本は紙の本と同じように使ってはいけません

電子書籍のメリットとして、大体の人が思っているのは

 

たくさんの本が一冊分で済む

 

ということでしょう。でもそれってメリットの本当に一部なんですよ。

 

これは使っていなくても何となくわかりやすいことです。だからこそ初期のセールスワードでは効果があるから聞いたことがあるんでしょう。

 

しかし長く使ってみたら、紙の本と比べていろいろ違うんですよ。

でもまとめると二つ。

 

  • 検索ができる
  • 取り出しやすい

 

以上。これが素晴らしい。

 

ここを大きく指摘している人は少ないと思います。

これって使ったことが無い人からしたら、あんまり魅力的には感じませんよね。

「まあ、そうだろうけど」

って感じだと思います。

検索ができる 

でも「検索ができる」というのは記事内で必要なワードを検索する機能です。

 

これは価値として大きくて、読書のベテランであれば、色んな本を読んでいるうちに、

 

「あーあの本に書かれてた一文が気になる!」

「あの本に書かれてたはずだけどどの辺に書かれてたっけ?」

 

っていうことがあるはずです。

文章を引用したい場合には特に必要ですよね。

 

卒論などで文章の引用は必須ですが、変な引用をしたら卒業にかかわりますし、仕事でも変なことをしたら死活問題ですよね。

 

卒論、論文やレポートの必需品 - ノーミソ刺激ノート

 

失敗しない大学のレポートの書き方 - ノーミソ刺激ノート

 

人間の記憶はあいまいでありながら、何となく書かれていた本のメドは付くけど、どういう所に書かれていたかは覚えていないという事はよくある話です。

 

でもキンドルだと一発でできるんですね。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

取り出しやすい 

もう一つは「取り出しやすい」ってことですけど、これは簡単な話のようでかなり重要な問題です。

たくさん本を読みたいのに

 

読める時間が無い、場所がない

 

と感じている人は結構います。しかしそれは「紙の本だから」という気がしませんか。

紙の本と、キンドルやスマホの大きさは、両方とも片手で持てるから大差が無いとお思いでしょうか

 

そんなことないんですよ。

 

カバンの中に本とスマホがあるけど、ついついスマホを取ってしまう。

本はカバンの中にあるけど、スマホはポケットにあるからスマホを取ってしまう。

 

ちょっとした差ですけど、これによって本を読む「機会損失」が発生しています。

毎日の5分くらいであっても、スマホの情報よりも本の中の情報のほうが上等なのは、日ごろ読書をしている人なら痛いほどわかっているはずです。

 

そういう損害が起きないように、スマホの中にキンドルを入れてしまえばそういう事は起きません。

 

おススメとしては、スマホを開いたらスライドしなくていい所にキンドルアプりだけを入れておくこと。

 

ラインなどの他のアプリを入れている場合はスライドしないと見られないようにしましょう。

ほんの一手間ですが、それがあるだけで本を読むようになります。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 
Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 
Kindle for Android

Kindle for Android

 

でも「紙の本」が好き!

紙の本の良さは分かります。

 

私は基本的に紙の本を読みたいです。しかしキンドルも持っていて、よく使っています。

 

紙の本は未だ沢山に所持していますし、図書館でも紙の本をよく使っています。

本に関する考え方に関しては以下の記事⇓をどうぞ。

 

本を1000冊読む方法【具体案】 - ノーミソ刺激ノート

 

年間200冊以上読む方法 - ノーミソ刺激ノート

 

以前は紙の本の良さに関して書いたので、それに関したは下の記事をどうぞ。

 

キンドルもいいけど紙の本は手放せない(紙の本のいい所) - ノーミソ刺激ノート

 

紙の本の良さを簡単に言えば、書いてある場所を探すのに感覚的にページを開けるからいいんですね。

ですから紙の本も手放せません。

 

しかしキンドルにはキンドルの良さがあるんです。

それに関して呟きました⇓

 

これって使い込んでいないとわからないんですね。

 

道具というのは実際に使ってみないと「使い方」が分からないんです。

だからこそ、新しいものはナカナカ手に入れるのにためらう。

 

しかも今まで紙の本で慣れてきて、それに十分慣れましたから、ちょっとキンドルを使った見ると、紙の本の感覚と同じように使おうとします

 

これが「キンドルは嫌だ!」と思う原因です。 

 

ですから使ってみないとわからないんですね。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 
Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 
Kindle for Android

Kindle for Android

 

スタートダッシュできる読書一覧 - ノーミソ刺激ノート

 

本を1000冊読む方法【具体案】 - ノーミソ刺激ノート

 

年間200冊以上読む方法 - ノーミソ刺激ノート

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク