アクセス解析

ノーミソ刺激ノート

書評やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

【大学の学問】「文学」と「哲学」って似てる?

広告

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

大学の学部学科で変わる

大学で文系を選ぶ場合、何を選ぶかって結構重要なんです。

なんせ考え方が結構変わりますからね。

 

高校までは大体が同じような科目を学ぶわけですけど、大学となると違います。

仲の良かった高校の頃の同級生と去年まで共通認識でいたのに、全然考え方が違ってくるってことがよくあるんですよ。

 

でも大学入学前の高校生にはよくわからない。

それって仕方のないことではありますけどね。

 

文系の代表的なものとして「文学」と「哲学」があります。

両者は関係してるっちゃしてますけど、大学4年の内では普通は関係を感じません。

 

ですから学ぶ内容が変わるんですね。

両者の違い

 

これに尽きると思いますね。

文学研究は何のためにするかといえば、その作品がなぜ面白いのかという研究。

ですから、時代を通して面白いと言われるようなものを取り扱います。

大体「純文学」と言われるものですね。

 

純文学の面白さとは。 - ノーミソ刺激ノート

 

ジブリの純文学、高畑作品の読み方 - ノーミソ刺激ノート

 

哲学は、元々は宗教学から派生したものです。

宗教って、西洋的には「神と人との関係」と言われています。

 

でもこれって、東洋、日本の神話的にも基本的にはそれでいいと思います。

 

つまりは「私と神」、一本で、他の人間は無関係の話。

 

ですから、個人的な体験ということ。

なので、それに理系的な普遍性や、何度やっても同じ結果になるというようなことはありません。

 

個人的な体験 (新潮文庫 お 9-10)

個人的な体験 (新潮文庫 お 9-10)

 

でもそれをどうにかして説明したいから、「哲学」というものが出来ました。

哲学は宗教学と比べたら論理的になっているので、普遍性はいくらかありますが、数学のように誰が考えても「こう」という考え方ではありません。

 

「私はこう考える」というのが哲学です。

例えば「アリストテレス哲学」の研究であれば、アリストテレス自身がどういう哲学を語っていたのか、という研究になります。

 

もっと言えば、哲学や宗教学でもなく、理系的な科目てあっても、「私はこう考える」ってことはできるわけですし、しないわけにはいかないんです。

 

めちゃくちゃ勉強したら人は考えずにはいられませんからね。

 

でも、その解釈自体も文献をもとにしているので、絶対的なものにはなりえません

研究者の解釈によるんですね。

 

文化の解釈学〈2〉 (岩波現代選書)

文化の解釈学〈2〉 (岩波現代選書)

 
法解釈学入門

法解釈学入門

 

イスラム教は科学的って知ってた? - ノーミソ刺激ノート

 

オウムと宗教を嫌う日本人。 - ノーミソ刺激ノート

「哲学博士」について

「博士号」のことを英語圏では「ph.D」(ピーエイチ・ディー)と言われることが多いです。

これって「哲学博士」っていう意味なんですけど、一般的には哲学に限らず、「博士水準の学位」とされています。

 

つまり哲学じゃなくても「ph.D」ってこと。

なんでかっていうと、博士くらいになるとあらゆる学問領域でも最先端なわけです。

となるとその学問の道を作っていく、解釈していくものなので、その学問を哲学していくことになります。

 

だから哲学はあらゆる学問の中の基礎になるんですね。

 

「D」は「doctor」(ドクター)ですが、「ph」は「philosophy」、つまり「哲学」のことです。

つまり直訳は「哲学博士」。

 

院生出身のためのブログ入門(ブログ歴10年) - ノーミソ刺激ノート

 

哲学が難しいのは言葉のせい - ノーミソ刺激ノート

 

関連コンテンツ インフィード スポンサーリンク