アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

勉強すると二重にも三重にも面白い

広告

一段落ついたんで
勉強がてら
中国のニコニコ動画パクリサイトで
クレヨンしんちゃん(蜡笔小新)
観てるんですけど、面白いですよ。
声は日本語そのままで
字幕とニコニコ特有の流れるコメントが中国語
なので、翻訳の仕方や、
翻訳しきれないギャグ(ダジャレなど)で困惑する
中国人の様が面白いです。
解説が画面上段に入ることもあります。
まぁまぁ意外だったのが「ワイルドだろう?」(我够狂野吧?)
を「@小杉」(@スギちゃん)だと理解していたり、(@は英語のatで「~による」)
他にも、例えば
「しんちゃん」を中国語にすると「小新」となるんですが、
音訳で「新醤」(xīn jiàng)とコメントが有ったり、
「~さん」が「~桑」(sāng)とあったりと、
日本語の敬称をそのまま使っているんですね。
まぁ日本語を日常的に聴いてたら、全体を理解していなくても
そうなるのは当然なんでしょう。
結構前にも記事で書きましたけど、
中国語における漢字は表意文字でありながら
表音文字でもあるので(というか基本的に漢字しか使えないから)
こういう面白いことが起こるんですね。
コメントの知的レベルは本物のニコ動と似たような感じで十人十色。
中国人は日常的に日本からの輸入文化(というか自国の文化がつまらないから)
に触れているので
日本人よりも外国語(日本語)が余計身につきやすかったり(他に基本的な理由もありますが)
と思ったり。
中国の古典、現代中国人、ネット上の中国人を見て
感じることが色々あります。
他にも書ききれない面白いことがたくさんあるんですが、
後は、まぁ理解できる人間の特権ってことで。
これだから学習はやめられないですね。

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク