アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

たくさん本を読むと起こる良いこと

広告

はじめに

f:id:kec_sad0resu:20180401170645p:plain

言葉に対して敏感になるんですね。

 

敏感だからこそ本を読むというのもあるんですが、それがひどくなります。

巷にあふれる言葉に対する考え方を自分の言葉で再解釈することができるようになります。

 

言葉に対して敏感になるということは人間そのものに対しても敏感になり、仕事に役立つんです。

世の中の仕事という仕事は人に対して利益を生むものが尊ばれます。

ということは人のニーズが分かるようになるということです。

人は言葉に拠って世の中を見ているので人の発する言葉一つで得られる情報量が違ってくるんですね。

 

例えば「何を言うかではなく、誰が言うか」ってよくいうじゃないですか。

それってどこでも聞く言葉ですからその言葉をその場その場で吐き出すことによって周囲の反応を集めることができるようになるわけですが、はっきり言って20歳も過ぎていれだ誰でも思うことなので陳腐も陳腐な話ではあります。

 

ですから、これを読んでくださっている方には、もう少し上級のものの考え方ができるようになってもらいたいと思います。

 

まずたくさん読むと起こる良いことですが、私は文学、哲学、宗教なんでも読みます。

ですから、小説だけとか哲学書だけをたくさん読んでいる人とは感覚が違うということだけ言っておきます。そのうえで思うことを書きます。

 

  • 言葉に対して敏感になる。
  • 日常的に話される言葉に疑問を持つことができる。
  • 陳腐な言葉を再解釈できる。
  • 話の元ネタが何かわかるようになる。
  • 注釈よりも自分の理解の方が上回る。

 

「注釈よりも上回る」というのは、私の場合は中国哲学書を専門的に読む訓練をしたので近現代の小説に書かれているような古代中国の出典の文句であれば注釈以上のことを知っているわけです。

例えば漱石、中島敦なんかですね。

 

しかし注釈とは少ない字数でまとめなければいけないので、注釈者よりも詳しいとは限りません。しかしはじめの内に注釈を見て「どういうことが書いてあるかな」と楽しんでみることができます。

言葉が使う人によって異なる理由

「何を言うかではなく、誰が言うか」ということですがこれってどういう論理でこういうことが起こるかって疑問に思いませんか。

そのことに関して考えたいと思います。

言葉は基準である

言葉って単体では意味がないんですね。

 

日本に文字が発生しなかった理由を考察(仮想通貨とも関係) - ノーミソ刺激ノート

 

筋肉質の人がダイエットの重要性や健康に関して話をするのと、でぶっちょが健康の話をするのとでは全然違います。

 

人は見た目で判断してはいけないと言いますが、それは何も基準を知らない間に通じる子供の論理であって、見た目は重要な判断基準です。

子供には基準となるものが少ないのでしつけとして使うべきでしょう。

 

でも大人になっても盲目的に信じているのはどうなんでしょうか。

読書はそういう「基準」を増やすためにすべきなんです。

f:id:kec_sad0resu:20180423090602p:plain

若者が批判的な行動ができないというのもそういう基準がないからです。

 

たくさん本を読んでいれば色んな考え方があっていいと思えるはずなのに、いつまで経っても子供のような正義感でしか戦えないのは読書量が少ないからです。

 

若者が批判できない理由 - ノーミソ刺激ノート


言葉は変動する

じゃあその判断基準って誰が決めてるんだといえば自分自身です。

かといって見た目だけで選んでは正当性がないので多くの本を読むとそのたびごとに解釈をすることができるんです。

 

でもそういうことをほとんどの人は知りません。

「言葉」というものを絶対的な価値のあるものだと信じてしまうんですね

 

「貨幣」と同じように絶対的な基準があるものではない虚構なので、その場その場で相場が変動するものです

 

なんで言葉が絶対的なものだと勘違いするかって「倫理」や「正義」が絶対的なものだと思うからなんですね。

 

道徳は便宜の異名である。「左側通行」と似たものである。

                    芥川龍之介『侏儒の言葉』

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)

 

つまりその場その時で変化するものです。

 

相撲の土俵に女性が上っちゃいけないって話が有ったじゃないですか。

あれもあくまで原則という話で、法律も原則と例外があるわけです。

女性が穢れたものだという嘘をつくテレビがありましたが、宮中の鏡を守っているのは女性ですし、伊勢神宮の祭主は伝統的に女性です。

現在は黒田清子さん(今上天皇の娘)です

 

つまり例外状態では原則は通用しないんですよ。

伊勢神宮の謎を解く アマテラスと天皇の「発明」 (ちくま新書)

伊勢神宮の謎を解く アマテラスと天皇の「発明」 (ちくま新書)

 
伊勢神宮と天皇の謎 (文春新書)

伊勢神宮と天皇の謎 (文春新書)

 

かといって道徳を規定することは普通の人にはできませんから、普通の人は普通の道徳を守るしかありません。

じゃあ普通じゃない人はどういうことができるかって道徳を決めることだできるんです。

道徳は社会が決定する

絶対的なものは存在しない

人を殺すのがダメとか、麻薬を使っていけないとかは絶対的な悪のような気がするかもしれません。

が、それは今の社会の於いてそれをすることが人にとって有益でないというだけのことです。

 

じゃあ正義は誰が決めたかといえばだれが決めたものでもないんですね。時代的にそう解釈されたものです。

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

 

法律家や政治家が決めたように思えるじゃないですか。

それは陰謀論を信じすぎです。

人は一人で権威、権力を持つことはできません。

文学で言うと『マクベス』が分かりやすいです。

マクベス (新潮文庫)

マクベス (新潮文庫)

 
マクベス (まんがで読破)

マクベス (まんがで読破)

  • 作者: シェイクスピア,バラエティアートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: 文庫
  • 購入: 4人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

統治者だろうが人間です。国というものの統治自体には武力がいりますが、人間というのは言葉でものを考え、意思を人に伝えるものです。

 

人に伝えるには説得力が必要で、過去の文献や現在の状況に合わせて、大衆が納得できるような法解釈しかできないんです。

人を説得できるような解釈というのは人に対してだけではなく自分に対してもそうです。マクベスは自分自身に王となる正当性が見つからずに苦しむ話です。

 

ハイデガーは人間の最高の状態を詩人だといいましたが、それは何でかというと詩人というのは言葉をもって世界を解釈する存在だからですよね。

それができてこそ人間だということです。

 

中国の科挙でも詩作が科目に据えられていたのはそういう理由だと思います。

(言葉を創作することが当時は詩しかありませんでした)

陰謀論を信じるのは馬鹿

世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ (講談社現代新書)

世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ (講談社現代新書)

 
超陰謀論

超陰謀論

  • 作者: ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2015/03/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

日本においては空気が支配してると思われがちですし、欧米では世界の有力者、王族貴族、の陰謀論が流行りがちです。

 

でも私は解釈的には欧米だって空気で支配されてると思うんですよ。

なんせ言葉というのは個人が決めることができるものではなくて社会が決めるからです。

言葉というのは誰経って支配できるようなものではないんですよ。

 

ある程度こういう字を使おうとか、こういう言葉を使おうとか、教育することはできますが言葉というのは個人的な態度そのものなので奴隷になろうと収容されようと個人の言語(態度)を支配することはできません。

 

『夜と霧』でもそういう話がありますよね。(『態度価値』で検索しよう!)

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

 
NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧

NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧

 

これって意外じゃないですか。

 

でもキリスト教的世界観では誰でも一個の人間として尊重されている祖信じられている一方、行動によって何でもできるという考えがあるため、誰か一人によって多数が支配できるという思想が生まれやすいんですね。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

なんで欧米で陰謀論が流行るかといえば人が環境を支配できるというキリスト教的世界観があるからです。

 

別にそれを批判しようというのではありません。

言うまでもなく人が行動することによって環境が変わるということは十分あります。

 

砂漠宗教であるユダヤ、キリスト教のあの流れでできた宗教では人の行為によって世界に変化が起きるという発想が発生するのは当然だと思います。

 ですから文章を書くときはいろんな本を読んだほうがいいというのは一理あるんですね。

 

いろんな本を読めば解釈の幅が広がって、場合によっては正反対のことが論理的に伝えられます。それは悪いことではなくて、人間の活動そのものなんです。

 

たくさん本を読まないと文章が書けないというのは嘘。むしろ逆- ノーミソ刺激ノート

 

本を読んだほうがいいというのは主体的になれるということです。

 

本をたくさん読む方法 - ノーミソ刺激ノート

 

 

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク