ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

古文で「心」を「うら」と読む理由

広告

日本人のための日本語文法入門 (講談社現代新書)

日本語の観点から考える

古語では「うら」と言えば心を意味します。

「うら」って言ったら「表裏」の「裏」でしょ?

と思うでしょう。その通りです。

 

「うら」の反対語は「おもて」。

日本語の「おもて」とは「面」は訓読みでそう読みますよね。

つまり表情のこと。

表情と心が反対語になっています。

 

現代語の名残としては

  • うらやましい
  • うらめしい

が代表的な所ですが

  • うら悲しい
  • うら恋しい

という使い方もされますね。

これは「こころから~だ」という意味になります。

漢字からの見方

漢字の表裏は下に「衣」ロいう文字がある通り、着物の表裏の意味があります。

しかし少なくとも現代中国語では「裏」(里・裡)は「内側」という意味しかありません。

日本語の本当の意味で「うら」というのは他の言語には見られないとどこかで読みました。

 

凄く微妙な話ですが、世界中に「二元論」はありますが、このような「おもて・うら」の言語感覚をもつのは特殊で、日本語の大きな特徴です。

 

【関連記事】

「日本語が難しい」という真実 - ノーミソ刺激ノート

 

国語で漢文を勉強する理由 - ノーミソ刺激ノート

 

【語彙力アップ】日本語の歴史について - ノーミソ刺激ノート

関連コンテンツ スポンサーリンク