アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

テレビを見ると頭が悪くなる理由

広告

テレビの出始めの頃はこう言われたそうですね。

でもそれって本当なんですよ。
なんでかって言うと、
例えばバラエティーの場合、
タレントが喋った言葉をテロップ(字幕)として流したり、
漫才中に笑っている観客の画像やその声を足したりして、
「ここはこういう意味」
「ここは笑う所」
というふうに視聴者に指示しているんですね。
つまり余計な情報がある。
漫才を見せるなら漫才風景だけを見せればいいのに
それにテレビの編集が加わっている。

ニュースの場合もそうで、
事件や情報だけを伝えればいいのに、
コメンテーターやら、知識人に喋らせて
純粋な情報に私的な意見を加えている。

この様に無駄な情報を加える事によって
視聴者側は考えるスペースを狭められてるんです。
なので頭が悪くなる。

考えるスペースが狭まると何故頭が悪くなるかといえば、
例えば、IQテストのケースで考えてみましょう。

問題:
55=0
228=2
6131=1
896=4
7863=3
これらの共通する意味を答えなさい。

まず考えたい人のためにスペース空けますね。
続きは下にスクロールして下さい。

























答えは「○の数」です。
問題:
55=0
228=2
6131=1
896=4
7863=3
つまり、左辺は数字の情報には意味がなく、ただの画で、
右辺は左辺の丸の数を表しているんです。

これは左辺に数字としての情報しか認識できない場合
答えることはできません。
IQに関する問題はどれも無駄な知識を抜きに
純粋に子供でもわかる問題というのがポイントです。
つまり偏見を持たず、自分で考える力。
「抽象度」という言葉で表されます。
さっきの問題の場合、
情報を具体的にして、数字を足してみたり引いてみたりする人もいるでしょうが、
そんな算数が抽象度が低く、自分で勝手に具体性をもたせている。
それでは答えに近づけません。
数字には数の意味があるんだと思う偏見(バイアス)によって
違う見方ができなくなるんです。

テレビの話に戻ります。
テロップやコメンテーターは視聴者に
テレビ局側が視聴者にして欲しい考えにするように

情報を多く与えているのです。
そうすることによって純粋な情報を視聴者に考えさせず、
コメンテーターの考え方に流されてしまいます。

逆に頭を良くするためには
純粋な情報だけを見るようにテレビを見て、
コメンテーターやテロップを無視しながら
自分で考えることです。
無視まではしなくても、
余計な情報に対して批判的に自分で考えてみるのも
頭が良くなります。
でも見てしまうと、わかっていても無意識で
テレビの思う方向に進んでしまうので
いっその事テレビは見ずに、
抽象度の高い
新聞や本などを見たほうが頭にはずっといいのです。

スポンサーリンク