アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

語彙力の必要性(語彙力が無いとイライラする?)

広告

イライラしない、怒らない ADHDの人のためのアンガーマネジメント (健康ライブラリー)

語彙力が無いと死ぬ

語彙力が無いとイライラするんです。

今、流行っている「アンガーマネジメント」も、大概は「言葉で論理的に処理をする」という事が結末です。

 

⇓詳しくはこちら。後半に「反抗期・イヤイヤ期」に関して書きました。

読書がストレス解消になる理由 - ノーミソ刺激ノート

 

何でイライラするかというと、「不満」だからですよね。

でもその不満の解消方法が分からない。大概の場合は論理的に考えれば、その不満は、

 

  • 仕方のないこと
  • よく考えれば対処できること

 

その2つで処理できるはずです。

でも言葉が無いと考えることが出来ないんですね。

「言葉」はギリシャ語で「ロゴス」といいます。

しかしその言葉にはもう一る意味があって、「論理」という意味もあるんです。

その辺はちょっと哲学的な話になるんですが。

 

大学で哲学を勉強するということ - ノーミソ刺激ノート

 

つまり「言葉」は「論理」だということ。

 

え?そうなの?と思うかもしれません。

 

簡単に言えば、論理的な考え方があるからこそ、単語や文法を理解できるわけです。

言葉があるからこそ論理が理解できるんですね。

 

多くの不満は「物理的」なことだと思いがちです。

でも大概は言葉で対処できるんですよ。

 

読書がストレス解消になる理由 - ノーミソ刺激ノート

聖書の話

ちなみに私はクリスチャンではありません。

でもこの話は有名な話なので、教養として知っておくべきことです。

 

1年で聖書を読破する。 永遠のベストセラー完読法 (Forest Books)

1年で聖書を読破する。 永遠のベストセラー完読法 (Forest Books)

 
旧約聖書 (まんがで読破)

旧約聖書 (まんがで読破)

 
マンガで読む名作 聖書?福音書の世界?

マンガで読む名作 聖書?福音書の世界?

 

 

聖書に「人はパンのみにて生くるにあらず」っていう言葉があるじゃないですか。

多くは、

 

「食べ物のために生きているのではなくて、生きがい(趣味)のようなものがないと人は生きていけない」

 

と解釈されます。

 

でもそうじゃない解釈があるんです。

旧約聖書で、エジプトで強制労働から逃れて(出エジプト)、その後、40年間イスラエルの人たちが食べ物が無くて困っているときに空から何だか分からない食べ物(マナ)が落ちてきた。それを食べたから生きられた。

という不思議な話が有ります。

 

解釈が分かれることではありますけど、要するに「神の言葉」によって生きるっていう解釈になることが多いのでそれで考えていきます。

神が「光あれ」って初めに言ったから光が出来たわけで、同じように神の言葉によって「マナ」が降ってきたわけです。

 

つまり本に書かれているような言葉を知っていれば空腹でも生きられるという事。

昔は本が少なかったですし、抽象的な素晴らしい本も少なかったです。

だからこそ聖書がよりどころになりやすかったんだと思います。

 

実際それによって救われる、具体的に命が助かっている人も多いわけです。

 

これって聖書だけの話じゃないんですよ。

読書をしているからこそ、色んな言葉を知って、いいように解釈が出来るという事です。

 

それはたった一人の自分の解釈ではなく、本を読むことによって、他の人の言葉を借りすことによって、別の解釈が出来ることによって救われるという事です。

強制収容所の話

例えばナチスドイツによるアウシュビッツの強制収容所で、2週間以上飲まず食わずにさせて餓死させようとしたにもかかわらず、数名は生きていたっていう話が有るんですけど、それまで、人は2週間空腹なら餓死するっていうのが通説だったんです。

 

でもそれは強制的に空腹だったら餓死する可能性が高いというだけで、その中でも生きられた人というのは、頭の中で言葉を構築していたからこそ生きられたんだと思います。

 

つまり解釈の違い

 

聖書が素晴らしいウンヌンよりも、言葉を知っているというだけで状況を良いように解釈することが出来ます

よく「ポジティブな人の方が健康的だ」っていう話が有りますけど、それは「ポジティブに世界を解釈出来る」ということです。

解釈(語彙力)によって人は生きる

状況は人によって作られているのではなく自分で作れるんです。

それによってストレスから逃れられるんです。

逆に言えば、言葉が無ければストレスにさいなまれてしまいます。

 

何か文章を書く機会ってあるはずですけど、その時に言葉が出てこないことってよくあるじゃないですか。

 

ネット上の言葉を読んでみても、よく中高生の文章の中では

 

  • 「すごいとおもう(語彙力)」
  • 「すごい(小並感)」

 

というように、言葉の最後に(語彙力)(小並感)という注意書きのようなものがあります。

ちなみにここで言われているのは「語彙力が無い」「学生みの想」という意味です。

 

それって、私はしばらく、わざとアホみたいに書いてるのかと思ったんですけど、たくさん読んでいると、本当に彼らは語彙力が無いんですね。

だからこそそれに危機感を感じながらも、どうすることも出来ずにいる。

 

簡単に言えば、それは本を読めばいいんですけど、世の中のほとんどの人が本を読んでいません。

月に7冊も読めば、読書量の上位4%になれるんだそう。

 

そういわれればそうかなという気がします。

正直言って、世の中の人は同じようなフレーズばかり使って会話をしている感じはします。

冊数自慢は嫌いなのでしませんが、イメージするに、簡単な本でも月に7冊も読んでいれば、そんな悲劇的な会話力にはならない気がします。

 

読書の冊数について - ノーミソ刺激ノート

 

なぜなら日ごろから本を読んでいれば新しい言葉に毎回出会うはずで、その言葉に影響されて会話中にも使ってしまう事はよくあることだからです。

 

「猿の一つ覚え」という事がありますけど、人は新しいことを覚えると嬉しくて使いたくなってしまうものです。

 

ですから毎回毎回読書をしていれば、毎日語彙力が更新されてその言葉を使うのは当然のことです。

 

かといって、ブログで新しい言葉をたくさん使うと読みづらくなるのでできるだけ使わないようにしましょう。そういう事も一つの語彙力だと思います。

 

院生出身のためのブログ入門(ブログ歴10年) - ノーミソ刺激ノート

 

難しい本を読むことをエンタメにする【ブログの考え方】 - ノーミソ刺激ノート

 

沢山ある語彙の中から、適切な言葉を選んで使う事こそ、「語彙力」でしょう。

 

「選択」の重要性【頑張りどころとは】 - ノーミソ刺激ノート

 

辞書、辞典を読む - ノーミソ刺激ノート

 

辞書を読むと本当に語彙力が上がるか - ノーミソ刺激ノート

 

言葉ではどうしようもないときもある

とはいえ、読書をしような何をしようが抑えられないのは身体的なストレスです。

第一次、二次反抗期はまさにそこですよね。

 

それにアレルギーや病気などでも言葉ではどうしようもない場合があります。

私はアレルギー対策を色々してきました。

 

やはり言葉でどうしようもないならモノに頼るしかありません。

案外それをしない人が多いんです。

 

薬を嫌がる人や、自然食品にこだわる人ですね。

それはそれでいいかもしれませんが、少なくとも情報は取り入れたほうが良いです。

 

睡眠時の疲労回復、ストレス対策歴6年で得た結論 - ノーミソ刺激ノート

 

乾燥肌、アトピーには薬以外に効果があるものがある。 - ノーミソ刺激ノート

 

アトピーの痒さについて「我慢できるか」 - ノーミソ刺激ノート

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク