アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

サピエンス全史は周辺書籍も面白い。

広告

『サピエンス全史』をどう読むか

『サピエンス全史』は世界的ベストセラーですよね。

 

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

 

 

これ分厚くて二冊もあるんで読むに読めない、手が伸びないっていう人多いんですよね。

そういう方にはこちらがおすすめです。

 

『サピエンス全史』をどう読むか

『サピエンス全史』をどう読むか

 

 

これは『サピエンス全史』を読んでなくても面白い。

特に唸ったのは本書が『共同幻想論』に近いと語っているくだり。

 

改訂新版 共同幻想論 (角川ソフィア文庫)

福岡さんか長沼さんのページだけどどちらか忘れましたが、「共同幻想」の感覚は『サピエンス~』の「虚構」の感覚と似ているという事が書かれていました。

 

この本を読まなければ気付かなかったかもそ入れません。

 

それ以外にも関連書籍が巻末に紹介されていて、ただでさえ幅広い見識が広がる良書なのに更に知的好奇心を刺激してくれます。もう、もう、大興奮。

ちなみに私自身は読んでて

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)

 

 を思い出しました。書いてる人いるかなと思ったけど、書くほどのことでもなかったかしら。偶々最近、読み返してただけなんですけどね。

 

読書の醍醐味って過去に読んだことの思い出が現在に繋がるところだと思うんですよ。

何度も読んでいる本ほどそういう事が起こりやすいですよね。

 

複数回読んだときの変化 - ノーミソ刺激ノート

 

それってすごく精神的な営みですよね。

日本的霊性 (岩波文庫)

日本的霊性 (岩波文庫)

 

 これにもあるけど、宗教感覚って過去への振り返り、反省から始まるんだなって改めて体感。反省はすごく人間的な行為ですよね。

 

以前、これがバンバン出てくるのは2000冊読んでからだということを書きましたけど、『サピエンス~』は長いだけに特にそういう感覚が多かったです。

 

小説を読むんなら名作を読め。 - ノーミソ刺激ノート

 

歴史、科学に関しての読書歴は少ないほうですが、宗教哲学文学に関する広い知識を持って書かてている割には非常に読みやすいです。

 

何で売れたかって「おもしろいから」ってことを大澤さんが書いてました。

本当にその通り。

知識は持っているだけではまともな文章は書けない。

広い知識を持って優しく書けている本書は必読です。

 

あまりに有名だからミーハーだと思って手に取らなかったり、本書は読んだからもういいとか思わずに、関連書籍も含めて読んだほうがいいですよ。

 

読書をすると頭の回転が速くなるのか。 - ノーミソ刺激ノート

 

読書の効果とは - ノーミソ刺激ノート

 

複数回読んだときの変化 - ノーミソ刺激ノート

 

『サピエンス全史』と『吉里吉里人』を同時読み - ノーミソ刺激ノート

 

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク